レイプ被害を訴える女性、官僚の自殺
、そして「官邸からの圧力」 松坂桃
李×シム・ウンギョンW主演『新聞記
者』予告編を解禁

6月28日公開の映画『新聞記者』から予告編とポスタービジュアルが解禁された。
ポスタービジュアル (C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
映画『新聞記者』は、東京新聞の記者・望月衣塑子氏の著書『新聞記者』(角川新書)を原案とした作品。「国家権力と報道メディア」をテーマに、政権がひた隠そうとする“闇”に迫ろうとする女性記者と、理想に燃えて公務員の道を選んだ若手エリート官僚の対峙・葛藤を、オリジナルストーリーで描く。本作では、東都新聞記者・吉岡を『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』のシム・ウンギョンが、内閣情報調査室の官僚・杉原を『娼年』『孤狼の血』の松坂桃李が演じ、W主演。山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』の藤井道人監督がメガホンをとっている。

解禁された予告は、「また官邸からの圧力?」といった会話がとびかう新聞社内、そして、若き官僚が「これも国を守る大事な仕事だ」と上司に不本意な命令を下される内閣情報調査室のシーンからスタート。さらに、レイプ被害を訴える女性の会見や、官僚の自殺など、現在の日本を彷彿とさせる場面が多数収められている。若き新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)、異なる立場のふたりは、“権力”にどう対峙するのか。そのほか、本田翼、岡山天音、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司らの姿や、バックに流れるBRAHMANのTOSHI-LOWがフロントマンをつとめるOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)による主題歌「Where have you gone」にも注目だ。
前売特典
なお、4月26日から、本作の前売券(ムビチケカード)の販売もスタート。特典はシム・ウンギョン演じる新聞記者と松坂桃李演じる若き官僚の2ショットと、それぞれの1ショットが写った特製ポストカード(3枚組/数量限定)。
『新聞記者』は6月28日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。