『劇場版 FFXIV 光のお父さん』主題
歌はGLAY、挿入歌はTHE BEAT GARDEN
が担当

GLAYの新曲「COLORS」が、6月21日(金)より全国公開される映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』の主題歌に決定した。また、THE BEAT GARDENが同作の挿入歌を担当することも明らかになっている。
『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数1,000万超えを記録した人気ブログが原作の作品だ。息子・岩本アキオ役の坂口健太郎、父・岩本暁役の吉田鋼太郎をはじめ、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見らをキャストに迎え、オンラインゲームの世界を共に旅する親子の感動のドラマが描かれる。

GLAYによる主題歌「COLORS」は、TVドラマ版の主題歌に続いてTERU(Vo)が作詞作曲を担当した書き下ろしの新曲。自身がプレイヤーとして見てきた『FFXIV』の世界の機微を映画のモチーフに絡めて音楽に昇華したという同曲について、TERUは「親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください」とコメントを寄せている。

また、劇中挿入歌となるTHE BEAT GARDENの「スタートボタン」も本作のために書き下ろされたという新曲だ。自身初の映画挿入歌について、彼らは「スクリーンの中でどのシーンで流れてもストーリーと共に歩んでいける歌を作れたらと思い、曲を描いていきました」と振り返っている。

   ◆   ◆   ◆

■TERU(GLAY) コメント
劇場版・光のお父さんの主題歌のお話を頂いたのは結構前なのですが、お話をいただいてからというもの、光の戦士としてFF14の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなければ、この曲は生まれていません。親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください。

■THE BEAT GARDEN コメント
映画『光のお父さん』の“挿入歌”というお話を頂いて、スクリーンの中でどのシーンで流れてもストーリーと共に歩んでいける歌を作れたらと思い、曲を描いていきました。ゲームの中や現実で、見える敵と見えない敵に敗れても敗れても立ち向かっていく登場人物達は本当に「負け」なのか。自分にも問いかけながら綴った言葉や歌がどんな答えを映画の中で教えてくれるのかを楽しみにしています。初めての映画挿入歌。こんな素敵な作品の一員にさせて下さり、本当にありがとうございます。

   ◆   ◆   ◆

この発表に合わせて、主題歌の一部が聴ける本予告映像も解禁された。
『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』

2019年6月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:野口照夫(実写パート) 山本清史(ゲームパート)  脚本:吹原幸太
出演:アキオ:坂口健太郎 アキオの父暁:吉田鋼太郎 アキオの会社の同僚:佐久間由衣 アキオの妹:山本舞香 アキオの会社の先輩:佐藤隆太 アキオの母親:財前直見
声の出演:マイディー役(アキオのゲームキャラ):南條愛乃 あるちゃん役(ゲーム内フレンド):寿美菜子 きりんちゃん役(ゲーム内フレンド):悠木碧
原作:「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」 マイディー
配給:ギャガ
(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 (c)マイディー/スクウェア・エニックス

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」