Lee ‘Scratch’ Perry / Let It R
ain リヴィング・レジェンドが自身の
本名を冠した“最も私的な”アルバム
より、新曲MV公開。ゴシックかつダビ
ーなグルーヴに酔いしれて

ダブ・パイオニア、Lee ‘Scratch’ Perryと盟友・Adrian Sherwoodというふたりの生けるレジェンドがタッグを組んだニュー・アルバム『Rainford』からのピックアップ。

説明不要、The Upsetterの新作が再び、UKレーベル〈On-U Sound〉から今月リリース予定。Leeの盟友であり、プロデューサーであるAdrianが「これはLeeが今までに作った中で最も個人的なアルバムであると同時に、音楽的なアイデアはとても新鮮だ。私たちがこれらを作品として生み出したことをとても誇りに思っている」とコメントする通り、アルバムのタイトル『Rainford』は実際にLeeの本名を使用している。

ここで紹介するアルバム収録曲「Let It Rain」は、ゴシック調のセロで彩ったサウンドが独特のサイケデリアを展開。MVのアートワークもLee本人のアーティト性を最大限に表現した、奇抜な作品に仕上がっている。
別の収録曲「Autobiography Of The Upsetter」では、1930年代の植民地時代のジャマイカのプランテーション農園での幼少期を経て、ワールドワイドなスーパー・スターになっていく物語をLee自身がナレーションで物語っている。そして国内盤には「Autobiography Of The Upsetter」のナレーション訳を含む解説書が封入され、ボーナス・トラック「Heaven and Hell」も追加収録。限定輸入盤LPはゴールド・ディスク仕様というファンにはたまらないコレクティブルな一枚に。
これまでレゲエ界だけにとどまらず、世界的な音楽の歴史に名を刻み、名作を残してきたLee ‘Scratch’ PerryのThe Upsetterの、そして〈Black Ark〉の歴史を伺える作品集と言えるだろう。


【リリース情報】

Lee “Scratch” Perry 『Rainford』

Release Date:2019.05.31 (Fri.)
Label:On-U Sound / Beat Records
Tracklist:
01. Cricket on the Moon
02. Run Evil Spirit
03. Let it Rain
04. House Of Angels
05. Makumba Rock
06. African Starship
07. Kill Them Dreams Money Worshippers
08. Children Of The Light
09. Heaven and Hell (Bonus Track for Japan)
10. Autobiography Of The Upsetter

■ リリース詳細(http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10154)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着