ほのかりん選曲プレイリスト『LOVE』
住岡梨奈、片平里菜など|2月連載3/
4

ほのかりん選曲プレイリスト『LOVE』

ナガレボシ / 住岡梨奈

ほのかりんのセレクトポイント:
テラスハウス大好き芸人な私ですが、
さんの声は最高ですね〜。優しいのに少しねっとり、というか。めちゃくちゃ好きな声の一人です。始まりの「せつなくて苦しくてもいいよ ただボクはきみが好きなだけ」って歌詞が最高すぎる。そうなんですよねえ、女の子って本当に好きになっちゃたら、好きだからってなんでもよくなっちゃうんですよね、追いかけてくる月にいつか幸せだねって言わせたいものです。

月 / 天野月子

ほのかりんのセレクトポイント:
何かの映画の挿入歌だったかな?気になって調べて、それから好きになった曲です。私、あんまりそういう出会い方をしないので、珍しくって今でも覚えています。って、あれ?私ってば悲しい歌ばかりチョイスしててテーマ『LOVE』じゃなくって『LOVE LESS』では?って気持ちになってきましたね。でも私からすると愛って失ってから愛の大きさを知るものだと思っているので仕方ないですね。好きでしたよ、これを歌う私を微笑んで見るあの人が。

異例の人 / 片平里菜

ほのかりんのセレクトポイント:
好きになる人は何人も生きてる中で出会っていくものだと思いますけど、どうしてその中でも特別な人ができてしまうんでしょうね。今までだったらこんな風に出来たのに。今までだったらこんなこと気にならなかったのに。そんな心を歌ってくれたザ・女の子に向けた曲だと!私は自信を持ってオススメしますわよ!僕もそろそろ異例な人が欲しいですわ〜ハァ

あわれ / 恋は魔物

ほのかりんのセレクトポイント:
は『他に好きな人ができた』から入ったんですけど、最近『新宿は君を思い出すから嫌い』を知って、その中の曲「あわれ」を選びました。私もね!!!新宿は初恋を思い出すから大っ嫌いなんです!!!って勝手に共感してしまって(笑)。しかも歌詞でね、「傷つくより 傷つけてきた そんな生き方 私みたいになるな」って何?もう一緒に飲みに行っていづみさとーさんの過去全部聞きたい。勝手に親近感を覚えてる、ほのかりんでありました。

毎週月曜更新!ほのかりん選曲プレイリ
スト『LOVE』

フォロー

ほのかりん Profile 1996年10月4日生まれの21歳。モデル、女優として活動をするなか、2013年ガールズバンド”コムシコムサ”にギタリストとして参加し、デビューに向けリハーサルを重ねる。2016年には次世代を担う新人の登竜門ともいえるイベント”Coming Next 2016”にコムシコムサとして出演。その後、望む音楽の方向性から「ソロへの志向」が強まり脱退し、ソロデビューに向けて準備を開始。 9月に「メロンソーダ」で念願のソロデビューを果たした。作詞作曲は全て彼女が手がける。 2018年5月9日(水)に1st Full Album「LOVE ME TENDER」を発売。

INFORMATION Digitalsingle「無粋なキス」 2019年2月6日(水)リリース Spotifyへのリンクはこちら。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着