【ライヴレポート】BAROQUE × Rayf
lower、<kiss the sky I>で「これ
はかなりのレアです」

3月27日、BAROQUEが現在の2人体制となって初めて主催するツーマンイベント<kiss the sky I>が、マイナビBLITZ赤坂にて開催された。ゲストに迎えたのはRayflower。ちょうど2年前の同時期、BAROQUEはRayflower主催のツーマンイベントに出演しており、今回は逆に招き返す形で実現した二度目の対バンである。
まずはゲストのRayflowerのステージから。最新ミニアルバム『ENDLESS JOURNEY』の幕開けを飾るインストナンバー「~starting over~」に乗せてメンバーが順に登場。鮮やかな赤いシャツを着込んだ田澤孝介(Vo)が姿を現し右手を挙げると、「ENDLESS JOURNEY」で明るく勢いよくスタートした。
「ヘイ、赤坂! 楽しんで行こうぜ!」──田澤孝介

とイントロで早々に叫び、拳を突き上げて観客を先導。Sakura(Dr)の重心のブレない小気味よいドラミングが、耳だけでなく身体全体を直に刺激する。「ユースフルハイ」では更に熱く、IKUO(B)とYUKI(G)が華々しくターン、後方を守る都啓一(Key)も頭を激しく振りながらプレイするなど、エネルギー迸る演奏と歌に触れ、楽しさが込み上げてくる。盛り上げ上手のエンターテイナーでもある田澤は「後ろも!」と呼び掛け、序盤からパワー全開だった。

IKUOが怒涛のスラップを繰り出して「Prisoner of evolution」に突入すると空気が一変、田澤はアンニュイな声色も織り交ぜながら、表情豊かな歌を響かせていく。シンフォニックロックとでも呼びたくなるユニークな展開の曲で、終盤でテンポダウンして曲調が変わると、都のシンセが厳かなファンファーレのように鳴り響く。田澤の超絶的な歌唱とオーディエンス参加の合唱でフィナーレを迎えるまで、詰め込まれた多彩な音、変動するリズム、刻々と変わるイメージに魅了され続けていた。
ごく短い挨拶を挟み、「Welcome to the Gracious World」ではタメの効いた粘り気のあるグルーヴ感を生成。赤いライトの下、シリアスでディープな世界へと誘う。この音の厚みと華やかさは成熟したアーティストにしか出せないものだろう。田澤が前屈みになるほどの姿勢で渾身のフェイクを歌い終えると、IKUOがセンターの台に立ち、滑らかにベースソロを奏で「Runway Brain」へ。すぐに田澤と入れ替わり、メンバーはそれぞれの立ち位置でヘッドバンギングをしながら、自らが放つ音の世界に全身で没入していく。タオル回し、激しく明滅するライト、田澤のスクリーム……めくるめく展開と疾走感に、眩暈を覚えるほどだった。

「Runway Brain」をSakuraの激しく杭を打ち付けるような鋭いドラムソロで締め括ると、更に空気を掻き混ぜるようなアップテンポの「憂いのFUNNY MAN」を投下。都はショルダーキーボードを携えセンターに駆け出してきて、鍵盤から手が飛び出して行きそうな勢い。IKUOのベースソロ、YUKIのギターソロ、いずれも高度な技術を要する奏法を滑らかにこなし、“上手い”という驚嘆の先にある感動へと聴き手を連れていく。それはきっと、メンバー自身が音に魂を込め、楽しみながら鳴らしているからこそ可能なのだろう。
大歓声と拍手に包まれると、田澤は「ヘイ、赤坂、楽しんでますか?」と呼び掛け、「うわー、楽しいわ。めちゃめちゃ楽しい」と素の声をこぼして、「今日はBAROQUEさんに呼んでいただいて、<kiss the sky I>はどうやら初、1回目で我々を選んでいただいたと、言っていいんでしょうかね? 光栄です」と挨拶。メンバー全員で礼儀正しくお辞儀をした。「怜くんと対談させてもらったり、都さんは圭くんと対談して。イベントに向ける意気込みだったりとか、もっともっと奥のほう、互いの音楽についてのもっともっと深いことを語り合った」とBARKSで実施した対談取材を振り返った。「そういうことをやると、ただステージに立っただけじゃなくて、結構マブダチな感じ? 俺はこの後、打ち上げで怜くんと連絡先を交換します」と宣言、すると歓声と共にザワつきが発生。「分かるよ、あれだけ深めの対談しといて、“まだ(連絡先交換)してなかったの?”って(笑)」と田澤。すると都が、「俺は圭くんと連絡先交換した。もう、1回飲みに行ってる(笑)」とツッコミ。田澤は、「取材が終わって、電車で2人で帰ったの。ずっとしゃべってたの (※再現するかのようにウロウロとステージ上を行き来する)。俺が先に降りて、“あ、しまった!連絡先交換してない”と気付いて。連絡先を交換するのを忘れるぐらい(楽しく話していた)」と面白おかしく語った。

