一夜限りの「〈物語〉フェス」朗読劇
を原作者・西尾維新が書き下ろし ラ
イブビューイングも決定

(c)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト 5月11日に千葉・幕張メッセで開催されるアニメ「〈物語〉」シリーズのイベント「〈物語〉フェス ~10th Anniversary Story~」で披露される朗読劇のシナリオ全編を、原作者の西尾維新氏が書き下ろすことがわかった。
 「〈物語〉シリーズ」は、強大な力を持つ吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(忍野忍)との出会いにより、吸血鬼もどきになってしまった高校生の阿良々木暦と、彼を取り巻く少女たちの周囲で起こる怪異を描く人気シリーズ。アニメ化10周年を記念して開催される「〈物語〉フェス ~10th Anniversary Story~」は、暦役の神谷浩史をはじめ、シリーズのヒロインを演じる斎藤千和加藤英美里ほかメインキャストらが集結して行われ、後日映像化もされない一夜限りのイベントとなる。
 東京・新宿バルト9、愛知・ミッドランドスクエアシネマ、大阪・梅田ブルク7ほか全国の映画館で、同イベントを生中継するライブビューイングが開催されることも決定した。チケット料金は3800円で、4月17日正午まで、イープラスでプレオーダーを受け付けている。一般販売は、4月27日午後3時から5月10日午前10時まで。なお、ライブビューイングは香港、台湾の映画館でも行われる。