©wecares entertainment

©wecares entertainment

【イ・チャンウク】注目の次世代俳優
、初ファンミ開催決定!その素顔とは
?【インタビュー】

日本でも人気急上昇中の俳優、イ・チャンウクが、日本初のファンミーティングの開催を前に、パーソナルに迫るインタビューを公開。ベールに包まれていたプロフィールやプライベートの姿とは?

ドラマ「私の心は花の雨」、「恋の花が咲きました~2人はパトロール中~」等に出演し、日本でも人気急上昇中の俳優、イ・チャンウクが、3月31日(日)に東京・シダックスカルチャーホールにて、日本初のファンミーティングを開催する。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
ファンミーティングに先駆けて、彼のパーソナルに迫るインタビューが到着。今までベールに包まれていたプロフィールやプライベートの姿とは?
モデルから俳優へ。遅いデビューに苦労も――まずは俳優デビューするまでの経緯を教えてもらえますか?
イ・チャンウク:20才の時に偶然モデルコンテストに参加することになって、その大会で入賞して、先にモデルとして仕事を始めることになりました。その後、演技を学びたくて大学の演劇映画科に進学して。大学に通いながら演劇やミュージカルの舞台に立ち始めたのが最初ですね。
ドラマや映画のエキストラでも機会を頂ければ演じました。そうして過ごすうちに、ちょうど大学卒業の頃にドラマデビューをすることになりました。
――俳優になろうと思ったきっかけは?
イ・チャンウク:特別な理由やきっかけはなかったんですが、高校2年生の時に友達を通して映画の撮影現場にエキストラとしてバイトに行ったことがあって、その後に俳優になることを決めました。今まで一度もこの選択を後悔したことはありません。
――俳優になるまでに苦労したことは?
イ・チャンウク:経済的な部分と精神的な部分があります。デビューが遅かったので機会を得るのも難しく、演技の実力を上げるのもなかなか簡単ではなくて必死に努力しました。
また、俳優としての仕事が安定的でなかったために虚しさを感じたり、周りの友達がうまくいく姿を見て劣等感を感じたり…。自分と比較しながら精神的に少し辛くなったこともありました。
――ミュージカルや舞台などにも積極的に出演されたそうですね。
イ・チャンウク:先程も触れた通り、最初に舞台で演技を始めて、そこで勉強しました。その中で何年か舞踊と演技を融合した公演に参加することになって、その時は初めて企画から脚色まで参加することができたんです。力をとても注いだ作品でした。
ユージン・オニールさんの「楡の下の慾望(にれのこかげのよくぼう)」という戯曲を脚色して作った公演で、主人公のエバン役を演じました。ドラマ「私の心は花の雨」の撮影当時に進めていた公演だったので、よく思い出します。
――ミュージカルを通して歌も披露されたと思いますが、もともと歌うことに興味があったんですか?
イ・チャンウク:大学1年の時に韓国でミュージカルが流行し始めました。ミュージカルの舞台を夢見て必要な技術を学びたくて、声楽を副専攻することにしたんです。歌は幼い時から好きで、歌っていると楽しかったです。
歌唱力は非難はされないくらいだと思います(笑)。
――今まで演じた役の中で、一番実際の自分に近かったのは誰ですか?
イ・チャンウク:「私の心は花の雨」のイ・ガンウク役が自分自身とそれなりに近いと思います。真面目で心に傷があるように見える姿、男らしいけど恋愛においては少し恥ずかしがる姿が似ていたと思います。
――どんな俳優を目指していますか?
イ・チャンウク:演技に定評のある俳優になりたいと常に思っています。そして演技はもちろん、作品の企画と演出、制作にも参加できる創意的な俳優になりたいです。史劇が好きなので護衛武士の役や、心が痛くなる愛の物語の主人公も演じてみたいです。
自分の性格を一言で言うと?
趣味は登山、読書、瞑想、旅行。特技は歌、水泳、ボクシング――自分の性格を一言で言うとどんな性格ですか?
イ・チャンウク:単純で、時には鋭く積極的です‼
――趣味や特技は?
イ・チャンウク:趣味は登山、読書、瞑想、旅行です。特技は声楽を習っていたので、歌うことです。水泳とボクシングも得意です。
――普段はアウトドア派?インドア派?
