【緊急インタビュー】ディナーショー
に革新をもたらしたYOSHIKIの特異性

「チケット不正転売禁止法(特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律)」が公布され2019年6月14日から施行される。「何人も、特定興行入場券の不正転売をしてはならない」とし、同時に「何人も、特定興行入場券の不正転売を目的として、特定興行入場券を譲り受けてはならない」と定められ、法の上においても、もはや不当な高額チケットの売買は不正行為となる。

そんな時代においてなお、YOSHIKIのプレミアムディナーショーのチケットが同時に高額転売される事態が発覚、YOSHIKI自ら「転売はやめましょう」と警鐘する事態となった。

そんな中、YOSHIKIの心中を伺うべく、緊急インタビューを敢行した。
──<EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO>チケットの高額転売が発覚しましたね。

YOSHIKI:僕もエンターテイメント業界に身をおいている立場ですし、ハリウッドはそういう意味でもど真ん中ですので、アメリカでもいろんな事が起こっています。買い占められてしまっただけ新たにコンサートを追加するといったメタリカのような例もありますし、いろんな対策方法も聞いているんですが、結局はいたちごっこになるんです。Twitterでもいいましたけど、要はモラルの問題です。あとは法整備の問題かな。

──モラルか…。

YOSHIKI:「チケット不正転売禁止法」が去年成立しましたよね。今年の6月中旬から施行されますので、これでいい方向に変わることを望んでいます。

──アーティストの立場として、高額転売行為は心情としても許せないでしょう?

YOSHIKI:いや、自分よりもファンの皆さんの気持ちが大切ですよ。応援してくれている方々がスムーズにチケットを入手できるようにしたい。もちろんキャパに対しての需要バランスに関しては仕方ないことも多々ありますけど、できる限りスムーズにできるよう努力はしていきたいです。

──今回も1日2公演というスケジュールが組まれているのも、できる限りの姿勢であることはファンはわかっていますけど。
YOSHIKI:7日間で12公演も演ったことがないので、自分としてもどこまでできるのか無謀だなとは思いましたけどね(笑)。でもそれによって少しでもチケットを手にできるファンの方が増えれば…と思って。

──無謀はYOSHIKIの通常モードですから、そこは心配していませんが。

YOSHIKI:そうですけどね(笑)。僕の場合、X JAPANでもソロでも基本的にその会場でできる最大限のことをやってきているので、ディナーショーに関しても、自分で言うのもなんですが(笑)、ここまでいろんなことを採り込んだディナーショーって、他にないと思うんです。もちろん世界は広いし、大掛かりであればいいというわけではないですが、プロダクションの規模も含めて最強かなと思います(笑)。そこは自信があります。

──何故にそうなってしまうんでしょう。
YOSHIKI:6年前に始めたときは「実験的に演ってみましょう」という感じだったんです。提案いただいた方々によれば「ディナーショーというのは数曲演ってトークをして楽しくアットホームな雰囲気でやればいい」とのことだったんですね。そこで僕がレーザー演出や映像とのリンクといった話をし始めたら「YOSHIKIさん、そんなことを演ったら赤字になりますよ」って言うんです。

──まっとうなアドバイスですね。

YOSHIKI:でも僕は「赤になって何が悪いんですか?」といいました。もちろん相手は黙っちゃったんですけどね(笑)。

──あ、悪い癖が出た。

YOSHIKI:ある種ディナーショーというものの観念やイメージを覆したかったし、僕はいつも「なんでダメなの?」という発想ですから、「なんで激しい音楽を演っていてメイクしちゃいけないの?」といってヴィジュアル系が生まれたのと同じです。既成概念にとらわれず、極端な話ディナーショーで火柱が立ってもいいわけです。その空間ならではのできることで、東京ドーム以上の感動を与えたいわけです。決まりなんてないですから。

──そうですね。

YOSHIKI:同時に僕のようなロックミュージシャンがディナーショーという場所に参入することには、なにかの意味があるんじゃないかとも思って。
──結果、奇想天外なディナーショーになっていますよね。バレエ団とのコラボがあったりファッションショーが行われたり。

YOSHIKI:周りからのアドバイスもいただきましたし、常に実験的であり進行中ですよ。まだまだいろんな事を考えていますし。演奏だけじゃなくて、ワインなども含めてすべてがショーなんです。視覚と聴覚だけじゃなく味覚も入りますから、そこもプロデュースするわけで。

──8月のディナーショーでは、新曲の披露も公言されていますが、どのようなものになりそうですか?

