5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂

5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂

M!LK、
全国5都市を回ったツアーが終幕
&ニューシングルの発売を発表

2018年8月に新メンバー3人を迎えて7人組となったヴォーカル&ダンスユニットのM!LKが、新体制となって初の全国ツアー『M!LK SPRING TOUR 2019“Treasure Treasure”』を開催。その最終公演を5月12日に東京・昭和女子大学人見記念講堂で行なった。

平成から令和へと時代を跨いで全国5都市を回った本ツアーは、2月に発売された2ndアルバム『Time Capsule』をフィーチャーしながら、過剰な演出もなく純粋に楽曲を披露するシンプルな構成で、平均年齢17.8歳の男子らしい等身大の姿を提示。そこにパフォーマーとしての確かな進化と、アルバム1枚を通して訴えた未来に対する覚悟のメッセージを伝えた上に、ニューシングルのリリース&ツアーも発表して、集まった2,000人のみ!るきーず(M!LKファンの呼称)と共に希望に満ちた新時代の幕開けを飾ってみせた。

令和初のステージとなった東京公演2デイズの2日目。ステージを彩るカラフルなフラッグガーランドの下、メンバーカラーに瞬く7つのカプセルに映像上の7人が吸い込まれると、代わりにそれぞれのイメージカラーのラメジャケットをまとったメンバーがカプセル上に現れる。思わず背筋が伸びるような堂々たる登場シーンから始まったのは、新体制となっての1stシングル「Over The Storm」。板垣瑞生の“OK!”の号令も勇ましく、新たなスタートへの決意を刻んだ楽曲をしっかりと歌い上げ、ツアーファイナルを力強く幕開ける。

さらに“ツアーファイナル、盛り上がっていくぞ!”という曽野舜太の号令で7人が一斉にステージへとジャンプして、フレッシュかつ万人の胸を打つ応援歌「Feel Alive」へとつなげば、客席は揺れる7色のペンライトでいっぱいに。続いて“春ツアーに合わせてこの曲を選びました。僕たちも大好きな曲です”と塩崎太智が伝えての「桜咲く頃には」では、7人で肩を組み、宮世琉弥も“今日は僕たちとみ!るきーずの皆さんで楽しい想いでたくさん作りましょう!”と客席に呼びかける。勢い任せではなく、爽やかなナンバーを並べたオープニングは、新しい道のりを誰一人置いていくことなく、み!るきーずと共に歩いてゆこうという彼らの気持ちの表れのようだ。

実際、新体制となって以降の彼らの進歩は目覚ましく、おなじみの楽曲もさらなるバージョンアップを果たして、佐野勇斗が“この曲は僕たち7人の未来への想いが詰まっています”と告げた「Brave Saga」は持ち前の躍動感が一段とアップ。人気シングル「テルネロファイター」も、7人の情熱的なパフォーマンスにより“可愛い”から“カッコいい”へと生まれ変わって、歌詞の通り“どでかい牛になる”という夢を着実に叶えつつあることをうかがわせる。

密林を進む映像に続き、回転したカプセルの中から7人が現れての「ジャングリズム」では、ソロダンスチャレンジ”なる新コーナーが盛り込まれ、リーダーの吉田仁人が黒のハットでセクシーに迫ったり、曽野はエアサッカーをしたりと、それぞれに個性的なソロダンスを展開。野生動物の鳴き声を模したコール&レスポンスが特徴の飛び道具曲を、タフなダンスチューンへと見事に変えてみせる。

さらに、野心をアグレッシヴに叩きつけるユーロビートで宙返る塩崎を筆頭に、アクロバティックに魅せる「上昇思考クライマー」から一転、和気あいあいと笑顔でじゃれ合った「ハロー!」後のMCでは、M!LKの持ち味であるフレンドリーな人懐っこさを存分にアピール。6月に発売される新体制初の写真集を撮影した香港での思い出話に花が咲き、山中柔太朗が同室だった板垣の面倒を甲斐甲斐しく見ていた等の秘話を公開する。

“Treasure Post”なるコーナーでは、来場したみ!るきーずたちからの質問に一人ひとり答え、“麺は好きですか?”という質問に宮世が“みんなが好きな麺は? イケメンだろうが!”とボケる場面も(笑)。肩の力の抜けたラフなトークで客席を和ませてくれるのもM!LKライブの楽しいところだ。

