キルスウィッチ・エンゲイジ、元フロ
ントマンのH・ジョーンズと共演

キルスウィッチ・エンゲイジが7月8日カナダにて開かれたフェスティバル<Festival d'été de Québec>で、2012年にバンドを脱退したヴォーカリストのハワード・ジョーンズと共演した。
ジョーンズは現在、Light The Torch(元Devil You Know)で活動しており、同フェスティバルにも出演していた。

ジョーンズはアンコール最後に登場し、現ヴォーカリストのジェシー・リーチと「The End Of Heartache」を歌ったという。
ジョーンズは、オリジナル・メンバーだったリーチが脱退してから復帰するまでの2002年から10年間、キルスウィッチ・エンゲイジに在籍し、サード・アルバム『The End Of Heartache』(2004年)、『As Daylight Dies』(2006年)、『Killswitch Engage』(2009年)の3枚のアルバムを制作した。

昨年、キルスウィッチ・エンゲイジの新曲のレコーディングにゲスト参加したと伝えられており、それは来月リリースする彼らの8枚目のスタジオ・アルバム『ATONEMENT』に収録されているという。リーチはこの曲について、「ハワードと、俺らに共通する心の病を念頭に歌詞を書いた」と話している。「クレイジーだよ。俺らがどれだけ似ていることか。俺らは、メンタル、不安、ハードコア・ミュージック、鬱と闘っているという点でブラザーだ」「俺らの声はかなり違うかもしれないが、実際のところ、俺らはいろんな意味で精神面に共通点がある」

『ATONEMENT』は8月16日にリリースされる。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。