SKE48版「ハムレット」ゲネプロより

SKE48版「ハムレット」ゲネプロより

『ハムレット』主演に松井珠理奈「S
KEがダンスだけじゃなくて芝居も出来
るんだということをお見せしたい」

SKE48の精鋭メンバーが“生きるべきか、死ぬべきか”のセリフで有名なシェクスピア劇『ハムレット』に挑み、18日から21日まで、東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演される。

SKE48版『ハムレット』は、日本テレビ・深夜バラエティ番組『SKEBINGO!~ガチでお芝居やらせて頂きます!~』で、本気で芝居に挑戦してきたSKE48が、その集大成として上演する作品。シェクスピア4大悲劇のひとつ『ハムレット』に、全員参加のオーディションを見事勝ち抜いた9名が挑戦する。
番組の中でも演技の才能が光った松井珠理奈が主演のハムレットを演じるほか、4名が舞台初挑戦となる。敵役クローディアスは古畑奈和、母役ガートルードに鎌田菜月、恋人オフィーリア役は話題の歌姫・野島樺乃がキャステングされた。
初日前日に行われたゲネプロのあとに関係者に挨拶した松井珠理奈さんは、「SKEがダンスだけじゃなくて芝居も出来るんだということをお見せしたい」と意気込んでいた。
脚本・演出は、舞台「マジムリ学園」や「山犬」などを手がけた丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が担当。ほかにも、ダンス指導に當間⾥美、殺陣の指導に市瀬秀和、プロデュースに松⽥誠…と、番組でメンバーを指導してきた、最強のプロフェッショナルが勢ぞろいしている。
演劇の古典として世界中に知られ、様々な形で上演されてきた名作を、SKE48版として笑いあり、涙ありの新たな世界観で繰り広げる。シェイクスピアの持つ強い引力に引かれながらも、SKEの本拠地である栄に設定を移して“デラフォーミング”されており、これまで何度もハムレットを観たという人にも、初めて観る人にも新鮮な感動を与える作品になっている。
出演:松井珠理奈・古畑奈和・鎌田菜月・高柳明音・佐藤佳穂・野島樺乃・熊崎晴香・北川愛乃・末永桜花

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」