また、人見記念講堂という都内でも屈指の音響の良さを誇る会場で、特に際立ったのが歌唱力の向上。“ちょっと照れくさいような恥ずかしいような、男子の恋愛の曲です”と吉田が曲紹介した「交差点、信号、君と僕」では、ステージ前方のお立ち台に腰掛け、失った恋へのピュアな想いをノスタルジックな曲調に乗せて歌い上げる。

また、「It’s only LOVE」では一歩踏み込んだ大人の恋愛をモチーフに、切ない世界観をドラマティックに描出。高い天井に7人の純度の高い歌声と、美しいハーモニーが清らかに響きわたった。俳優としても幅広く活躍する彼らだけに、歌に注力したラブソングで豊かな表現力が発揮されるのは納得だが、そんな楽曲がアルバムに収録されているということ自体、彼らの成長を現在進行形で感じさせてくれる。

そして後半戦は、み!るきーずたちのコールが会場を揺らすアッパーチューンをメドレーで畳みかけて、エネルギッシュに幕開け。まず、M!LKの代表曲でありデビュー曲「コーヒーが飲めません」で、佐野のハンドスプリングによる跳躍が客席を沸かせると、それぞれにお立ち台からタオルを振る「サンキュー!N・D・K!」でハイテンションに盛り上げ、3rdシングルの「新学期アラカルト」へ。リリースから3年を経た常連曲だけに、み!るきーずたちとのコール&レスポンスも息ピッタリで、その掛け声の大きさは鼓膜を突き破らんばかりだ。さらに「めちゃモル」では曲中の自己紹介にアレンジを加えて、“変幻自在に変わりまぅす!”というキメ台詞を体現。しかし、中高生のリアルな学校生活から彼女との将来を考える大人の恋愛楽曲まで、驚異的な振り幅で歌いこなすM!LKという存在自体が、まさしく変幻自在なのである。

アッパーかつエネルギー消費の半端ないナンバーを新旧織り交ぜたメドレーに、7人は“このメドレーすごいね!”と漏らしながらも、その顔には充実感が。吉田から“みんなの中で好きなMVは?”というお題が出されると、メンバーそれぞれ曲名を挙げて思い出を語り、「約束」の撮影では塩崎が熱演のあまり自転車で転倒した等の裏話も披露された。

そして“僕たちの将来の目標だったり、願いだったり、僕たちとみ!るきーずの未来を綴った曲です。僕たちからのメッセージです”と山中が前置いて、贈られたのは「Around The World」。ミラーボールの眩い光の中、場内からのクラップを受けて放たれるたくましい歌声とコーラスは壮大な響きを為して、この先もみ!るきーずと共に歩いていくことを約束する。

最後は「Goin’Down」で“君”への愛をスタイリッシュなダンスと爽快なヴォーカルで誓い、再びカプセルの中へと7人は消えていった。ここでの“君”がみ!るきーずの一人ひとりを指すことに疑いの余地はない。

そんな彼らをM!LKというグループ名にちなみ、アンコールならぬ“もう一杯!”コールでみ!るきーずたちが再び呼び寄せると、7月17日にシングル「かすかに、君だった。」をリリースすること。さらに、それを引っ提げて7月にリリースツアー&9月に大阪、福岡、東京、愛知を回るZeppツアーを行なうことが告知されて、客席からは歓喜の声が湧き上がる。今までのM!LKには無かったセンシティブなムードのタイトルを冠した新曲が、果たしてどんなものになるのか? さまざまに想像を膨らませて心待ちにしたい。

パフォーマンス面での著しい向上が目立った本ツアーだったが、その源にあったのは心の成長であったことを実感したのは、続いてツアーの感想をそれぞれに述べたMC。“7人の団結力というものが進化した”(塩崎)、“いろんな変化があって苦しい想いをした人もいただろうけど、そんな人たちからも“7人になって良かったな”っていう気持ちを感じられて今後が楽しみになった”(板垣)と、結成時からのメンバーは“楽しさ”を追求していた以前では考えられないほど真剣なグループへの想いを表明。

また、新メンバーも“僕たちの決意が伝わればいいなと思います”(宮世)、“初めてのツアーで不安のほうが多くて。だけど4人が支えてくれて、3人で支え合ってここまで来ました。素敵なツアーでした”(山中)と、このツアーに賭けていた覚悟の大きさを吐露する。

