カミラ・カベロ、ファンへのお願い「
私が愛している人たちを傷つけないで

カミラ・カベロは、彼女が愛している人たちへのヘイトは止めて欲しいと、ファンへ訴えた。
彼女は水曜日(6月26日)、インスタグラム・ストーリーに以下のようなメッセージを投稿したという。「私のファンたちへ もし本当に私のことを愛しているなら、お願いだから、私が愛し大切に思っている人たちにヘイトを送るのは止めて。あなた達のそういった言動は、本当に私を傷つける。その必要ないし、重く、痛みにより痛みを加える悪影響を及ぼす。ツイートの背後には生身の人間がいる。憎しみや思いやりのないことを彼らに大量に送りつけるのは、本当に面白くないし、私たちみんなに痛みをもたらす。私が口にしている価値観を反映していない」

「どうか、優しく慈悲深く、他人の気持ちを思いやり、リスペクトする人でいて。あなた達が私を愛してくれているのはわかってる。でも、こういうことする人は、私の人生における神聖なものをリスペクトしてくれていない。私が愛し大切に思う人たちはその1つなの」

すでに投稿したネガティブな投稿やコメントを削除してくれたら嬉しいという。
カミラが何故このような声明を出したのかは明らかではないが、彼女は最近、恋愛コーチとして知られるマシュー・ハッシーと破局したと伝えられ、その後、ハッシーのSNSにネガティブだったり、カミラとショーン・メンデスの仲を揶揄するコメントが殺到したと言われる。

カミラは先週、ショーン・メンデスとデュエットした「Senorita」をリリースした。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。