マキアダチ×Anly×Heavenstamp

マキアダチ×Anly×Heavenstamp

マキアダチ、Anly、Heavenstampらが
共鳴する企画イベント開催決定

海外のポップミュージックを取り入れたハイブリッドなサウンド、ポップかつエッジ—な楽曲によって注目を集めているマキアダチが、8月11日(日)、下北沢GARDENで企画イベント『heart of noise Vol.1』を開催する。出演するAnlyHeavenstampにお互いの交流、イベントに対する意気込みを語ってもらった。

素直にカッコいいと思っている方々に
声をかけさせてもらいました

——2019年8月11日、マキさん企画のイベント『heart of noise Vol.1』を開催しますが、出演陣としてAnly、Heavenstamp、中村月子さんとなっています。このキャスティングはマキさん自身が?

マキ:私が素直に“カッコいい"と思っているアーティストのみなさんに声をかけさせていただきました。まずAnlyさんは2年くらい前に存在を知ったんですけど、すぐに“ヤバい人がいる!"と思って。

Anly:ヤバい人(笑)。

マキ:(笑)対バンする機会もなさそうだったので、今回のイベントにぜひ出ていただいきたいなとお声がけして。

Anly:マキさんとは昨日、初めてちゃんとお会いしたんですよね、じつは。

マキ:“ラム会"に呼んでもらったんです。

Anly:ラム肉が好きな女子が集まる会なんですけど(笑)、中村月子さんも一緒だったから、“マキさんも呼ぼう"ってなって。いろいろ話してたら、好きなものがけっこう似ていることがわかって。

マキ:好きなディズニーのキャラクターとか。

——ちなみにHeavenstampのおふたりは、ラム肉大丈夫ですか?

Tomoya.S(Heavenstamp):大好きですよ。

Anly:じゃあ、次回はぜひ。男性も大丈夫です(笑)。

マキ:Heavenstampとは以前、たまたま同じイベントでご一緒したことがあるんです。ずっと曲は聴いていて、カッコいいなと思ってたので挨拶したいなと。でもそういうのが苦手だから15分くらい悩んだんだけど、意を決してご挨拶させてもらいました。

Sally♯cinnamon:マキさんの音楽は一聴して"好きだな"と思ったし、自分たちと近いものを感じたんです。同じような音楽を聴いて生きてきたんだろうなと思って、だからぜひお近づきになりたいなって。

Tomoya.S:アルバムを聴かせてもらったときも、コード進行やサウンドを含めて、“俺が作りそうな曲だな"と(笑)。実際、好きなアーティストもすごく近かったんですよね。

マキ:一緒に曲を作ったこともあるんです。最高に楽しかった。

Sally:好みの音楽が似てるから、話が早くてすぐ出来ました。

Tomoya.S:そうだね。歌詞までちゃんと出来てるんだけど、2年くらい置いたままだよね(笑)。

——AnlyさんとHeavenstampのつながりは?

Anly:以前、渋谷のeggmanで対バンさせてもらったことがあって。「Around the World」という曲がすごく良くて、それ以来、SNSなどでチェックさせてもらってます。“今日もライブやってるんだな"って。

Sally:ありがとうございます。最初にAnlyさんのライブを観たとき、“19才最後の…"ってMCで言ってて。

Anly:あ、その頃ですね。

Sally:アコースティックギターとルーパーでライブをやってたんですけど、表現したい世界感がしっかりあって、それを一人で作り出しているのがすごいなって。私も“ヤバい人がいる!"と思いました(笑)。

Tomoya.S:すごく記憶に残ってますね。マキさんは音楽的にも近い感じがあったんですけど、Anlyさんは“自分たちにはないものを持っている"という印象で。どちらもリスペクトしているんですが、少しタイプが違うのかなと。

——なるほど。マキさんはAnlyさんの音楽性について、どんな印象を持っているんですか?

マキ:最初に聴いたのが「VENUS」で、なんて美しい曲だろうと思ったんですよね。その後、いろんな曲を聴かせてもらって、先日のワンマンライブも見に行かせていただいたんですが。何ていうか、キレてる曲もあるんだけど、愛があるんですよね、Anlyさんの音楽は…。“キレてる"は違うかな(笑)。

Anly:言いたいことはすごくわかります(笑)。モノ申したいところもあるので。

マキ:そうかも。反骨精神みたいなものが根底にありながら、すべてに愛があるというか。私もHeavenstampもそういう感じがあると思うんですよね。“こうじゃなくちゃいけない"ということに捉われず、愛を持って、音楽を楽しみたいっていう。

Anly:ふだんの生活のなかで“憤りを感じてます"とはなかなか言えないけど、音楽にすることで伝えられることもあるだろうし。私が思っているのは、どんなに怒りや憤りを感じていても、相手も人間だし、ひとりひとりにストーリーがあるということなんです。誰もが抱えているものがあるんだから、愛情を持って接しないと上手くいかない。大きい話になっちゃいますけど、世界的にもそうだと思うんです。

マキ:そういう感情がすべて情熱につながって、音楽になるんだろうなって。怒りや憤り、哀しみを音に昇華して、それがパワーになっていくというか。

Sally:わかります。いまAnlyさんが言った“ひとりひとりにストーリーがある"というのは自分たちも同じことを感じていて。お互いのストーリーを理解しないと、いさかいやすれ違いが起きてしまうし、みんながいっぱいいっぱいで、利己主義になると世界が悲しいことになると思うんですよね。でも、それをプラスに持っていけるのも人間だけじゃないかなって。それぞれの人のなかには必ず愛が潜んでいるし、それを思い出そうということをテーマにした曲をずっと作ってきたんですよね。特に新しいアルバム(『Love Builders』)は全曲、愛について歌っていて。そこがおふたりとリンクしているのは、すごく嬉しいです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着