リアーナ、新作でのレディー・ガガと
のコラボの噂否定も「この先ないとは
言わない」

現在、2016年発表の『Anti』以来となるニュー・アルバムを制作中のリアーナは、新作でレディー・ガガやドレイクとコラボしているという噂を否定した。ただ、ガガに関してはいまその予定はないが、そのアイディアに反対ではないという。
彼女は、『T: The New York Times Style Magazine』にこう話した。「多分(噂になったのは)、彼女(ガガ)がインスタグラムで私をフォローしているからね。いま、その予定はないわ。でも、反対じゃない」

そして、元カレとも言われるドレイクについては、「(コラボは)すぐにはないわね。あるとは思えない。このアルバムでないのは確かよ」と答えた。

また、新作は9枚目のスタジオ・アルバムになることから、ファンの間で“R9”と呼ばれているが、本気なのか冗談なのか「新作は、そのタイトルにしようかなって思ってる」と話した。「だって、この“R9、R9、R9はいつなの?”って言葉にずっとつきまとわれてるのよ。それが私の頭の中に焼き付けられたいま、どうやったら他のタイトルを受け入れられるっていうの?」

リアーナの新作はレゲエ調になると言われている。

彼女は最近、ドナルド・グローヴァー(チャイルディッシュ・ガンビーノ)プロデュース/出演の短編映画『Guava Island』に出演。同作はAmazon Prime Videoから配信中で、高い評価を得ている。しかし、映画と見なされているため、期待されたエミー賞の候補からは外れるそうだ。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。