イ・チャンウク:アウトドア派ですが、休日は一人で時間を過ごすことが多いです。サウナが好きで、普段は登山をしてサウナに行って本を読みます。
――日本に行ったことはありますか?
イ・チャンウク:東京と大阪へ友達と一緒に旅行に行ったことがあります。
――今回日本に行ったらやってみたいこと、行きたいところなどはありますか?
イ・チャンウク:鹿児島や札幌の静かなところで休息を取りたいです。温泉も行ってみたいですね。
――日本のファンミーティングではどんな自分をアピールしたいですか?やってみたいことは?
イ・チャンウク:人間的な温かみのある姿と、そして情熱的な姿をお見せしたいです。いつもの自分の姿をそのまま見せたいです。できる限り自然でありながら、意味のある時間になるようにできたらいいなと思っています。
応援してくださる気持ちに感謝して、恩返ししたいです。日本語での挨拶の言葉や歌も練習しています。
――日本でも出演ドラマが放送されています。見どころなどを教えてください。
イ・チャンウク:「私の心は花の雨」は、70年代の話で、ゆっくりと穏やかに流れる時間の中で、痛みを感じるエピソードがあったりもします。その中で登場人物が絡まって、時には笑いが出ることもあり、時には心が痛くなる場面もあるドラマです。ガンウクとコンニムの家族の関係に注目してください。
「恋の花が咲きました」という作品は、個人的にも少し愛着がある作品です。僕の演じたチン・ドヒョンは、傍若無人の財閥2世で怖いものなしで生きてきた人間。でも本当に愛する人に出会って、それによって現れる人間本来の本能と表現の仕方、そして挫折と悲しみが重なってゆく…そんな作品です。
特に劇中でのボン・ウリという子役とドヒョンのやりとりにも注目してください(笑)。
「明日も晴れ」は若い男女のなかなか上手くいかない恋愛と、そして中年のロマンスが程よく混ざり合っている温かいドラマです。現在の私たちが生きている状況と非常に似ているので、そうした部分が親近感があり面白いと思います。
――では、最後に日本のファンへメッセージをお願いします。
イ・チャンウク:常にひとつひとつを一生懸命がんばってきました。そんな中で僕が出演するドラマが日本でも放送されていて、こうしてファンミーティングを開催することになりました。このような機会が与えられたことに、ただ感謝するだけです。
これからもひとつひとつを一生懸命にがんばります。そんな僕の情熱と気持ちが皆さんの胸に刻まれるような出会いになったら嬉しいです。皆さんの愛と応援がなかったら私は何でもありません。皆さんは私にとってとても大切な存在です。
これからもたくさんの愛と応援を宜しくお願いします。最後にもう一度、いつも本当にありがとうございます!
イ・チャンウクの日本初ファンミーティングは3月31日(日)に東京・シダックスカルチャーホールにて開催。チケット発売中。
プロフィール
名前:イ・チャンウク
生年月日:1984年7月2日(34歳)
身長:182cm
学歴:世宗大学校 映画芸術学科卒業
特技:ミュージカル歌、声楽、舞踊
趣味:歌、運動、映画鑑賞、ボクシング、バスケットボール、水泳、読書
デビュー:2003年モデル
<主な出演作>
2014年 KBS『カッコウの巣』
2014年KBS『ゴールデンクロス』
2015年 KBS『今日から愛してる』
2016年 KBS『私の心は花の雨』
2017年 KBS『恋の花が咲きました~2人はパトロール中~』
2017年SBS『法廷プリンス-イ判サ判-』
2018年 KBS『明日も晴れ』
公演概要
公演名称:イ・チャンウク JAPAN 1st ファンミーティング
公演日:2019年3月31日(日)
【昼公演】開場 12:30 開演 13:00
【夜公演】開場 17:00 開演 17:30
会場:シダックスカルチャーホール
(東京都渋谷区神南1-12-10シダックス カルチャービレッジ8F)
席種:
【昼公演】7,800円(税込・全席指定)※公演後にハイタッチ会開催
【夜公演】8,800円(税込・全席指定)※公演後にチェキ撮影会開催
主催:株式会社VL.ent
制作:ぴあ株式会社
協力:KBS JAPAN株式会社
チケット受付は「チケットぴあ」より

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着