「そういうのも相まって、ツーマンイベントだと昔は“お互いのファンを奪ってやるぜ!”と考えながらやってしまったんですけど、今日は違います。Rayflowerとして見せられるものを見せる。そうすることで何か生まれるものがあるでしょう、と」と心境の変化を語った。「よっしゃ、ラストスパートです! 珍しいだろ? RayflowerのMCが短い(笑)。今日は呼ばれてる立場なので、(時間が)押せないんだよ!」と笑わせ、「行くぞ!」と煽って「サバイヴノススメ」へ。再び都は前へ歩み出てYUKIの隣でショルダーキーボードをプレイ。IKUOがターンすると、田澤もマイクの白いコードを宙に舞わせてターン。歓声が沸いた。田澤に手で指し示されてソロを奏でるIKUO、続いてYUKI、「都先生!」(田澤)のコールで都、と順にソロを披露。各々の華々しいプレイと同じぐらい、全員の呼吸を揃えて音を止める、その短い休符にバンドの一体感が表れていた。
呼吸の合った気持ち良さは、続く「Bloom Moment」でもひしひしと感じられて、田澤だけではなく全員で“歌っている”ように思えた。締め括りはドラマティックなバラード「花束~from rose with love~」。冒頭、YUKIの哀切を帯びたギターリフに引き込まれ、やがて転調し、都の奏でる穏やかなピアノ和音に心安らぐ。透明感のあるハイトーンやファルセットの中、ところどころ苦しみややるせなさを滲ませる起伏に富んだ田澤の歌声は圧巻。目には見えない何かを掴もうとするような手の動きも雄弁で、曲の宿す物語を全身で伝えていた。

打ち鳴らされ続ける音の中で、「ありがとうございました、Rayflowerでした!」と田澤は挨拶、清々しい表情でステージを去った。凄腕メンバー揃いの盤石な演奏と、田澤の圧倒的な歌唱に惚れ惚れしつつ、観るたびに増していくバンドとしての熱さ、ピュアさに胸打たれる。イベント用に何かを無理に足したり引いたりすることなく、約50分の中にRayflowerの持つ魅力をそのまま凝縮したような、純度の高いステージだった。
BAROQUEのステージが幕を開けると、ブルーのライトが照らす中、圭(G)が一人佇んでいた。ピアノ伴奏に乗せ、浮遊感のあるギターフレーズを爪弾くと、海底か空中に自分がいるかのような感覚に襲われる。サポートメンバーの高松浩史(B / THE NOVEMBERS)、KENZO(Dr / BVCCIHAYNES、gremlins、彩冷える)に続き、両手を挙げて登場した怜(Vo)がセンターに辿り着くと、「SWALLOW THE NIGHT」を奏で始めた。

