仲間の絆に感涙!PRIZMAX・清水大樹
がグッとくる『ONE PIECE』のシーン
BEST3

7人体制となって初リリースとなるアルバム『FRNKSTN(フランケンスタイン)』を4月17日に発売するPRIZMAX。中学生時代にアニメを観たのをきっかけに、兄が大人買いした単行本で『ONE PIECE』にどっぷりハマってしまったという清水大樹に、同作のグッとくるシーンBEST3を挙げてもらいました!悩み抜いた末に絞った3シーンはどれも胸アツなものばかり。ちなみに、彼が興奮する敵キャラは、赤犬と黒ひげだそうです。

【PRIZMAX サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
4月13日〜20日に掲載されるランキング&インタビューの記事下に8つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、20日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!
【1位】第141話「ヤブ医者」~第145話「受け継がれる意思」(16巻)
“ヒトヒトの実”を食べたことで人間トナカイになってしまったトニートニー・チョッパーに、優しく接してくれたのがヤブ医者のDr.ヒルルクなんですよ。そんなヒルルクの病気を治そうとチョッパーが決死の思いで手に入れたキノコが、逆にヒルルクの寿命を縮めてしまうことになるんですけど、チョッパーのキノコで死なないようにヒルルクは自ら死を選ぶんですね。そして、ヒルルクの意志を継ぎ、なんでも治せる医者になると決意するチョッパー。涙なくしては読めません。
【2位】第216話「ビビの冒険」(23巻)
王女ネフェルタリ・ビビと共にアラバスタ王国の内乱を防ぎ、犯罪組織バロックワークスに勝利した“麦わらの一味”。ルフィはその先の旅にもビビを誘うんですけど、国を愛する彼女は断るんですよ。でも、ルフィたちを見送るとき、「いつかまた会えたら!!!もう一度仲間と呼んでくれますか!!!?」とビビが叫ぶと、彼女が海賊の仲間だと見なされないように、ルフィたちが腕に描かれた仲間の印を黙って掲げるっていう。絆に胸が熱くなるシーンです。
【3位】第398話「宣戦布告」(41巻)
ニコ・ロビンは、ルフィが率いる“麦わらの一味”に加わった後しばらくして裏切るんですけど、それは世界政府の強大すぎる力が仲間に向けられないようにするためで。ルフィはルフィでどんな仕打ちをされてもロビンのことを信じ続けて、その真意を知ると、世界政府に囚われた彼女を救いに行くんですよ。「「生きたい」と言えェ!!!!オレ達は仲間だ!!」と叫ぶルフィに、泣きながら「生ぎだい!!!!」と応えるロビン……何度読んでも鳥肌が立ちます。
 

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。