ジューダス・プリースト「グレン・テ
ィプトンはクリエイティブ面で深く関
与している」

ジューダス・プリーストのリッチー・フォークナー(G)が、バンドにおけるグレン・ティプトン(G)の重要な役割について語った。ティプトンはパーキンソン病により、基本的にはライブ活動から離れているが、「クリエイティブ面に深く関与している」と、彼のソングライティングの才能を称えた。
フォークナーは『Ultimate Guitar』のインタビューで、ティプトンは新作の曲作りに参加するのかと問われると、こう話した。「もちろん、そうだよ。みんな知っている通り、グレンはいまパーキンソン病で身体的な困難はあるけど、アイディアや創造性という点では、いまだ大立て者だよ。彼の作るもの、考えること、音楽、リフ、メロディに対する見方…、彼はすごくユニークなミュージシャン/ギタリスト/ソングライターだ。それが、ジューダス・プリーストがヘヴィ・メタル界のユニークな存在であり続ける理由の1つだと思う。理由は他にもいろいろあるだろうけど、僕は、グレン・ティプトンの作曲、フレージング、コードの選択が大きな一因だと思ってる」

「ツアーからは離れなきゃいけなかったけど…、1万人の前でプレイするときは1回で正確にプレイしなきゃならない。でも、スタジオではもうちょっと緩い。プレイし直すことができるからね。時間だってある。だから、グレンはクリエイティブのプロセスに深く関わってるし、次のアルバムでもそうなのは間違いない」

ジューダス・プリーストは今月29日まで北米ツアー中。ティプトンは2018年2月にツアー活動休止を発表したが、体調のいいときは公演の一部に参加している。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。