lynch. (PHOTO BY 土屋良太)

lynch. (PHOTO BY 土屋良太)

【V系】lynch.主催の“大乱戦”ライ
ブ! アルルカン、MUCC、SUGIZO…「B
LACK BEAUTY BEASTS」レポ【写真満載

2019年2月8日、9日にZepp Nagoyaで開催された、lynch.主催イベント「lynch. presents BLACK BEAUTY BEASTS」の両日の模様を写真満載でレポートします。

lynch.主催イベント「lynch. presents BLACK BEAUTY BEASTS」 が2019年2月8日、9日に愛知・Zepp Nagoyaで開催された。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
両日にlynch.そして8日の出演者はアルルカンAngelo、D’ERLANGER、9日にはRAZORMERRYMUCCSUGIZOという豪華ラインナップということもあり、発表時から大きな話題を呼んでいたイベントだ。
ライブ当日も期待通り、いや、期待以上に全バンドが火花を散らす大乱戦となった。本記事では両日の模様をレポートする。
DAY1アルルカン
「行くぞ、“ダメ人間”! 一番手、アルルカンです!」暁(Vo)が叫ぶ。
『ダメ人間』、彼らの代表曲のひとつ、そして彼らのファンの総称を冠したナンバーを投下し、初っ端からエンジンはフルスロットル。かねてからlynch.に対してリスペクトを公言しているからこそ、バンドが一丸となって“勝ちに行く”姿勢を崩さない。
「葉月さんは僕らに“客を持って帰れ”と言ってくれました。名古屋にお集まりのお姉さん方、その心にちょっかいかけに行きます!」という暁の言葉に続いての『リビドー』でフロアとオーディエンスの心を揺さぶっていく。
ラストの『ラズルダズル』まで、息つく暇もないほどの速度で駆け抜けていったアルルカン。高みを目指すバンドだけが持つ、ギラギラした緊張感に満ちたアクトだった。
Angelo
点滅するライトの中、圧倒的なカリスマ性を漂わせながら登場したAngelo。メンバーがそれぞれの立ち位置につき、『CRUELWORLD』で始まった彼らのステージ。オーディエンスの手拍子に迎えられた『ACTIVATE RESONATE』と、ワンマンさながらの統率力を持って進行していく。
「今日は、lynch.主催……“集団リンチの会”へお招きいただきありがとうございます。オレも激しくリンチするのが大好きなんで、そんな夜にしませんか?」
そんなキリト(Vo)らしい挨拶に続いての『NEW CENTURY BIRTH VOICE』では、容赦のないヘドバンがフロアにあふれかえる。
そして『RIP』のイントロでは“何か”を期待するように大きな歓声が湧き、それにこたえるかのように、マイクスタンドをステージに叩きつけるキリトの姿は、オーディエンスの熱気をさらに加速させていき、この日この場にいた全員の脳裏に“これがAngeloだ”と刻みつけた。
D'ERLANGER
2019年、最初のステージになるというD'ERLANGER。悠々とステージに登場し、kyo(Vo)がゆっくりと両手を広げる。『Harlem Queen Complex』から『Harlem Queen Romance』の流れで、フロアを一気に彼らの色に染め上げる。
「俺たちの気持ちイイ音、浴びてって!」というkyoの言葉から、『dummy blue』、『LULLABY』とキラーチューンを披露し、MCでは「お嬢ちゃん」とフロアに呼びかけ、「気持ちイイ世界に足を踏み入れてみない? 優しく教えてあげるからさ?」とオーディエンスを誘う一幕も。
『バライロノセカイ -Le monde de la rose-』でフロアを揺らした後は、重厚な『哀』で締めくくるのかと思えば、突如ジャムセッションになだれ込む。彼らの奏でる“気持ちイイ音”に身を任せるままのオーディエンス。大人の色香の危うさと少年のような遊びゴコロを併せ持った、“ロックスター”の真髄を見せつけたステージだった。
堂々たるトリの風格!
lynch.