ひそやかに始まり、やがて怒涛の疾走を見せていくこの曲。美しい轟音に包まれながら、怜の歌声はどこか凪のような静けさを感じさせた。張り詰めた空気がふっと緩む軽やかなエレクトロサウンドが響くと、「DREAMSCAPE」へ。淡いパープルのライトに照らされ、圭が歩み寄り怜の隣に立つ。観客のシンガロングも加わり温かいムードが広がって、仰け反るようにして全身で声を放つ怜。圭は両膝をついた体勢でギターソロを奏で、細かに刻まれた音程を滑らかに繋いでいく。「FLOWER OF ROMANCE」ではグッと激しく、アグレッシヴに。青と緑のライトが明滅し、怜もギターを掻き鳴らしながら熱唱。圭のギターは、鋭く胸を掻き毟るようなピッキングと、グニャリと時空が歪むようなストローク、いずれも“声”が音から聴こえてくるようだった。
全員でエモーショナルに音を鳴らして曲を終えると、怜は「ありがとう! こんばんは、楽しんでますか? ニコニコになっちゃうよね。この2人体制になってから僕ら、ツーマンイベントの主催は初めてなんですよね。はい、大きな拍手!」と観客に語り掛け、「僕らのことを知らない子もいると思うから、自己紹介していいかな?」とメンバー紹介。フレンドリーなムードを醸し出しながら、この後に続くブロックではバンドの尖った面を打ち出していく。まず「ヒトのイロ」では、洗練されたメロディーラインに耳を奪われ、轟音の壁に四方を囲まれたような心地に。ギターソロでは再び圭が怜の元へと歩み寄り、向き合った2人は呼吸を合わせるようにして歌い奏でた。刃物で切り裂くような圭の歪んだギターリフで始まったのは「SKY FITS HEAVEN」。ピタリと揃ったタイトな演奏と、怜がゆったりと身を揺らしながら歌う哀愁を帯びたメロディーライン。ライティングもドラマティックで、闇と閃光の対比、サビでは深紅に染め上げた世界を出現させて、切迫感を強めていた。

「ちょっとだけしゃべっていい? 主催でツーマンって、2人でやるのは初なんだけど、セッションあったりするよね? そういうの想像して来てない?」と怜が問い掛けると、フロアからは大きな拍手が。「なので、ちょっと1曲……Rayflowerさんから1人招いてスペシャルヴァージョンをやろうと思います。みんな、大きい声で迎えてくれるかな? バロッカーと花キュー(ピット / Rayflowerのファンの呼称)のみんな、いいかい? キーボード、都さん! これはかなりのレアです」と呼び込み。ステージ向かって左後方でピアノを奏で始める都に、ギターの音色を絡ませていく圭。音と音とで対話するようにしばしインプロビゼーション的二重奏を響かせると、「AN ETERNITY」のイントロへとなだらかに繋げていった。
静かにそっと柔らかい声色で歌い始める怜。都のピアノは一音一音の輪郭が際立ち端正で美しく、それでいて生々しく、隅々まで強い意志を帯びていた。終盤に向かうにつれて情感を迸らせるように、寄せては返す波のように音を強めては弱めて……を繰り返し、螺旋状に昂りを見せていく。その熱は、天に向かって咆哮するような、切なくも力強い圭のギターと呼応し合い、遠い宇宙の果てにまで届きそうなエネルギーの渦を生んでいた。鳴らされる頻度はごく少なかったドラムも、通奏低音を響かせるベースも、しっかりと曲の骨組みを支えている。この曲には静謐な鎮魂歌という印象を持っていたのだが、この日は加えて生身の身体性を感じ、生命への希求を表現しているように思えた。フロアにはじっと聴き入る観客の姿。想像を気持ち良く裏切るような、ただ盛り上がるだけではない“魂の共鳴”を体感できた、忘れ難いセッションとなった。

