期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目

期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目

期待のガールズバンド・エルフリーデ
!平成の女の子を表す歌詞に注目

左から、星野李奈、みくる、山吹りょう、ゆーやん
エルフリーデのバンド結成秘話
──女性ロックバンドというと、敢えて女性らしさを強調するか、「女扱いしないでください!」って肩ひじを張るかのパターンが多いと思うんですが、エルフリーデはそのどちらでもなさそうですね。
星野李奈:まったく自然体ですね。だんだんこういうバンドって増えてくるんじゃないかと思いますが、エルフリーデが先導できればいいなと思っています。

──そもそもは、どういう経緯で結成されたんですか?
星野李奈:きっかけは私です。もともとサポートミュージシャンとしても活動していましたが、バンドでも売れてみたいと思っていました。そんなとき、サポートしていたバンドにいたりょうちゃんに出会ったんです。
「この子ヤバい。売れる」と思って声を掛けたら一緒にやるといってくれたので、最初はりょうちゃんの強いキャラを生かしたユニットをやろうかなと思っていたのですが、りょうちゃんはギタリストなので、弾きながら歌うのも大変かなと思ってボーカルとドラムを捕まえて、バンドにしました。
ゆーやん:捕まったのが、わたしとみくるちゃんです。
星野李奈:りょうちゃんのキャラクターと似たようなタイプでは意味がないと思って、違うタイプがいいなと思っていたんです。みくるちゃんはちょっとオトナなところもあるし、芯が強くて歌声もよかったので、りょうちゃんに紹介されて即、みくるちゃんの加入が決まりました。
そして、私と同じくサポートミュージシャンとして活動していたゆーやん。彼女は、サポートという立場なのにどのライブでもとても人気があったんです。それで、一緒にやろうって声をかけて、この形になりました。

──見事に、実力とルックスを兼ね備えたメンバーが揃ったわけですね。
星野李奈:ルックスは重視しました。性格ももちろん大事。楽器は、やっている以上弾けて当然という前提だったので、それプラスそのルックスと性格。そしてキャラクター性がかぶらないように、という考えでメンバーを構成しました。
メンバーのキャラクター
──なるほど。ではそれぞれのキャラクターを簡単に説明してください、
星野李奈:私はたぶん、真面目なんです。自分に高いハードルを設定する傾向があります。頼りにされると嬉しいですね。

──リーダーらしいリーダーですね。
星野李奈:というか、ベーシストというのがやっぱり合っているんだと思います。
みくる:“ザ・リーダー”です。本当に頼りになります。

──りょうちゃんはどんなキャラクターですか?
山吹りょう:うーん。マイペースなのかな。
星野李奈:男気あるよね。白黒はっきりしている。
みくる:ほわんとしているようでいて、しっかり自分を持っていますよね。
星野李奈:こういう見た目だし、“性格悪いんじゃないの”って勘違いされやすいんですが、単純に、本当にさっぱりした性格なんです。ストレートに、嫌なことは嫌っていうし、いいことはいいって言うし。だから、ガールズバンドには重宝される性格です。
山吹りょう:末っ子キャラです。

──あっ、末っ子なんですか?
星野李奈:このバンドの中では末っ子のポジションですね。見た目同様ですが、キャラは妹です。

──そうなんですね。では、ボーカルのみくるさんは?
みくる:普通です。
星野李奈:この答え方からわかるように、ツンデレなんです(笑)。

──自分のことをいうことに照れがあるのでは?
みくる:いえいえ、全然いいところがないんです。

──でも、李奈さんとりょうさんの紹介の時には、さっとお二人の良いところを話してくれましたよね?
星野李奈:そうなんです。みくるちゃんはすごくよく見てくれているんです。
みくる:私は周りに支えられているので。
星野李奈:でもこう見えてSっ気は強いんですよ。みくる様って呼ばれています。

──ああ、わかります。歌っているときの芯の強さに表れていると思います。
みくる:ええー? 出ていますか?
星野李奈:ボーカリストにあまりいないタイプですよね。絶妙です。

