ジョン・ヨンファ(CNBLUE)、プレミア
ム・ライブが6月に上映

ライブ・ビューイング・ジャパンが、2019年6月22日(土)から24日(月)の3日間限定で、CNBLUEのメインボーカル&ギターであるジョン・ヨンファのソロライブ映像『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』を全国の映画館で上映することを発表した。

◆予告映像

ジョン・ヨンファは、2009年6月に韓国のロックバンドCNBLUEとして半年間、音楽武者修行のために来日。ライブハウスやストリートライブでの公演を重ね、2009年8月にインディーズデビューし、日本での人気・実力を兼ね備えたロックバンドとして確固たる地位を築いてきた。2015年より、ソロアーティストとしてもデビューを果たし、日韓でアルバム4枚、コンサートも韓国含むアジアにて計12公演、日本でも計17公演を開催し、バンドとは異なるソロアーティストとしての才能を開花させ、多くのファンを魅了し続けている。一方、日本でも大ブレイクした韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」に出演したことをきっかけに俳優としても一気にスターダムへ登りつめ、以降「オレのこと好きでしょ。」「三銃士」など数多くのドラマに主演として参加した。

2018年3月には兵役入隊し、2019年秋に除隊を予定している彼の復活を心待ちにしているファンのため、第1弾『CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN2011-2017-OUR VOICES-』に続き、この度のプレミアム・ライブ上映実施に至った。本作『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』は、2015年に韓国ソロデビュー後初のコンサート<1st CONCERT “ONE FINE DAY”>のソウル公演にはじまり、日本での<1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day”>、<2017 FNC KINGDOM IN JAPAN>にてドラマ「美男<イケメン>ですね」の名曲をFTISLANDのイ・ホンギと共演した貴重なステージ、さらに2017年に開催した2度目の単独ツアーに加え、入隊直前にソウルにて開催した<ROOM622>と<STAY622>のライブ映像、さらには今回映像初公開となる2017年12月に日本で開催した<Summer Calling @Xmas>まで、これまで辿ってきたソロアーティストとしての軌跡となるコンサート映像の中から選りすぐりのセットリストで再構成。“ジョン・ヨンファ”としての魅力を存分に楽しめる珠玉のライブ映像と言える。映画館の迫力ある映像と音響で、コンサート会場の最前列で観ているかのような臨場感を体感できるチャンスだ。
■ 『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』

[日時]
6月22日(土) 18:00開演
6月23日(日) 11:00開演
6月24日(月) 14:00開演
6月24日(月) 19:00開演

[会場]
全国各地の映画館
詳細:https://liveviewing.jp/yonghwa_film
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映会はご入場いただけません。予めご了承ください。

2019年|カラー|STEREO|16:9|配信|140分

情報サイト:https://liveviewing.jp/yonghwa_film
CNBLUE Official Website:https://cnblue-official.jp/

制作:FNC ENTERTAINMENT JAPAN 協力:Warner Music Japan
配給・宣伝:ライブ・ビューイング・ジャパン
(c)2019 FNC ENTERTAINMENT JAPAN

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」