中でも曽野は“Treasure=宝物”をテーマにしたアルバムとツアーに想いを馳せ、“ここまでの積み重ねが宝物やったんやないかなって。最初は会議でも意見を言えなくて、一歩引いて見てる部分があったんですけど、今はメンバーとして意見を言ってぶつかれる。ここまで過ごした時間が宝物でした”と優しい笑顔で言い切って、メンバーの涙腺をゆるませた。そんな彼らにリーダーの吉田は“僕、最年長じゃないんだけど、みんなが可愛くてしょうがない! みんなの中にM!LK愛というものがあるのが嬉しいし、僕も自分の中のM!LK愛を再確認させられた。もっと成長をしたいし、大きな景色を見たい”と感激。メンバー加入という、ある意味での試練を乗り越えたぶんだけ、今のM!LKは強いのだ。

そして始まったのは、アルバムのリード曲であり、ここまでの彼らの葛藤と未来への希望を描いた「My Treasure」。本編ラストのMCで“M!LKって僕ら自身の成長期を追ってるから、毎回“好き”が更新されていくんです”と吉田が挙げていた彼自身のベストソングだが、その言葉通りポップな中にも熱い決意を感じさせて、大きな感動を場内に呼ぶ。

しかし、ここで大団円とはいかないのがM!LK。“最後の曲はアルバムのトリを飾るアノ曲です!”とライブを締め括ったのは「愛と合図」で、メンバー同士ハグしたり、頭をなでたり、おんぶしたり。可愛らしい仕草とユルいムードで、曲のストーリーに対するさまざまな想像を掻き立てる。

曲中では“み!るきーずのみんな、いつも支えてくれて本当にありがとう”という佐野の台詞から、全員で“大好きだよ”と感謝を表明。7月のニューシングル、そしてリーダー曰く“今までに見せてこなかった、最近見せてなかった特別なM!LKを見せたい。“リフレッシュですから!””という9月のツアー『“Summer Re:fresh”~かすかに、君だった。~』では、また我々の知らなかったM!LKが目撃できるに違いない。
photo by 笹森健一、小坂茂雄
text by 清水素子

【セットリスト】
1.Over The Storm
2.Feel Alive
3.桜咲く頃には
4.Brave Saga
5.テルネロファイター
6.ジャングリズム
7.上昇思考クライマー
8.ハロー
9.交差点、信号、君と僕
10.It’s only LOVE
11.コーヒーが飲めません
12.サンキュー!N・D・K!
13.新学期アラカルト
14.めちゃモル
15.Around The World
16.Goin’Down
<ENCORE>
1. My Treasure
2. 愛と合図

■「かすかに、君だった。」特設ホームページ
http://milk-sp.com/
シングル「かすかに、君だった。」2019年7月17日(水)発売
    • 【TYPE-A】
    • ZXRC-1204/¥1000(税込)
    • 【TYPE-B】
    • ZXRC-1205/¥1000(税込)
    • 【TYPE-C】
    • ZXRC-1206/¥1000(税込)
    •  
    • ※各TYPEトレカ8種類ランダム封入全24種

【ライブ・イベント情報】

■リリースイベント情報
7月07日(日) 福岡某所
7月13日(土) 広島某所
7月14日(日) 愛知某所
7月17日(水) 東京某所
7月20日(土) 大阪某所
7月21日(日) 東京某所
※日程、場所は急遽変更になる可能性もございます。
※開催会場は追って解禁致します。

■『M!LK LIVE TOUR 2019 "Summer Re:fresh"〜かすかに、君だった。〜』
9月07日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月16日(月・祝) 福岡・Zepp Fukuoka
9月21日(土) 東京・Zepp Tokyo
[1部] 開場13:00 / 開演14:00
[2部] 開場17:30 / 開演18:30
9月28日(土) 愛知・Zepp Nagoya
<チケット>
1F全自由¥6,500(税込)
2Fファミリー席¥6,500(税込)
2F指定席¥6,500(税込)
※各公演入場時別途ドリンク代¥500必要
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。
※1F全自由の場合、未就学児のご入場はお断りをさせて頂きます。
未就学児の方と一緒にご入場希望の方は2F指定席、もしくはファミリー席をご購入ください。
※1F全自由の方は整理番号順でのご入場となります。

5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日@東京・昭和女子大学人見記念講堂

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着