──ゆーやんさんは、どんなキャラだと自己評価していますか?
ゆーやん:どうなんでしょう? 自分ではそんなに天然キャラだとは思わないんですけど。天然って言われます。本当はしっかりした大人の女性になりたくて。
みくる:ちょっと静かにしてください(笑)。
ゆーやん:そういうふうになりたいと思っています。
山吹りょう:願望、ね。
ゆーやん:李奈が全部支えてくれているので、李奈が辛くなったときには私が支えられるような女性になりたいと思っています。李奈に頼りっぱなしなところがあるから。
星野李奈:ゆーやんはストイックなんです。頑固なくらいに。“もうお酒は飲みません”って宣言をしたら、それまで毎日飲んでいたのに、本当に1年間1滴も飲みませんでした。
ワイワイ楽しいのも大好きだし楽観的に生きてきたタイプなんですが、自分の中で何か1個目標を作ったら徹底してやりきるという、メリハリがとても強いタイプです。
山吹りょう:だけど天然でオバカ(笑)。
星野李奈:やばいんですよ。ゆーやんのエピソードは本当に尽きません。
みくる:“嘘でしょ?” ってことがよく起きるんです。
星野李奈:停めておいた自分たちの機材車を、スタッフの方が気を遣って移動させてくださったんですが、ゆーやんは元の場所にあった全く別の車に平気で乗り込もうとしていました。
山吹りょう:明らかに違う車なんですが。
みくる:そうそうそう。「なんか違うと思ったんだよね」とか言いながら戻ってきました。違うと思ったら乗っちゃダメ!
星野李奈:言い間違いや聞き間違いも半端なく多いんです。伝わっていると思ったら全く伝わっていないことがよくありますね。

──聞いているようで、聞いていないのかしら。
星野李奈:だからライブのMCも、ゆーやんの分は台本を作っています。それを読むんですが、それがまたたどたどしくて……。
山吹りょう:そうやって抜けているところもありそうなんですけど、ひとりで海外にも行っちゃうんです。
みくる:何だっけ、外国で、すごく基本的な単語が分からなかったんだよね?
ゆーやん:Todayがわからなくて……。
みくる:「2日」、Two Dayだと思ったんでしょ?

──それでもちゃんと帰って来られましたね。
ゆーやん:ネットもつながらない状態で、英語も全くわからないのに。
山吹りょう:それがすごい。
星野李奈:生命力が強いんですよね。ゆーやんが、ある意味バンド内の緩衝材になってくれていますね。私も真面目過ぎてキリキリしてしまう時があるし、りょうも猫みたいだし。そんなときにゆーやんがボケをしてくれて、和みます。

音楽の道を目指そうと思ったきっかけ
──4人のキャラクターがまさに素晴らしいアンサンブルになっていますね。それぞれ、なぜ音楽の道を目指そうと思ったのか、過去の音楽体験を教えていただけますか?
星野李奈:私は中学の時から音楽を始めて、クラリネットを吹いていました。そのままオーケストラに進んで、高校に入ってからギターを弾くようになりました。それから作曲をするようになったんですが、当時はもうDTMが流行り始めていたので打ち込みを自分の生音でレコーディングしたいと思ってベースを買いに行きました。
そこで、出会った30万ぐらいのベースがどうしても欲しくなって、成人式の振袖用に貯めていたお金を遣っちゃったんです。そんな高いものを買ったのなら練習しなきゃと思って専門学校の申し込みをして、そこからベース一本でやっています。

──親御さんも、びっくりされたでしょうね。
星野李奈:親孝行のために振袖着ようとお金を貯めていたのに、それがベースになり、結局成人式にも出ずに……。でもそれで決意が固まって、この道で行くんだと決められました。卒業後はサポートミュージシャンを目指しつつ、赤坂にある生演奏が聴けるお店でベースを弾いていました。

──小さい頃はどんな音楽が好きでしたか?
星野李奈:小さい頃はそんなに聴いていませんでしたね。クラリネットが音楽の入り口です。当時、バンドを組むのがブームで同級生も何人かバンドやっていたんです。そこからポップスをやって、ジャズフュージョンをやって、またポップスに戻ってきました。

──りょうさんはどうですか。
山吹りょう:お父さんが自分のギターをやっていたので、その流れで音楽を始めました。お父さんはCharが好きだったんですが、私もかっこいいなと思って聴き始めて、いつのまにかギターを始めていました。
他には、いきものがかりが好きでしたね。歌ものが好きでした。アニソンも好きです。

──ギターはお父さんから習ったんですか?
山吹りょう:違います。お父さんは教えてくれませんでした。自分でギター教室に習いに行きました。

──最初にギターを持ったのは何歳くらいですか?
山吹りょう:いつの間にか、という感じですね。物心ついたころからお父さんのギターを触っていたので。自分のギターを持ったのは、小学生のときかな。子供用のギターをもらいました。

