「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ

「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ

嘘とカメレオン、
『絶対正義』主題歌のMV公開
&ミニアルバムのリリースが決定

嘘とカメレオンの新曲「ルイユの螺旋」のMVが公開された。同曲は現在放送中のドラマ『絶対正義』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、MVのディレクターはイノウエマナが務めている。

また、メジャー2作目となるミニアルバム『ポストヒューマンNo.5』が5月29日にリリースされることも発表。CDのみの通常盤とスリーブケース仕様の初回限定盤の2形態が用意され、CDには「ルイユの螺旋」を含む全7曲が収録される。初回限定盤にはコンテンツカードが付属し、MVメイキング映像やアルバム特番、全国ワンマンツアー全会場のクイックフォトレポートなど様々な嘘とカメレオンのコンテンツにアクセスするできる。

各CDショップやECサイトでは、購入者特典としてオリジナルデザインのチケットホルダーが贈られるキャンペーンを実施。チケットホルダーは先着で数に限りがあり、店舗ごとのデザインは後日発表される。

4月1日のエイプリルフールに結成5周年を迎える嘘とカメレオンは、イベント『嘘とカメレオン 結成5周年記念ライブVSトークイベント「にゃににゅにぇにょ ~怒りの大復活~」来場者限定タオル付き!』とを下北沢MOSAiCで開催。プログラムはライヴとトークイベントで構成され、ライヴパートではレアな楽曲のパフォーマンスも予定されているほか、会場物販でグッズを購入すると終演後に『私物でもグッズでも色紙でもなんでもござれサイン会』に参加できるという。この日しか手に入らない来場者限定タオルも付属。チケットのプレオーダーは3月10日10時からスタートする。

さらに、6月12日から始まる初の全国ワンマンツアー『はじめてのおつかいツアー ~ひとりでできるもん!~』のプレイガイド最速先行が3月18日まで受付中だ。

「ルイユの螺旋」MV

ミニアルバム 『ポストヒューマンNo.5』2019年5月29日発売
    • 【初回限定盤】 (CD+コンテンツカード)
    • ¥2,778+税
    • ※スリーブケース仕様
    • 【通常盤】(CD)
    • ¥2,037+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • ・「ルイユの螺旋」を含む全7曲
    • ■コンテンツカード ※初回限定盤のみ
    • ・MVメイキング映像
    • ・『ポストヒューマンNo.5』リリース記念特番
    • ・『はじめてのおつかいツアー ~ひとりでできるもん!~』全公演クイックフォトレポート
    • ※アクセス有効期間は2020年5月31日まで、クイックフォトレポートは各公演終演後24時間以内に閲覧可能

【ライブ情報】

『嘘とカメレオン 結成5周年記念ライブVSトークイベント「にゃににゅにぇにょ ~怒りの大復活~」来場者限定タオル付き!』
4月01日(月) 下北沢MOSAiC

『嘘とカメレオン 全国ワンマンツアー「はじめてのおつかいツアー ~ひとりでできるもん!~」』
6月12日(水) 札幌 SPiCE
6月14日(金) 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
6月22日(土) 広島 BACK BEAT
6月23日(日) 福岡 Queblick
6月28日(金) 名古屋 E.L.L.
6月29日(土) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
7月05日(金) 東京 LIQUIDROOM

「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ
「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ
「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ
「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ
「ルイユの螺旋」ミュージックビデオ
嘘とカメレオン

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」