BBCラジオ1、マドンナの新曲を流さな
いと決断でまたもや波紋

Photo by Steven Klein

英国公共放送BBCの数あるラジオ局の1つでメイン的存在のBBC Radio 1が、マドンナの新曲「Medellin」を同局のプレイリストに加えないと決断し、物議をかもしている。
BBC Radio 1は30歳以下の人たちをターゲットとしており、同局のスポークスマンは、プレイリストは「リスナーが流れると期待しているものに基いており、ほかに基準は設けていない」と『The Sun』紙にコメントしたそうだが、「マドンナが60歳だからでは?」「若い人はマドンナを聴かないというのか?」など波紋を呼んだ。「Medellin」では25歳のコロンビアのシンガー、マルーマをフィーチャーしている。

BBC Radio 1は2015年、マドンナのシングル「Living For Love」もプレイリストに加えず、同局のスタッフがマドンナは「年寄り」「興味なし」と話したと『Daily Mail』紙が報道したことから、今回より大きな物議をかもしていた。

BBC全体の決断ではなく、ターゲットとする世代がより高めのBBC Radio 2は、ジャンル的には同局のテイストとは異なるものの、「Medellin」をプレイリストに加えている。

マドンナは、ニュー・アルバム『Madame X』(6月発売)からの1stシングルとなる「Medellin」を4月17日にリリース。今週、ミュージック・ビデオが公開された。
マドンナとマルーマは5月1日、米ラスベガスで開かれる<ビルボード・ミュージック・アワーズ>で同曲をライブ・パフォーマンスする予定。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。