──そこからギターひと筋?
山吹りょう:いえ、管楽器もやっていたし、いろいろな楽器を経験しました。ドラムもやっていたんですよ。でも結局、ギターに戻りましたね。

──みくるさんは、小さい頃にはどんな音楽が好きでしたか?
みくる:生まれたときから、いえ、お母さんのお腹にいるときから歌っていたので。
星野李奈:何のジャンルを歌っていたのかな?
みくる:真面目な話になりますけど、もう亡くなったおじいちゃんが、私が小さい頃からマイクを持たせてくれていたんです。テレビの音楽番組で流れた曲をすぐ覚えて歌うと褒められて、それがすごく嬉しくて。物心ついたときからずっと、夢は歌手でした。
最初は浜崎あゆみさんが好きで、ずっとあゆになりたいと思っていました。そこからいろいろな音楽を聴くようになって、バンドのボーカリストになりたいと思うようになりました。

──初めてバンドを組んだのはいつ頃ですか?
みくる:高校生のときですね。そこからいろんなバンド組んで、今に至ります。

──では、ゆーやんさんは?
ゆーやん:私はおばあちゃん子だったんです。おばあちゃんが演歌好きで、よく石川さゆりさんや都はるみさんなどを聴いていました。私は『1円玉の旅がらす』という曲が好きで、よく歌っていました。

──そこから何故ドラムに?
ゆーやん:マキシマム ザ ホルモンが好きなんです。女性ドラマーがすごく上手で歌も上手くてMCも良くて。こういうバンド組みたいなと思っていたんですが、マキシマム ザ ホルモンが難しすぎて、そこで1回ドラムも諦めたんですが、いつの間にかまた真剣に取り組むようになりました。
星野李奈:ゆーやんと私は専門学校が一緒なんです。1回諦めた時期も知っているのでもったいないなって思っていました。でも、ひとつ決めたら真剣に向き合う人だって知っていたから、エルフリーデでまた真剣に取り組んでくれたらと思って声を掛けました。
エルフリーデの魅力を出した『real-Ize』

──さて、4月24日にはついにメジャーデビューとなる1st full album『real-Ize』がリリースになりますね。
星野李奈:今のエルフリーデの魅力を全部出しています!
山吹りょう:それに加えて、新しいことにもチャレンジしています。結構バラエティ豊かな仕上がりになったと思います。ポップな曲もあり、ラウドなものもあり。
星野李奈:たとえば『MONSTER』とか『PASSION』、『FATE』などはライブでも映えるし、『Starlight』とか『エンドロール』は、楽曲として聴いても世界観を楽しんでもらえると思います。
山吹りょう:音源としても楽しめるし、ライブに来てわかる雰囲気や感じられるものがあると思います。その差を楽しんでもらいたいと思います。
星野李奈:それを歌い分けるナマのみくるちゃんを観てください。
みくる:ライブのときにはみんなテンションが上がっているので、普段と違う一面も出せると思います。
星野李奈:アー写のイメージをカラフルにしたんですが、楽曲もいろんな彩りがあります。ジャケットは『Starlight』、『Vibration』のMV監督さんがデザインしてくれました。鳥なんですが、今まで使ってきたモチーフが組み込まれていて、カラフルで個性が強いエルフリーデをジャケットでも表現しています。
──これを見ているだけでもイメージを掻き立てられます。国境も超えていきそうな感じ。
山吹りょう:確かに海外の方は反応が早いですね。YouTubeチャンネル登録も、外国の方がとても多いんです。音楽で海外に出ていきたいですね。
星野李奈:英語勉強しないとなあ。
ゆーやん:私、英語喋れなくても海外に行けるから(笑)!

──ところで、今回のアルバム『real-Ize』の中での歌詞の押しポイントがあったら教えてください。
星野李奈::『Vibration』には、今の女の子の文化を表す“インスタ”等の単語がちりばめられています。

──“www”など、読めるか読めないかで世代が分かりますね。
山吹りょう:どうしよう、これ30年後に「古~ッ」とか言われたら。
星野李奈:その時代だなっていうのが分かればいいの。
山吹りょう:うん。時代だよね。
星野李奈:いまどきのフレーズを入れている、ということで。
山吹りょう:『real-Ize』は全体的に前向きな歌詞が多いんです。一歩一歩夢を実現させて未来に向かっていくイメージを、このアルバム全体から感じてもらえたら嬉しいです。
エルフリーデ 1st full album 「real-Ize」Music Trailer

TEXT 宮本ゆみ子
PHOTO 愛香
プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン色紙をUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
5/6 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen