ザ・ローリング・ストーンズの伝説的
ライブ2本をWOWOWで放送 『ザ・ロー
リング・ストーンズ展』を語るインタ
ビュー映像も

ザ・ローリング・ストーンズの過去のライブステージ2本の模様がWOWOWにて放送されることが決定した。
ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)は、1960年代から半世紀以上にわたって活躍し続けるロックバンド。今回WOWOWで放送されるのは、そんな彼らの歴史の中でも、伝説的なライブ2本だ。
4月27日(土)の『ザ・ローリング・ストーンズ ライブ・イン・リーズ 1982』では、1982年の中期ザ・ローリング・ストーンズのリーズ公演の模様を放送。バンドの代表曲の一つで、しばしばライブのオープニング曲にもなる「スタート・ミー・アップ」を含むアルバム『刺青の男』(Tattoo You)リリース後に行なわれた大規模な北米ツアーを大成功させたローリング・ストーンズが、その勢いのままに1982年に6年ぶりのヨーロッパツアーを敢行。同公演は、結成20周年の節目に行われた同ツアーの最終公演だ。ラウンドヘイ・パークに15万人もの観客が詰め掛けたこのライブは、当時としては最大規模のイベントとなった。「アンダー・マイ・サム」に始まり「サティスファクション」で幕を閉じる選曲、映画『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』にも記録された前年の北米ツアーをしのぐ演奏など見どころは多いが、“6人目のストーンズ”として親しまれたイアン・スチュワート(ピアノ/1985年に死去)が参加した最後のストーンズのライブでもある。
ザ・ローリング・ストーンズ スティッキー・フィンガーズ・ライブ 2015
4月27日(土)の『スティッキー・フィンガーズ・ライブ 2015』では、ザ・ローリング・ストーンズが1971年の名盤『スティッキー・フィンガーズ』の全曲を完全再現した2015年のライブをお届け。アンディ・ウォーホルがデザインしたジッパー付きジャケットでも知られる『スティッキー・フィンガーズ』。同アルバムの豪華盤発売に合わせて2015年に行なわれた北米ツアー『Zip Code』の幕開けとして、アメリカ・ロサンゼルスのフォンダ・シアターで行なわれたスペシャルなギグの模様が放送される。同ライブは、キャパシティー1,200人という、ストーンズのライブとしては極めて小規模な会場で行なわれた。また、彼らがこのアルバムの全曲を一度に演奏したのは、このライブが初めて。「ブラウン・シュガー」をはじめとする名曲たちが、40年以上の時を経てパフォーマンスされた。
さらに、初回放送に限って『スティッキー・フィンガーズ・ライブ 2015』番組終了後には、東京で開催中の『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』について語る、ザ・ローリング・ストーンズのインタビュー映像も続けて放送。
放送時間などの詳細は、番組サイトを確認しよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。