KANDYTOWN、今秋3年ぶりAL発売+東阪
Zeppツアー開催

ラッパー、DJ、トラックメイカー、アートディレクターなど総勢16名が所属するヒップホップ・クルーKANDYTOWNが、2019年秋におよそ3年ぶりとなる2ndアルバムをワーナーミュージック・ジャパンよりリリースすることを発表した。

同内容は、本日渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されたワンマンライブ<LOCAL CONNECTION>にて明らかにされた。また、アルバムを引っ提げ東京・大阪でZeppツアーを開催する。東京会場はZepp TOKYO、大阪会場はZepp OSAKA Baysideを予定している。チケット等の詳細は後日発表予定だ。
そして、本日22時からはHARLEMにて、SOLD OUTとなったこのワンマンライブのAFTER PARTYとして<KANDYTOWN "LOCAL CONNECTION" AFTER PARTY>が開催される。ライブを終えたメンバーも全員来場予定のこのパーティーには<LOCAL CONNECTION>のチケット半券持参で¥2,000(1DRINK)で入場できるとのこと。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。