ミニアルバム『EVANGELION EXTREME』
イラスト:亀田祥倫
(c)カラー
(c)カラー/Project Eva.

ミニアルバム『EVANGELION EXTREME』
イラスト:亀田祥倫
(c)カラー
(c)カラー/Project Eva.

高橋洋子、エヴァ関連楽曲を集めた
ミニアルバムを発売

高橋洋子がエヴァンゲリオンシリーズの遊技機に搭載された楽曲を中心にまとめたミニアルバム『EVANGELION EXTREME』を5月22日(水)に発売することがわかった。

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌「残酷な天使のテーゼ」や、「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」主題歌「魂のルフラン」が累計発売枚数総計約150万枚(2017時点)、その2曲で合計200万DL超のセールスを誇るシンガー、高橋洋子。本ミニアルバムでは伝説的な大ヒットとなった遊技台に搭載された、ファン認知度が絶大な楽曲3曲に加え、表題曲となる新曲「赤き月」が収録される。

「赤き月」は今回のミニアルバムのために書き下ろした楽曲で、高橋洋子が作詞を、「残酷な天使のテーゼ」編曲や「魂のルフラン」作・編曲を手掛け他にも多くの高橋の楽曲を担当してきた大森俊之が作・編曲を担当し、再びタッグを組んで制作。数々の世界大会でその名を知らしめるBEATBOXER HIRONAによるHUMAN BEAT BOXを取り入れたり、甚大な量のコーラスボイスを演出、EDMのエッセンスを盛り込むなど、これまでにない挑戦的な楽曲となっている。

また、『EVANGELION EXTREME』というタイトルは、「極度」「非常」「過激」などという意味合いがある単語『EXTREME』を使うことで、他のアニメ作品にはありえない、エヴァンゲリオンならではの尖ったクリエイティブを詰め込んでいることを表現し、ジャケットイラストとともに楽しめる内容。またエヴァンゲリオン遊技機シリーズの15年超にわたる歴史においてもエポックな商品となっている。今回も海外対応CDとなっており、英訳とローマ字表記がブックレットに記載される。
ミニアルバム『EVANGELION EXTREME』2019年5月22日発売
    • KICA-2561/¥2,000+税
    • <収録曲>
    • 1. 赤き月 ※新曲
    • 2. 暫し空に祈りて(パチスロ『EVANGELION』テーマソング)
    • 3. 慟哭へのモノローグ(新パチスロ“新世紀エヴァンゲリオン〜魂の軌跡〜"テーマソング)
    • 4. 残酷な天使のテーゼ 2009VERSION(CR新世紀エヴァンゲリオン 〜最後のシ者〜 イメージソング)
    • 5赤き月 off vocal ver.
    •  
    • イラスト:亀田祥倫
    • (C)カラー
    • (C)カラー/Project Eva.
シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」2018年6月20日発売中
    • KICM-3340/¥1,000+税
    • <収録曲>
    • 1. 残酷な天使のテーゼ(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌)
    • 2. 魂のルフラン(「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」主題歌)
    • 3. 残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
    • 4. 魂のルフランoff vocal ver.
    •  
ミニアルバム『EVANGELION EXTREME』 イラスト:亀田祥倫  (C)カラー  (C)カラー/Project Eva.
高橋洋子
シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着