SEの流れる中、悠介(G)、明徳(B)、晁直(Dr)、玲央(G)、そして葉月(Vo)がステージにあらわれる。手拍子で彼らを歓迎するオーディエンスたち。
「lynch.です! よろしくお願いします!」定番の挨拶は主催イベントでも忘れない。そして葉月の空間を切り裂くような咆哮と共に始まったのは『EXODUS』。「lynch.」のロゴが刻まれた巨大なバックドロップを背にし、堂々たるトリの風格を見せる。近年、大規模フェスなど様々なイベントに“挑戦者”として爪痕を残していった彼らだが、今日は“迎え撃つ側”なのだ。
GALLOWS』では玲央が葉月にマイクを向けられシャウト。サビでオーディエンスはシンガロングを起こし、妖艶な『GROTESQUE』でフロアを湧かせていく。
「BLACK BEAUTY BEASTS……改め、“集団リンチの会”へようこそ!」とキリトの発言を受けたMCで笑いを誘い、この日の出演者について語る葉月。
「キリトさんも暁くんも“(お客さんのことを)持っていきます”と言っていた、Kyoさんは言葉にはしていないけれど“お嬢さん”の時点で皆さん、持って行かれているでしょう。だがしかし、僕らくらいになりますと、一度“お持ち帰り”された皆さんを、持ち帰り返すことができます。そのテクニックを披露してもよろしいでしょうか? 全員オレのもんだ!」
『CREATURE』では特効が炸裂し、明徳のベースソロが華を添える。『INVINCIBLE』、『EVIDENCE』を投下し、彼らの持ち味である美しいメロディと轟音でオーディエンスを魅了していく。
「可愛い後輩、素晴らしい先輩に囲まれて、こんな、はしたないことを……」と前置きし、「名古屋! 全員でセックスしようぜ!」と葉月が叫ぶと晁直がシンバルを鳴らし、『pulse_』へ。ラストの『EVOKE』では銀テープが降り注ぎ、バンドもオーディエンスがひとつとなり、本編の幕は閉じた。
アンコールの声に応えて、再びステージに登場。葉月が「(この日の出演バンドたちが)lynch.を叩き潰すために来てくれた。これがどんなに嬉しいことかわかりますか?」と嬉しそうに語り、地元のミュージシャンにとって聖地であるZepp Nagoyaで主催が出来たことを“奇跡”だとし、「“奇跡”は多ければ多いだけ嬉しいじゃないですか。起こしていきます」と宣言。“奇跡”の夜、1日目は『THIRTEEN』で締めくくられた。
DAY2RAZOR
2日目の先陣を切ったのはRAZOR。幕が上がるとともに、楽器隊から放たれる重たいリズムと凶悪なリフは、これから始まる狂乱を予感させるには十分だった。
「RAZORにとっては、このイベントに出られたことも“奇跡”」と喜びを隠せない猟牙(Vo)。
衍龍の攻撃的なギターから始まった『嫌、嫌、嫌。』の曲間に、突如lynch.の『melt』が挿し込まれるという憎いサプライズも。
また、猟牙は、葉月から「2月空いてる?」と聞かれ、「1日から31日まで空けてます!」と返したというエピソードも披露。カレンダーすら無視するほどの熱意を持って繰り出された、『埋葬』、『PRIMARY』でフロアはカオスと化した。「次はlynch.を(自分達のイベントに)呼ばせて!」と、最後まで貪欲な姿勢を見せるRAZORだった。
