メガデス、デイヴ・ムステインの治療
「楽観視している」

メガデスのデイヴ・ムステインが咽頭がんの治療を始めたことについて、バンド・メイトのデイヴィッド・エレフソンがコメントした。ムステインは今週月曜日(6月17日)、「咽頭がんだと診断された。これは明らかに、配慮すべき、そして真っ向から対処すべきものだ──でも、俺はこれまでにいくつもの障害に直面してきた。医師たちと密接に取り組んでいるところだ。綿密な治療計画を立てており、彼らは成功率90%だと考えている。治療はすでに始まっている」と癌を公表した。
エレフソンは同日、『The Classic Metal Show』のインタビューでこう語った。「発表しなくてはならないとわかっていて、僕らは今日、爆弾に備えているような感じだった。みんなからの祈り……。お見舞いや祈りの言葉はいつだって大歓迎だ。デイヴはすでに治療を始めている。僕らはこの1ヶ月半、アルバムを制作するためナッシュビルにいて、この展開を目にしてきた」

「デイヴと僕は、浮き沈み──薬物問題や分裂・修復、その他諸々を一緒に体験し挑んできた。これはその1つだ。僕らは治療に関して楽観視している。通常、この成功率はかなり高い。だから、楽観視できることはたくさんある」

メガデスは、彼ら主催のクルーズ・フェスティバル<MegaCruise>以外、年内に予定していた公演を中止した。10月半ばに開催する<MegaCruise>について、エレフソンは「メガデスがこれに完全に参加できるかどうかは、デイヴが治療を終えるまでわからないかもしれない。でも、楽観視している」と話した。<MegaCruise>にはアンスラックス、テスタメント、クイーンズライク、スイサイダル・テンデンシーズ、ドラゴンフォース、オーヴァーキル、フィル・キャンベルらが出演する。

ムステインのもとには多くのミュージシャンやファンから回復を祈る言葉が届いている。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。