才能の集合体!異次元バンド、ジェニーハイの魅力に迫る!

才能の集合体!異次元バンド、ジェニーハイの魅力に迫る!

才能の集合体!異次元バンド、ジェニ
ーハイの魅力に迫る!

バラエティ番組から生まれたバンド、ジェニーハイ
ジェニーハイは、BSスカパー!のバラエティ番組「BAZOOKA!!!」の企画で生まれたバンドです。
メンバーは中嶋イッキュウ(Vo.)、川谷絵音(Gt.)、くっきー(Ba.)、小籔千豊(Dr.)、新垣隆(Key.)の5人組。
既に別のバンドで活躍中の川谷絵音や中嶋イッキュウに、現代音楽作家やピアニストとして一目を置かれる存在である新垣隆に加え、お笑い芸人やタレントとして普段からテレビで活躍しているくっきーや小籔千豊。
各々が各々のスバ抜けた才能を生かして活躍しており、そんな5人が集まったバンドという構成だけでも気になる存在です。

海外でも活躍する中嶋イッキュウのボーカリストとしての実力、くっきーの独創的な芸術センスを以って奏でられるベースライン、かねてから評価の高い小籔千豊のドラム、新垣隆の超絶技巧を駆使したピアノ、そしてジェニーハイのギター兼プロデューサーを務める川谷絵音の圧倒的音楽センス。
これらがすべて詰め込まれたジェニーハイの音楽は、一度聴いただけで圧巻です。

ジェニーハイの楽曲をご紹介!
ジェニーハイのテーマ
メンバー全員がラップで自己紹介をするという斬新な1曲です。
そもそも、メンバー全員が既に各分野で活躍する名の知れた存在でありながら、改めてこうして自己紹介の内容をメインにした楽曲を歌うというのがおもしろいです。
●川谷絵音

●新垣隆

●くっきー

●イッキュウ

●小藪千豊

作詞作曲は川谷絵音が担当しており、メンバーを紹介する言葉のチョイスの1つ1つに彼のセンスを感じさせられます。

ジェニーハイを知らない人はぜひまずこの曲から聴いてほしい、メンバーの個性や魅力がぎっしり詰まった楽曲です。

ジェニーハイラプソディ
ジェニーハイのテーマに続いて、またまた自己紹介的ソングのご紹介です。

この曲は2019年5月7日にYouTubeにてMVが発表され、公開から4日で100万回再生を突破しました。
シュールで尖った歌詞がクセになります。

「ゴーストライター」という、世間を騒がせた新垣隆の過去への触れ方も、さりげなくではなく何度も繰り返してしっかり全面に押し出してくるところはさすがとしか言えません。

サウンド、歌詞、メロディーから映像に至るまで、すべてにおいてジェニーハイにしかできない作品を見せてくれるのが彼らの魅力です。

片目で異常に恋してる
2018年3月16日にリリースされた、ジェニーハイのデビュー曲。この曲でジェニーハイはフジテレビの「FNS歌謡祭」に出演し、一気にその知名度を上げました。

ハイレベルすぎるのに心地よいピアノ、くっきーと小籔千豊の安定したリズム、中嶋イッキュウにしか歌いこなせない、どこか不思議で難解なメロディー。
デビュー曲からこの完成度の高さかと、川谷絵音の音楽センスを実感させられます。

ランデブーに逃避行
何でもない日常を描いたような歌詞や、サビの心地よいメロディーがクセになる『ランデブーに逃避行』。

最高にオシャレなのにやんちゃ心が溢れており、メンバーの安定した演奏技術に支えられた不安定さがたまりません。
バラエティー番組の企画から生まれたバンドということを忘れてしまう楽曲のクオリティーです。

強がりと弱虫
こんな曲もできます、とまるでジェニーハイの実力を軽く見せつけるような楽曲です。
サラッと流れるようなメロディーの中にもメンバーそれぞれのテクニックが詰め込まれており、なんとなく流していてもすぐに途中から聴き入ってしまいます。

間奏のソロパートは、普段お笑い芸人をしている人たちが弾いているとは思えない渋さとかっこよさです。ベースからピアノ、ドラム、ギターへとつながり、そこから大サビへ入っていくところはしびれます。
そして、そんな楽器隊にけっして埋もれることのない中嶋イッキュウのボーカル。全員が音楽を楽しんでいるような雰囲気が感じられ、音楽というものの魅力を改めて実感させてくれるような楽曲です。
ジェニーハイを知らないなんてもったいない!
各方面でそれぞれ活躍している多忙な5人が集まってできたバンドですが、ジェニーハイとしての今後の活動にも注目が集まっています。

もともと音楽番組やフェスへの出演を目標としていたバンドであるジェニーハイ。
2019年5月25日にはMETROCK 2019、9月にはKOYABU SONIC 2019への出演が決定しており、新曲の準備も進んでいるようで、これからのジェニーハイの活動に目が離せませんね!
TEXT ぽんつ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」