「キーボード、都さんでした、ありがとうございます!」とのコールで大きな拍手の中都が送り出されると、「PLANETARY LIGHT」へ。メンバーの誰もが伸びやかに歌い音を奏でているのが伝わってくるような、シンプルな心地よさがあった。圭と怜はセンターで顔を見合わせ、怜はその後、高松のほうへと歩み寄り、背中合わせに。オーディエンスはジャンプを繰り返し、開放的な空気を楽しんでいるようだった。怜が花束を手にして歌い始めたのは「GIRL」。座り込んで足を組み、一人ひとりに語り掛けるかのように歌唱。圭もハンドモーションを交えながら表情豊かに、透明感に溢れたギターを奏でていく。キュートな魅力に満ちたこの曲で、多幸感で包み込むような本編を結んだ。
アンコールでは「ツーマンを改めて主催してみて……やっぱりいいですね、どう、みんな?」と怜が問い掛けると、大きな拍手が起きた。「一つ発表してもいいですか?」と、5月11日に早速このツーマンイベント第二弾を、GOTCHAROCKAをゲストに開催すると告知。「この後、Rayflowerさんは5月からツアーを開催するし、バロッカーのみんなも気になったら遊びに行ってください!」と怜。圭も「Rayflower、カッコよかったね。リハからずっと見てたからね」と語り出し、怜は「2人でそこにいたよね」と共に客席を見やった。「ライヴやるの久しぶりでしょ? 演奏は気持ち良くできるんだけど、しゃべり慣れてなくて。ここ1ヵ月ぐらい、家から出られない呪いに掛かってたから(笑)」と圭が笑わせる。

4月30日(火・祝)のワンマンについても告知し、「バロッカーも花キューピットの皆さんも、Rayflowerのメンバーさんを誘って来てください」と圭が語ったところで、「それも言いたかったけど……」と話す順番が頭の中で混乱している様子の圭に、「言いたいことがいっぱいあるんだよね?」と怜がフォロー。「時系列がむちゃくちゃになってる。SFの見過ぎだ(笑)。4月30日は新しいアルバムの曲をいっぱいやろうと思ってて。俺たち「GIRL」という曲があるので、「BOY」、“男とか少年って何だろう?”とずっと2年ぐらい前から思ってたんですよ。俺はもう少年じゃないから……少年の心があるとは思ってたけど、いつの間にか忘れてることもあって。去年ツアーを回って、“あ、これだ! 俺の少年の心は”って」と熱く語るうちに、声が掠れてしまった圭に怜が水を飲ませる場面も。

「だから「GIRL」じゃなくて「BOY」、男の人に向けた曲をつくったので、ちょっとやっていいですか?」と圭が呼び掛け、大きな歓声が沸き起こった。怜は「あまりこういうやり方しなかったんだけど、歌詞を最終的に2人で書き上げてたりとか……すごい絆がある曲だと思うので、楽しんでいってください」と制作秘話を交えて紹介。「STARRY BOY」とコールされたこの新曲は、青空のような爽快さと疾走感に満ちたナンバー。キャッチーなメロディーと煌めくギターサウンド、裏打ちの16ビート。“恐れないで”という言葉が耳に、心に強く残った。初披露を終え、「一緒に育てていけたらなって思う曲です」という怜の短い言葉からも、この曲を大切に思っていることが充分に伝わってくる。ラストは「YOU」を放ち、慈しみ深い子守唄のようにまずはそっと、やがて力強く、美しい轟音で観客を包み込んだ。
「改めて、今日はみんな、ありがとう! ステージを最高のものにしてくれたRayflowerのみなさんです!」──怜

と招き入れると、互いにハグを交わし合いながら、バンドの区別なく入り混じって一列に並んだ。怜も「後で電話番号交換しましょう」と伝え、「もちろん!」と応じた田澤は、「最高に楽しかったです。ぜひまた一緒にステージ立ちたいです、ありがとうございました!」と感謝を述べた。怜は再び「この後、Rayflowerさんのワンマンのツアーも5月から、僕らも4月から始まるんで、ぜひみんなで盛り上げていきましょう! 今日は改めて、ありがとうございました!」と大きな声で挨拶。圭がYUKIにピックを手渡す一幕もあり、温かい空気の中でツーマンイベントは幕を閉じた。

