MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~
春組公演、初日ゲネプロと記者会見
 キーワードは「春組らしさ」

令和への幕開けが迫った2019年4月25日、改元よりも一足早く MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~(エーステ) の幕が上がった。イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』を原作とする本作。2018年6月の春組夏組の公演(MANKAI STAGE『A3!』SPRING & SUMMER 2018)、2019年1月に秋組冬組の公演(MANKAI STAGE『A3!』AUTUMN & WINTER 2019)を経て、今回で3作目、春組の単独公演となる。
一部は「不思議の国のアリス」を題材としてMANKAIカンパニー春組用に皆木 綴(前川優希)が脚本を書いた「不思議の国の青年アリス」で、主演は碓氷真澄(牧島 輝)、準主演は茅ヶ崎 至(立石俊樹)。カントクに一途な真澄は、より好かれたいと雪白 東(上田堪大)と迫田ケン(田内季宇)が話していた大人の五箇条をひっそりと心に刻み、次の公演のための稽古に励む。そんな真澄の変化に春組メンバーは違和感がぬぐえない様子。稽古は順調かと思えたが……。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
原案が児童小説なので、ステージもポップでかわいらしい。衣装は瑠璃川 幸(宮崎 湧)のデザイン、制作によるもの。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
休憩を挟んで二部の公演タイトルは「ぜんまい仕掛けのココロ」。主演は綴、準主演はシトロン(古谷大和)に決まったが、脚本が書けたのになんだか浮かない顔の綴。結末を書き直そうとするが、なかなか完成しない。その理由は綴の過去に関係があるようで……。部の前半は公演に向けて稽古を積むストーリー、後半は劇中劇が繰り広げられる構成だ。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
摂津万里(水江健太)、月岡 紬(荒牧慶彦)、佐久間咲也(横田龍儀)が出席するリーダー会議、古市左京(藤田 玲)がMANKAIカンパニーに所属するようになって以前とは少し印象が変わっている面、そして相変わらずな支配人・松川伊助(田口 涼)にも注目したい。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
ゲネプロ前の囲み会見 「春組をさらに愛してもらえるように」
佐久間咲也役 横田龍儀:
今日から初日が始まるということで、初めての単独公演です。俺たちが始まりの季節です。それをみなさんにしっかり届けられるように、そして春組を更に愛してもらえるように精一杯頑張っていきたいと思います。
碓氷真澄役 牧島 輝:
春は全ての季節の始まりということで、この春組の単独公演が成功することが他の季節にとっても影響を与えると思います。それに関してはすごくプレッシャーもありますが、春組のメンバーも仲良くて楽しいメンバーだし、チーム一丸となってこの舞台を成功することにかけています。お客様には期待を持って見に来て頂きたいです。
皆木 綴役 前川優希:
「SPRING & SUMMER 2018」でエーステの幕が上がり、初日の一番最初に僕らが第1幕で舞台上に出るときは緊張や怖さがありました。今、これから単独公演が始まりますが不安はあまりありません。もちろん作品のすばらしさもありますが、春組を始めMANKAIカンパニー全員、このカンパニーだからこそ面白いものができるという自負のもと初日を迎えようとしています。楽しみという気持ちが強いです。皆様にもこの気持ちを共有して楽しんで頂けたら幸いです。
茅ヶ崎 至役 立石俊樹:
春組単独公演が決まったときから、純粋に不安よりも楽しみの方が大きかったです。秋冬公演に僕と綴が出ていて、その時から「次は僕たちの番だ」って思っていました。僕も春夏公演の時は怖さがありましたが、今回は仲間を信じているし、自分もやるべきことをしっかり果たすということで「楽しむ」ことにフォーカスできたなと思って、稽古期間を過ごせました。幕が上がるのも楽しみですし、早く監督さんの前に立って、早くみなさんの笑顔が見たいなという気持ちです。
シトロン役 古谷大和:
いよいよ今日初日を迎えられるんだなと思っています。どうですか?(隣の前川に話を振る)
前川:なんで!? あなたのコメントでしょ!
一同:(笑)
古谷:本当に待ちに待ったという気持ちでいっぱいです。でもまだ完成していないと思っています。カントクさんが劇場にいらして、僕たちを支えてくれて、見守ってくれてようやく完成する作品なので、お客様には期待を持って楽しみながら最後まで見守っていただけたらいいなと思っています。
水野 茅役 笹森裕貴:
劇団の方たちの団結力を外から見ていました。すごく素敵な、キラキラ光るものがみなさんから発せられていて。僕も必死でしがみつくような思いで稽古に挑みました。劇団員以外の人間がフォーカスされるような話はあまりないと思うので、見どころではあると思います。綴くんとの関係性をしっかりと僕なりの水野茅で伝えていければと思っております。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
ーー本公演の見どころは?
横田:春夏、秋冬と2組が一つの舞台を作っていましたが、今回は春組だけでやるのでまた違った楽しみができるなと思っています。1幕で言えば「不思議の国の青年アリス」で真澄くんが主演、至さんが準主演。2幕では「ぜんまい仕掛けのココロ」で綴くんが主演のシトロンさんが準主演。1幕2幕で色がガラッと変わるので、そこもひとつの舞台なのに二度楽しめるっていうところもありますし、衣装も本当に可愛いです。お話も水野と綴くんの関係性もすごく感動できる部分がたくさんあるので、笑いあり涙ありの超大作です! 「A3!」を観たいことない方でも絶対に楽しめる作品だと思っておりますので、ぜひ楽しみにしていただきたいなと思っています。
ーーこれから観劇する方に「キーワード」をお願いします。
牧島:1幕と2幕で同じ春組なのにガラッと色が違って。でも共通して言えるのは人とのつながりとか友情とか。キーワードは一緒なのに色やアプローチが全然違うのはすごく面白いなと僕は思います。
立石:そうです、それです!
横田:あと全体通して言えるのは、今回は「春組らしさ」について触れているのでそういうところがキーワードなのかなと思います。
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2019
ーー水野さんから見て春組はどのような感じですか?
水野:キャラクターや役者さんの方々の個性が、こういう風で(ジェスチャーで表現)……。
立石:(音声では)伝わらないね?
水野:あの、役者さんの個性がいろんな方面にあるんです! それが良い面でもあり、ひとつにまとまったときにどういう変化があるのかっていうところが、僕は見ててすごく楽しいところです。素敵な方々です!
ーー記者の方々、質問がありましたら挙手をお願いします。
古谷:はい、今朝食べたものはー?
前川:ちょっと……!
横田:あはは!
前回の春組公演よりキャストの仲も深まった様子。誰かが応えているときには真剣に話を聞きながらうんうんと頷いたり、古谷のボケにツッコむ前川、牧島、立石、そしてそんなメンバーのやりとりにずっと笑顔が絶えない横田などその様子は公演内容同様で、より春組のキャラクターらしさやカンパニーの信頼をひとつひとつ積み重ねていることが伺えた記者会見であった。
MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~は6月2日(日)まで東京、大阪、新潟にて公演。
取材・文・写真:松本裕美

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着