ブルース・スプリングスティーン、5
年ぶり新作リリース「宝石箱のような
アルバム」

ブルース・スプリングスティーンのニュー・アルバム『ウェスタン・スターズ』が6月14日に発売されることが決定した。2014年の『ハイ・ホープス』以来およそ5年ぶり、通算19作目となるオリジナル・アルバムだ。
同新作には、書き下ろしの新曲計13曲を収録。1960年代終わりから70年代初めにかけてのサザン・カリフォルニア・ポップ・レコードにインスパイアされた作品で、ハイウェイと荒涼とした空間、孤立感とコミュニティ、家庭や希望の不変性といったアメリカ的なテーマを広く網羅した内容になっているそうだ。ニュージャージーにあるスプリングスティーンの自宅スタジオで主に録音され、追加録音はカリフォルニアとニューヨークで行なわれたという。
『ハイ・ホープス』に続いてロン・アニエロが共同プロデューサーを務め、ベースやキーボードも担当。ジョン・ブライオン(celesta,moog,Farfisa organ)をはじめ20人以上のミュージシャンが参加しており、ゲストとして元Eストリート・バンドのデヴィッド・サンシャスや、現Eストリート・バンドのパティ・スキャルファ、チャーリー・ジョルダーノ、スージー・タイレルらも名を連ねている。ミキシングはトム・エルムハーストが手がけた。

スプリングスティーンは今作について「キャラクター主導型の曲と、広がりのあるシネマチックなオーケストラのアレンジを特徴としていた僕のソロ作品への回帰」としながら、「宝石箱のようなアルバムなんだ」と語っている。

この発表に合わせて、第一弾シングル「ハロー・サンシャイン」がリリースされた。YouTubeでは同曲のリリック・ビデオも公開されている。
ニュー・アルバム『ウェスタン・スターズ』|『Western Stars』

2019年6月14日(金)発売予定
■CD:SICP6183 ¥2,400+税
■LP:SIJP86~7 ¥5,800+税(2枚組 輸入盤国内仕様 限定カラーヴァイナル)
※日本盤:解説・歌詞・対訳付
収録曲
1. Hitch Hikin’ / ヒッチ・ハイキン
2. The Wayfarer/ ザ・ウェイフェアラー
3. Tucson Train/ツーソン・トレイン
4. Western Stars/ウェスタン・スターズ
5. Sleepy Joe’s Café/スリーピー・ジョーズ・カフェ
6. Drive Fast (The Stuntman) /ドライヴ・ファスト(ザ・スタントマン)
7. Chasin’ Wild Horses/チェイシン・ワイルド・ホーセズ
8. Sundown/サンダウン
9. Somewhere North of Nashville / サムウェア・ノース・オブ・ナッシュヴィル
10. Stones/ストーンズ
11. There Goes My Miracle/ゼア・ゴーズ・マイ・ミラクル
12. Hello Sunshine/ハロー・サンシャイン
13. Moonlight Motel/ムーンライト・モーテル

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」