『キャプテン・マーベル』3月15日(金)公開 ©Marvel Studios 2019

『キャプテン・マーベル』3月15日(金)公開 ©Marvel Studios 2019

2019年洋画No.1 ヒットを記録『キャ
プテン・マーベル』が面白いワケ

2019年洋画No.1 大ヒットスタートをきった、マーベルシリーズ最新作『キャプテン・マーベル』。 本作でMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初監督を務めたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックと、主役を演じたブリー・ラーソンのインタビューを交えながら、この映画の見どころを解説します。

2019年洋画No.1 大ヒットスタートをきった、マーベルシリーズ最新作『キャプテン・マーベル』。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
本作でMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初監督を務めたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックと、主役を演じたブリー・ラーソンのインタビューを交えながら、この映画の見どころを解説します。
ありえないくらいに強いキャプテン・マーベルMCU初の女性ヒーロー主演映画『キャプテン・マーベル』でもっとも驚かされるのは、彼女のトンでもないパワーだ。
言うまでもなく若く美しい女性なのだが、本当に強い。
メチャクチャ強い。ありえないくらいに強い。それはマーベル・ナンバー1! かもしれないほどだ。
彼女のその強さは、来月に公開されるシリーズ最終章『アベンジャーズ/エンドゲーム』に大きく関係している。
というのも前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラスト、S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーが消滅する寸前、SOSを送ったのがキャプテン・マーベルだったからだ。
本作を見れば、ニックが彼女に助けを求めた理由がよーく判る。つまり、『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』の橋渡し的な役割を、本作はしっかり果たしているのだ。
『キャプテン・マーベル』はアベンジャーズを観ていなくても楽しめる理由そういう展開なら普通、これまでのMCU作品を見込んでこなければついていけないと思いがちだろうが、驚くことに本作はそうはなっていない。それどころか、初めての人でもまったくOKだったりするのだ。
なぜなら今回の舞台は1995年。まだアベンジャーズもアイアンマンも存在してない時代。
そんなときにニックは宇宙からやってきた謎の女性ヴァース(のちのキャプテン・マーベル)に出会い、宇宙からの脅威を知るというストーリーだ。
ということはつまり、これがシリーズの序章、始まりの物語だということ。
アイアンマンのこと、キャプテン・アメリカのこと、アベンジャーズのこと、何も知らなくても十分楽しめる理由はそこにある。
監督がもっとも大切にしたこと
監督が語る、もっとも大切にしたことそんな初心者に優しく、ツワモノも楽しめる映画を作ったのはアンナ・ボーデン&ライアン・フレックのコンビ監督。
彼らがもっとも大切にしたのは「キャプテン・マーベルの人間らしさ」(アンナ)だという。
「強ければ強いほど、地に足がついた人間として描かなければリアリティがなくなっていまうから」(ライアン)。
つい、強さを強調してしまったが、弱さもあわせもっているのが大きな魅力。
「そういう部分があるから、みんな彼女を好きになると思う。まさに私もそうだったから」(アンナ)。
キャプテン・マーベルが魅力的なのは“人間臭さ”そんな監督の期待に見事に応えたのは『ルーム』でアカデミー主演女優賞に輝いた演技力は折り紙つきのブリー・ラーソン。
その演技力で「人間臭さ」を体現し、パワーを表す肉体は「9ヶ月のトレーニングで手に入れたわ」(ブリー)。
彼女、トレーニングにハマりまくってしまい「身体が変わったのは言うまでもないけど、スピリットへの影響も凄く大きかった。心も一緒に鍛えられたのよ」(ブリー)。
つまり、身も心もキャプテン・マーベルになってしまったということ。
確かに、本作を観たあとでは、ブリー以外、キャプテン・マーベルはありえないと確信するほど、ハマりまくっているのだ。
余談ながら、本作のオープニングのいつものデザインが、亡くなったスタン・リー追悼形式になっていて、MCUファンは初っ端から胸が熱くなってしまうのだった。

ウレぴあ総研

新着