本場のカレーと焼きたてナンがお腹を
満たす「インド料理 ムンバイ」|フ
ェス飯名店巡り

フェス飯として人気の高いメニューであるカレー。その中でも国内の様々なフェス会場に出店し、本場のシェフが作るインドカレーと焼きたてのナンを提供しているのが「インド料理 ムンバイ」。これまでに会場で目にしたことのある方、実際にこちらのカレーを食べたことのある方も多いのではないでしょうか?

そこで数々な会場を経験しているからこそのエピソードやより本場の味を楽しむことができる「インド料理ムンバイ 九段店」について、運営する有限会社イートウェルの境さんにお話を伺いました。

フェスに合わせたカレーを提供

ーこれまでどのようなフェスに出店されていますか?

音楽フェスで言いますと、ARABAKI ROCK FEST、METROCK、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、Sweet Love Shower、PIA MUSIC COMPLEXなどです。

ーフェスではどんなメニューを出されているのでしょうか?

カレーが2〜3種類とナン、ターメリックライス、さらにサモサというポテトのパイ包みのようなインドの軽食とタンドリーチキンもお出ししています。その中でもフェスではやっぱりバターチキンカレーが人気で、そこに焼きたてのナンを組み合わせたものが一番出ていますね。
バターチキンカレーとナン

またアラバキやフジロックは夜非常に冷え込むので、あったかいチャイやインドのラムを加えたラムチャイも人気です。チャイはスパイスや茶葉を現地で煮込んで作っているんです。

ーフェスでのメニューはどんなことを考えて決定しているのでしょうか?

実際にレストランで食べるのとフェスで食べるのではシーンが全然違うので、美味しさも大事にしつつ、キャッチーさや食べやすさがあり、いろんな方に広く受け入れられるようなメニューに絞り込んでいます。

また、サマソニとフジロックでは外国のお客様が多いので、ほうれん草とマッシュルームのカレーなどベジタリアン向けのメニューを入れるようにしています。

ーフェス出店で大変なことはどんなことですか?

お店と同じクオリティーを出すということはいつも挑戦していることですね。レストランなら本場のシェフがいるのでその場で味見をして調整することができますが、フェスの場合は事前に店舗で仕込んだものを提供しているため、ガラッと味を変えることはできないんです。

ー出店時のスタッフはお店の方達なんですか?

そうですね、出店時だけ各店舗の人員を借りてイベントチームを作って参加しています。フェス会場ではお客様が「美味しかった!」とか、その場ですぐに教えてくれるのでスタッフもすごくやりがいがあるんです。ナンを焼いている姿を写真に撮ってもらったり、お客さんとのコミュニケーションが取れる瞬間は疲れも気にせず働けますね。

ー他にフェスでの印象的なエピソードはありますか?

「ナンを10枚欲しい」という外国のお客様がいたんです。その方が10枚重ねたナンを歩きながら食べていて、それを見た他のお客様が「さっき外国の方がナンのタワーみたいなのを持ってたんですけど、ここで買えるんですか?」って来てくれたことがあって、それは強烈に覚えてます(笑)。

ーそれは不思議な光景ですね(笑)。

あと、フェスではどこの会場でもタンドリーチキンを食べやすいように大きな串に刺して「タンドリーチキン串」というメニューで出しているんですけど、なぜかSweet Love Showerだけはそれが爆発的に人気で毎年他の会場の2倍以上売れるんですよ。
タンドリーチキン串

ー局所的に人気なメニューがあるというのは面白いですね(笑)。

タンドリーチキン串のチキンをナンに挟んでオリジナルのサンドを作っていたりする方もいらっしゃいますよ。フェスって人が多かったり場所が取れないとゆっくり食べられないので、食べやすいんだと思います。

本場の雰囲気が味わえるインドに一番近
いお店

ー実店舗は様々な場所に展開されていますが、こちらの九段店はどのようなお店になっているのでしょうか?

九段店はインド大使館のすぐ隣に位置しているんです。こちらに出店を決めたのもそれが理由で「ここなら絶対に本場の味を受け入れてくれるだろう」というオーナーの考えのもと、10年以上前にお店をオープン致しました。なので他のお店に比べてベジタリアンのメニューが多かったり、ケータリングのご依頼も頂くのでいろんな種類のメニューをご用意しています。

あとお店によって内装の雰囲気が全然違うのですが、九段店はインドの独特の怪しさやエキゾチックさを体験してもらえると思います。
ー大使館の近くということはインドの方が多く利用されているんですか?

そうですね。あとは近所のオフィスワーカーさんや学生さんなど、ランチタイムはナンとライスが食べ放題になっていることもあり、多くの方にご利用して頂いています。17時までやっていてボリュームもあるので、気軽にインドカレーを楽しんでいただけるのではないかと思います。

ディナータイムはカレー好きな方や「インドに行って食べたあの味をまた食べたい!」という、もう一歩踏み込んだお客様が多いかなと思います。インド料理でお酒を飲む印象はあまりないと思うんですけど、意外とお酒に合うおつまみ系も多いんですよ。
チキンビリヤニ

ーこちらの店舗で人気のメニューはどんなものですか?

店舗でもバターチキンカレーが全店を通して人気ですね。その他にも店舗ではチキン、マトン、シーフード、野菜と様々なカレーを用意しています。

ーでは、最後に今年のフェス出店へ向けての抱負をお願いします。

意外とお客様から「ナンここで焼いてるんですか?」という声をいただくんですけど、全会場タンドール窯を持って行ってその場でナンを焼いているので、ぜひ焼きたてのふわふわナンを会場で楽しんでください!フェスだと焼いているところも見れますし、いい状態の美味しいナンをお客様に届けたいなと思っています。


やはり出来立ての料理の美味しさは格別。フェスの会場で出来立てのナンを食べれるお店はなかなかありませんし、タンドリーチキンもお酒のおつまみにぴったりです。
実際の店舗には本当にたくさんの種類のカレーが用意されているので、ぜひエキゾチックな本場の雰囲気を感じながらインドカレーを楽しんでみてください。

Shop Information インド料理ムンバイ 九段店 OPEN DAILY 11:00 – 22:00 ACCESS 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビルB1 九段下駅(半蔵門線・東西線)2番出口より徒歩3分 TEL 03-3261-2211

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。