エモーショナルなサウンドで大人気!
今さら聞けないILLENIUMの魅力

6月28日(金)に新木場ageHaで開催されるパーティーに登場するILLENIUM(イレニアム)の魅力とは?

超メロディック&エモいサウンドの代名
詞!

昨年「EDC JAPAN」で初来日を果たし、そのときのプレイが大好評! それだけに、二度目となる今回の来日も注目度は抜群。

イレニアムはアメリカ出身、1990年12月生まれの現在28歳。本名Nick Miller。ジャンル的にはフューチャーベースとカテゴライズされがちだが、そのサウンドの幅は広く、ときにポップだったり、ダブステップだったりするものの、とにかくエモーショナルでメロディックなのが特徴。エモといったらイレニアムと言っても過言なし!

そんな彼は2013年にデビューEP「Illenium」をリリース。当時はPorter Robinsonポーター・ロビンソン)やOdesza(オデッサ)に影響を受けていたとか。
その後、作品を発表するとともに様々なフェスにも出演するようになると、2016年には自身のレーベルKasaya Recordingsを設立し、デビューアルバム「Ashes」を発表。これが米Billboardのダンス/エレクトロニック・アルバムチャートで最高6位に。
さらに同年、彼の名前を一躍世界に広めることになったThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)の“Don’t Let Me Down”のリミックスも発表。これは、もともと非公式だったもののザ・チェインスモーカーズの目に留まり、公式リミックスとしてリリース。ちなみに、この曲は今やYouTubeの再生回数が4億回以上と驚異的な数字を残している。
その他にも、Flume(フルーム)の“Say It”のリミックスや盟友Said The Sky(セッド・ザ・スカイ)、Seven Lions(セヴン・ライオンズ)とコラボした“Rush Over Me”が話題になるなど、2016年はイレニアムにとって飛躍の年に。

今年8月には待望ニューアルバムもリリ
ース!

2017年にはアルバム「Awake」をリリースし、これまたBillboardのダンス・エレクトロニックミュージックアルバムチャートで3位に。そして、Gryffin(グリフィン)とのアンセム“Feel Good ft. Daya”のリリースやMarshmello(マシュメロ)とKhalid(カリード)とのヒット曲“Silence”のリミックスを手掛けるなど着実にステップアップ。
初来日した2018年もKill the Noise(キル・ザ・ノイズ)やExcision(エクシジョン)などとコラボするなか、アメリカを中心に「EDC Las Vegas」や「Coachella」、「Electric Zoo」など数多くのビッグフェスに出演。
その勢いはとどまることなく、今年もすでにマイアミ「Ultra Music Festival」をはじめ様々なフェスに参加し、OmniaやHakkasanといった超人気クラブでもプレイ。
そして、つい先日には8月には待望のニューアルバム「Ascend」をリリースすることを発表。絶妙なタイミングでの来日となる。

メロ&エモなイレニアムの名曲まとめ!

前述の通り、イレニアムと言えばメロディックでエモーショナルなサウンドが大きな武器。それはもはや感動さえ覚えるほどで、ザ・チェインスモーカーズなんかもそんなところにきっと惹かれたはず。
とはいえ、ひとたびステージに立てば、ただエモいだけでなく、ハードでドープなサウンドとの往復ビンタ。まさに初来日時がそんな感じで、「EDC JAPAN」のcircuitGROUNDSではオーディエンスがヘッドバンキングあり、感極まる一幕ありと感情揺さぶられまくり。果たして今回はどんなセットを披露してくれるのか、本当に楽しみ!

そんなイレニアムの来日を前に、彼の新曲&アンセムをチェック!
EVENT INFORMATION

「WORLD CLASS feat. ILLENIUM Supported by iFLYER」

2019年6月28日(金)

OPEN:23:00

東京・新木場ageHa

前売¥4,000

BASS, DUBSTEP, TRAP

ACT:ILLENIUM, banvox, BUNNY, WATARU and more
Photo:ILLENIUM Facebook

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着