このイベントに向けたBARKSにおける2つの対談で語られた意気込み通り、それぞれのバンドが自分たちらしいステージを繰り広げることに成功した気持ちの良いツーマンだった。それと同時に、表現の形は異なっても、人間性やバンドとして積み重ねてきた歴史が音に映し出されている、という点では通じ合っていた。だからこそセッションもあれほどの深みに至ったのだろう。この日この場所に2バンドが集い生まれた熱は、それぞれの“次”への一歩を後押しするエネルギーになるに違いない。

取材・文◎大前多恵

■BAROQUE主催ツーマン<kiss the sky I>2019年3月27日(水)@マイナビBLITZ赤坂セットリスト

【Rayflower】
01. ENDLESS JOURNEY
02. ユースフルハイ
03. Prisoner of evolution
04. Welcome to The Gracious World
05. Runaway Brain
06. 憂いのFUNNY MAN
07. サバイヴノススメ
08. Bloom Moment
09. 花束~from rose with love~
【BAROQUE】
01. SWALLOW THE NIGHT
02. DREAMSCAPE
03. FLOWER OF ROMANCE
04. ヒトのイロ
05. SKY FITS HEAVEN
06. AN ETERNITY (※Guest Key. 都 啓一 from Rayflower)
07. PLANETARY LIGHT
08. G I R L
encore
en1. STARRY BOY ※NEW SONG
en2. Y O U


■BAROQUEホールワンマン<VISIONS OF // PEP>

2019年4月30日 (火・祝) 東京・日本橋三井ホール
open17:30 / start18:00
▼チケット
前売S席:¥10,000 (tax in) 前方指定席、特典付
前売A席:¥6,500 (tax in)
※全席指定 ※S席/A席 共にドリンク代別
(問)NEXTROAD 03-5114-7444


■BAROQUE主催ツーマン<kiss the sky II>

2019年5月11(土) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
open17:30 / start18:00
出演:BAROQUE x GOTCHAROCKA
▼チケット
・1階 [S席] ¥9,800(tax in) ※ドリンク代別 ※GOODS付
・1階 [A席] ¥6,800(tax in) ※ドリンク代別
・2階 ¥6,800(tax in) ※ドリンク代別
(問)NEXTROAD 03-5114-7444
■<Rayflower TOUR 2019 “Re:〜Endless Journey〜”>

5月20日(月) 東京・初台LIVE-BAR-The DOORS
open18:30 / start19:00 ※Official Fan Club“Shining GARDEN”会員限定公開ゲネプロ
5月21日(火) 埼玉・HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
open18:30 / start19:00
5月23日(木) 愛知・名古屋E.L.L
open18:15 / start19:00
5月24日(金) 大阪・味園ユニバース
open18:15 / start19:00
5月28日(火) 東京・東京キネマ倶楽部
open18:00 / start19:00
5月29日(水) 東京・東京キネマ倶楽部
open18:00 / start19:00
▼チケット
前売5,500円(税込・ドリンク代別途必要)
※未就学児入場不可
一般発売:3月10日(日)AM10:00〜各プレイガイドにて


■<Rayflower LIVE 2019>

9月14日(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI
open17:00 / start18:00
▼チケット
全席指定前売5,500円(税込)
※ドリンク代別途必要
※未就学児入場不可
【Official Fan Club "Shining GARDEN"会員チケット最速先行抽選受付】
受付期間:3/27日(水)22:00~4/8(月)23:59
※2019/03/01時点有効会員様(2/28までにご入会・ご更新(ご入金)された方)が対象
【Official Fan Club "Shining GARDEN”会員チケット先行抽選受付】
受付期間:5/20(月)22:00~5/29(水)23:59
※5/5(祝/日)23:59までに”Shining GARDEN”へご入会 (=お申込、入会金・年会費のご入金完了)いただくと5/20(月)より受付、”Shining GARDEN”会員チケット先行抽選予約にお申込みいただけます。
【オフィシャルサイトチケット先行予約】
受付開始:4/12(金)~

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着