「周りの奴らがルーツ」Taeyoung Bo
yが感じる自身の使命とは | Newave
Japan #42

音楽ルーツは心地よいメロディー

ー幼い頃に聴いて覚えている曲ってどんな曲ですか?

家族で出かけるときに車でかかっていた
ですね。親が音楽好きで家にCDがすごくいっぱいあって、
とかがよくかかってたんです。でも子供だからいやだったんですよ、その時は気持ち良くなくて。だけどその中でもLauryn Hillはすごい好きでした。
あとは家では基本朝から晩までJ-WAVEが流れてて、休日はクラシックとかも流れてましたね。

ーでは当時日本で流行ってた音楽とかはあまり聴いてなかったんですか?

学校の友達とは全然J-POPの話してましたよ。小学校の頃は
の見た目が超好きで、アルバム買って聴いてました。あとJ-WEVEのCMで使われていてた
を聴いてめちゃハマってました。それこそルーツかもしれないです、めっちゃ影響されてます。でも、遊びにくる学校の友達とかに聴かせてたんですけど、全然ハマってくれなかったですね。

Def Techのどういうところがハマるポイントだったと思いますか?

メロディーがすごい気持ちよかったんです。英語だけどカタカナで歌えるから全然意味わかってなかったんですけど、耳コピして全部歌ってました。
あと鎌倉に親戚の家があって小さい頃からよく海に連れて行ってもらってたので、海はずっと好きで。僕の名前は海から来ているんですけど、そういう海とかネイチャーな雰囲気も合ってたんだと思います。

ーサーフ系が好きだったんですか?

そうですね。
もめっちゃ好きで聴いてました。

ーメンバーとして参加されている
のMVでも鎌倉が舞台になっていましたよね。

そうですね、あれは鎌倉をロケ地にしようって僕がディレクションして撮影したんです。
ーヒップホップを聴き始めたきっかけはなんでしたか?

J-WAVEで
が流れてきたんです。『Monkey Business』が出た時で、そこからがっつりハマりました。その流れでR&Bを聴き始めて、
の輸入盤とか
が入ってるような輸入コンピレーションをよく聴いてましたね。

ー海外のものばかりでしたか?

そうですね、J-POPとかはあまり聴いていなかったと思います。俺が中学の頃って地元のやんちゃな奴は日本のヒップホップを聴いてたと思うんですけど、俺は日本にヒップホップとかラッパーがいるってことをちゃんと理解してなかったんです。J-WAVEでは
が流れてたから知ってましたけど、J-POPみたいな感じで聴いていたんでしょうね。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。