アルター・ブリッジ、ニュー・アルバ
ムの詳細発表

アルター・ブリッジは金曜日(6月14日)、今月初めブライアン・マーシャル(B)が「レコーディングとミキシングが完了」と報告していたニュー・アルバムの詳細を発表した。
タイトルは『WALK THE SKY』で、「One life」「Wouldn’t You Rather」「In The Deep」「Godspeed」「Native Son」「Take The Crown」「Indoctrination」「The Bitter End」「Pay No Mind」「Forever Falling」「Clear Horizon」「Waling On The Sky」「Tear Us Apart」「Dying Light」の14曲を収録し、10月18日にリリースする。

彼らの新作は、2016年発表の『The Last Hero』以来3年ぶり、6枚目のスタジオ・アルバムとなる。マーシャルが「めちゃくちゃいい!」と表していたアートワークも公開された。
アルター・ブリッジはまた、11~12月にシャインダウン、セヴンダスト、スティーヴ・ハリス(アイアン・メイデン)の息子ジョージが結成したThe Raven Ageをサポート・アクトにヨーロッパ・ツアーを開催することも発表した。この前に、10月13日米テネシー州で開かれる<Exit 111フェスティバル>にも出演する。
9月17日には500人限定で、ライブ・パフォーマンスにミート&グリート付きのリスニング・パーティーを彼らの出身地、米フロリダ州オーランドで開くそうだ(公式サイトにてチケットを販売中)。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。