YOSHIKI:過去のブレックファーストショーでは、リクエストコーナーがあったりして「発表していない曲を演ってください」と言われて、それに応えたりしていたんですが、そういうのはバンドではなかなか難しいですよね。「名前は知っているけど聞いたことがない」という曲もたくさんあるので、ノリで1フレーズを弾いてみたり。

──どんな曲がどのように披露されるかは、その時にならないと分からないか。

YOSHIKI:嬉しい悲鳴ではあるんですが、今ものすごい量の仕事を頂いていまして、ほとんどが発表されていないプロジェクトなので、誰も知らない水面下で勝手に溺れているような状況なんです。この何ヶ月間でいろんな発表もあると思いますから、それでディナーショーでのセットリストも変わってくると思います。

──なるほど、今は溺れているところか(笑)。

YOSHIKI:X JAPANのリーダーとしての立場もありますので、それはそれであらゆるものに対応して前に進んでいきたいと思っていますから、溺れている場合じゃないですけどね(笑)。

──ディナーショーもより楽しみになってきました。

YOSHIKI:僕はいつも時代の節目節目にいるので、ディナーショーというものに対しても「YOSHIKI出現」の前と後で変わってくるんじゃないかなと思っているんです。いろんなミュージシャンがディナーショーに進出してくることもあると思うので、ディナーショーの定義が変わってきたということですね。

──確かに、多くのアーティストがディナーショー開催を考え始めていますし。

YOSHIKI:今回はスケジュール上無理だったんですが、海外でもディナーショーのリクエストもびっくりするくらい頂いているんですよ。

──全米ディナーショーツアーなんて、そんなことを演っているミュージシャンは見たことがない。

YOSHIKI:もうちょっと時間に余裕があれば、今回実現したかもしれなかったんですけどね。味覚の部分のプロデュースも海外だと状況が変わってきますし、全ては1年くらいかけて作り上げるので、僕がまだ元気にやっていれば(笑)、来年とかできるかな?…もう倒れそう、ホントに(笑)。

──デザートで出てくるYOSHKIピアノ・チョコケーキが世界各地で食べられる時代がくるのか。

YOSHIKI:ははは(笑)、辛いカレーが食べられるディナーもあるかもしれないですね。その時は怒って帰らないでね(笑)。

<EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 20
19 IN TOKYO>

https://yoshiki-mobile.jp/archives/5097
■4月21日(日)23:00まで
YOSHIKI mobileおよびYOSHIKI CHANNELチケット先行抽選受付中
■4月25日(木)23:00まで
一般先行抽選受付中
2019年8月9日(金)Dinner Show
2019年8月10日(土)Breakfast Show
2019年8月10日(土)Dinner Show
2019年8月11日(日)Breakfast Show
2019年8月11日(日)Dinner Show
2019年8月12日(月・祝)Breakfast Show
2019年8月12日(月・祝)Dinner Show
2019年8月23日(金)Dinner Show
2019年8月24日(土)Breakfast Show
2019年8月24日(土)Dinner Show
2019年8月25日(日)Breakfast Show
2019年8月25日(日)Dinner Show
【会場】
グランドハイアット東京 ボールルーム
【Breakfast Show】
・開場時間:11時
・BREAKFAST START:11時45分
・SHOW TIME:13時(15時終演予定)
・チケット料金:75,600円(税込)
【Dinner Show】
・開場時間:17時30分
・DINNER START:18時30分
・SHOW TIME:20時(22時終演予定)
・チケット料金:86,400円(税込)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」