カラオケで最もカロリー消費できるの
は三浦大知「Blizzard」 DAMがTOP20
を発表

第一興商が、通信カラオケDAMに搭載の「カロリーカラオケ」で、カラオケ画面に表示される消費カロリー標準値を算出し、カロリーランキングを調査。最も消費カロリーの高い曲は、昨年12月にリリースされた三浦大知「Blizzard」となった。
2018年4月1日~2019年3月31日の1年間で通信カラオケDAMに配信した全楽曲の中から、2019年3月度のカラオケリクエストランキングトップ300を調査対象とし、消費カロリー標準値が高い上位20曲を抽出

三浦大知「Blizzard」の消費カロリーは20.2kcal。これは、体重50kgの人が自転車(16km/時未満の速さ)で約5~6分間走行したときの消費カロリー量(20kcal)に相当する(出典:CASIO高精度計算サイトkeisan)。2位は、あいみょんの「GOOD NIGHT BABY」(18.7kcal)、3位は、 RADWIMPSの「正解(18FES ver.) 」(17.3kcal)と、んだほ & ぺけたん from Fischer’sの「サヨナラまたな」(17.3kcal)となった。

夏に向けてダイエットに関心が高まるこの時期に、カラオケで消費カロリーの高い曲を思い切り歌って、楽しくダイエットにトライしてみてはいかがだろうか。

*消費カロリーデータは、歌唱条件、個人差等により変化するため、記載の数値を保証するものではありません。
消費カロリーデータ標準値とは、カロリーカラオケサービス開始時にスポーツクラブの協力を得て集計した、カラオケを歌う「声の大きさ」と 「発声している時間」と実験によるサンプルデータを掛け合わせています。
歌っている人のカロリー消費を計算して表示するもので、 歌唱時間、歌い方などで大きく左右されます。
また、算出方法の都合により、標準値には誤差が生じる場合があります。

■高消費カロリー値を出すポイント
(1)消費カロリー値が高い傾向にある曲を選ぶ。
(感情を込めて力強く歌うバラード曲、アップテンポで激しい曲、歌唱時間(発声時間)が長い曲)
(2)大きい声で歌うと消費カロリーが高くなるので、歌唱中はお腹に力を入れた腹式発声を意識する。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着