メリー
「BLACK BEAUTY BEASTS」の“BEAUTY”枠を自称するメリーのステージは、情緒あふれる『さよなら雨(レイン)』で、しっとりとスタート。
その余韻をふっとばすかのような、ネロ(Dr)のドラムとともに、「こういうイベントは2日目の方が盛り上がるんです。何故ならメリーが出てるから!」と、ガラ(Vo)がフロアを鼓舞。
『[human farm]』で沸かせたかと思えば、「昨日の出演者は、“客の首をとる”だとか、物騒な話をしていたけど、僕は“待ってる側”なので……」と“最愛になれない心情”を歌う『平日の女 -A面-』に続ける。
『SIGHT GLASS』、『ジャパニーズモダニスト』といったファストチューンでテンションを高めていき、ラストの『sheeple』まで、彼らの個性を存分に発揮されたステージだった。
最後に、テツ(B)が発した「lynch.は好きか? メリーは好きか? オレも好きだー!」という言葉に、彼らとlynch.との絆を再確認させられた。
MUCC
1曲目の『リブラ』から一気に自分たちの世界に引きずり込んだMUCC。「BLACK BEAUTYたちよ、BEASTの登場だ!」という逹瑯の叫びを合図に、『蘭鋳』のイントロが始まった瞬間臨戦態勢に変化するフロア。
曲間では「SUGIZOさんまでは体力を残しておいてほしい、“ウチらで体力使い切っちまえ”とはさすがに言えない。でもlynch.までは残さなくていいと思う!」と焚きつける。つくづくオーディエンスを“その気”にさせるのが上手いバンドだ。
重厚かつダンサブルな『ENDER ENDER』を経て、『アイリス』と『自己嫌悪』という、アプローチは違えど、MUCCの持つ内省的な側面が存分に打ち出される。
SATOち(Dr)の繰り出すマーチングリズムから始まった『G.G.』で再びフロアが揺れ、『大嫌い』で熱狂はクライマックスに。
ラストは、空のむこうへ想いを届けるかのような『生と死と君』で、フロアの熱を昇華させた。
「一緒に昇天しましょう」
SUGIZO
SUGIZOとCOSMIC DANCE QUINTETの面々がゆっくりとステージに登場し、「最後までノンストップで行くから、しがみついてきてよ。一緒に昇天しましょう」と挨拶し、彼のギターから放たれる鋭い音に合わせて、よしうらけんじ(Perc)とMOTOKATSU(Dr)が同時にシンバルを叩き、『禊』でライブはスタート。
時にギターを掻き鳴らし、時にリボンコントローラー(モジュラーシンセサイザーを操作する道具)を操り、SUGIZO独自の音の宇宙へオーディエンスをいざなっていく。『FATIMA』では水面を思わせる優美なヴァイオリンの音色がフロアへ心地よく染み渡る。
「NO NUKES」と記された旗をかかげ、平和への祈りも、戦争への怒りも、すべて音に込めて表現するという、自身の生き様を象徴するような『ENOLA GAY RELOADED』を経て、ラストの『DO-FUNK DANCE』まで、視覚的表現とサウンドが渾然一体となったダイナミックなアクトで鮮烈な印象を残した。
lynch.
