【本日更新】オススメJ-Indieプレイ
リスト『DIG UP! - J-Indie -』MONJ
U N CHIE、YUNOSY、YODAKEEなど|5月
2週目

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアー
ティスト

3’s THEMA / MONJU N CHIE

<下北沢サイファー>を主催するオトウト、そこで出会ったKTY、ビートメイクとメロディを担うカルロスまーちゃんによる2MC & 1ボーカルのラップ・ユニット、
が2019年4月17日にリリースした2ndシングルの「3’s THEMA」。本楽曲は、トラックメイカー、プロデューサーとして知られている
がトラックメイキングを担当しており、ソウルフルなサウンドが印象的です。

MONJU N CHIEインタビュー記事はこちら

STAY AWAY FROM ME / YUNOSY

YUNOSYが平成最後の2019年4月30日に配信リリースした「STAY AWAY FROM ME」。本楽曲は、YUNOSY初のリリース音源で、山口出身のボーカリスト723(ナツミ)をフィーチャした楽曲です。YUNOSYは福岡を拠点に活動する20歳のトラックメイカーで、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREらのサウンドプロデュースを手がける松隈ケンタ氏(SCRAMBLES)が発足させた九州・沖縄在住アーティスト限定の配信レーベル〈scramble edge〉からの第4弾アーティストです。

I.F.S.G / YODAKEE

Vo.のチャダイを中心に結成されたメンバーの人数や詳細は”謎”のプロジェクト
が2019年4月27日にリリースした新曲「I.F.S.G」。キャッチーで疾走感のあるメロディーが印象的なダンスチューンです。今までに、
のトラックメイカーである
のMC・
など豪華アーティスト達とコラボしてきた
。今後の飛躍にも期待大です。

#Slaysian / BananaLemon

世界中を中毒にする、東京発ガールズ・スクワッド
が2019年4月26日にリリースした新曲「#Slaysian」。Lowのきいたトラップビートと「カッコいい」「イケてる」という意味の俗語「slay」に、アジア人の「asian」を掛け合わせた造語が印象的な1曲です。昨年2018年のメンバーの脱退を受けて3人組となって間もない中、今年に入って元
が新たに加入。新たに4人体制となった彼女らの動向にも目が離せません。

Marching / MASH BROWN

2019年5月にMASH BROWNの2nd mini album『ADDICT』が各種ストリーミングサービスでも配信開始され、収録曲から「Marching」をピックアップ。洋ポップスに影響を受けた音楽性にジャズやカントリーの要素を織り込んだ彼らのスタイルが際立つ1曲です。今年で結成2周年を迎える彼らは2019年7月21日に大阪・福島の2ndLINEにて<「Banquet!!」 〜MASH BROWNの2周年祝ってくだ祭〜>の開催が決定しています。

その他、注目のリリースは、mappajimmyhatPororocaEASTOKLABなどがラインナップされています。

第2,4月曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。