そして、この濃密な2日間を締めくくるlynch.の登場だ。『D.A.R.K.』を皮切りに『GALLOWS』、『EXIST』と畳み掛ける。
「本当に素晴らしいイベントです」とオーディエンスに感謝を伝え、この日の出演者について愛情とリスペクトを込めて語っていく葉月。そして、「本日の主役がやってまいりましたよ! この日一番の盛り上がりを見せてください!」と始まった『JØKER』のシャッフルビートでZeppを揺らし、『VANISH』ではオーディエンスたちが拳を掲げ、幸福な熱狂を作りあげていく。
昨日に続いて「セックスしようぜ!」と『pulse_』でブチ上がり、ラストの『Adore』のサビでは、シンガロングが巻き起こる中、二日間を祝福するように銀テープが降り注ぐ。
アンコールで登場した葉月は、「言いたいことが多すぎて……」感慨深い様子。これまで数える程度しか主催をやってこなかったlynch.だが、「ガッツリ主催イベントをやってわかった。最近色んなバンドが主催フェスをやってるけど、“主催した側”にしかわからない快楽があった。“このメンツを集めたよ”、“こんなにお客さんが入ったよ”、“こんなに(出演バンドが)カッコいいんだよ”、という3つの誇らしさがあった。超幸せだった。またやりたい。ライブハウスよりも大きなところでも皆来てくれる?」と、呼びかけると、拍手で応えるオーディエンスたち。
「検討します」と葉月がニヤリ、次回開催への意欲を見せた。
そしてメンバーそれぞれが、この2日間についてコメント。
「このイベントは、“仲が良い”ではなく、純粋にカッコいいバンド、強いバンドを集めました。自分達自身が間違っていないと確認できたと思います。本当にありがとう」(玲央)
「楽しかった? “楽しかった”にも色々な意味が含まれているというか。大変だったスタッフさんにありがとう、来てくれた皆さんにもありがとう。またいつかやりたいので、ご協力お願いします」(晁直)
「大好きなアーティストばかりが集まって、誰よりも僕は楽しんでいたと思います。こうやって色々なアーティストの環境を勉強できるのは、幸せなこと。僕は幸せです。皆さんも楽しんでくれるということで、僕は幸せです」(悠介)
「東京でもいろんなイベントに呼ばれるけど、名古屋でこういうイベントができるバンドは、lynch.だけじゃないですか? 名古屋在住バンドとして、日本中の素晴らしいアーティストを名古屋にどんどん招いて、素晴らしいイベントをまたやっていきたい」(明徳)
「また、やりましょう。絶対皆さん集まってください!」(葉月)
そして、「どこのファンかは関係ない!」と、この“奇跡”のイベントは『CREATURE』で大団円をむかえた。
すべてがハイライト、クライマックスと呼べた2日間。最後の「この熱を途切れさせないように、もっと続けて、もっとでっかくしていきたいと思います」という葉月の言葉を信じて、また次の“奇跡”が訪れる、いや、起こす日を待っている。
セットリストDAY1
アルルカン
1.ダメ人間
2.墓穴
3.像
4.リビドー
5.Eclipse
6.ラズルダズル
Angelo
1.CRUELWORLD
2.ACTIVATE RESONATE
3.CREVASSE
4.NEW CENTURY BIRTH VOICE
5.RIP
6.THE CROCK OF ULTIMATE
7.Daybreakers
8.Script error
D'ERLANGER
1.Harlem Queen Complex
2.Harlem Queen Romance
3.dummy blue
4.LULLABY
5.CRAZY4YOU
6.バライロノセカイ -Le monde de la rose-
7.哀
lynch.(1日目)
1.EXODUS
2.GALLOWS
3.GROTESQUE
4.CREATURE
5.INVINCIBLE
6.EVIDENCE
7.OBVIOUS
8.pulse_
9.EVOKE
アンコール
1.THIRTEEN
DAY2
RAZOR
1.ROAD
2.LIQUID VAIN
3.嫌、嫌、嫌。(lynch./melt)
4.埋葬
5.PRIMARY
メリー
1.さよなら雨 (レイン)
2.[human farm]
3.T. O. P
4.平日の女 -A面-
5.SIGHT GLASS
6.ジャパニーズモダニスト
7.千代田線デモクラシー
8.sheeple
MUCC
1.リブラ
2.蘭鋳
3.ENDER ENDER
4.アイリス
5.自己嫌悪
6.G.G.
7.大嫌い
8.生と死と君
SUGIZO
1.禊
2.FATIMA
3.Lux Aeterna
4.ENOLA GAY RELOADED
5.DO-FUNK DANCE
lynch.(2日目)
1.D.A.R.K.
2.GALLOWS
3.EXIST
4.JØKER
5.VANISH
6.NEEDLEZ
7.THE OUTRAGE SEXUALITY
8.pulse_
9.Adore
アンコール
1.CREATURE

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着