STU48、課外活動ユニット・初MV!四
国愛に包まれた優しい映像完成!

2019年7月31日(水)リリース、STU48の3rdシングル「大好きな人」の共通c/w楽曲として収録される「海の色を知っているか?」(勝手に!四国観光大使)のミュージックビデオが公開された。

この楽曲は STU48の課外活動ユニット「勝手に!四国観光大使」の初のオリジナル楽曲となっており、今回のミュージックビデオは、CSファミリー劇場「イ申テレビ SEASON5」の全5ユニット対抗の学力テストの企画にて見事1位に輝いたご褒美となっている。
(最下位になった「せとまいく」のメンバーは今作のMVでミュージックビデオ制作のADとして密かに出演)

四国を愛するメンバーらしいMV

ミュージックビデオは四国を愛するメンバーらしい、四国をモチーフとしたものに囲まれた穏やかな空気が流れる内容となっている。

冒頭では課外活動ユニットの全ユニット活動記録から始まり、四国を象った展示物の制作をメンバーがしている様子が描かれている。

途中ではメンバーが休憩をしているシーンも映り、松山空港名物の「みかんジュース蛇口」や香川名物の讃岐うどんを作るシーンもと登場するなど、「これを見れば四国名物を堪能した気分になれる!?」と言わんばかりの「勝手に!四国観光大使」らしいミュージックビデオとなっている。

また、STU48 3rdシングルに収録されるc/w楽曲のタイトルもすべて公開となった。四国の穏やかな空気に包まれた、和やかな風が流れるようなMVとなった。随所ででてくる四国名物にも注目。
©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

福田朱里「夢のような最高の気分でした
!」

「勝手に!四国観光大使」ユニットリーダーの福田朱里は以下のようにコメントを寄せている。

「今回はSTU48の5つの課外活動ユニットの中から、「イ申テレビ」で学力テスト平均点1位になったユニットがミュージックビデオを撮って頂けるという企画だったので…大好きな「勝手に!四国観光大使」で1位を取った時は、夢のような最高の気分でした!

ミュージックビデオの完成したものを初めて見た時は、メンバーのふわふわした優しい笑顔が印象的だなと思いました。

そして何より、ユニットメンバー全員の顔がしっかり写っていて、一人一人を認識できるものになっていてとても嬉しかったです。

また、坂本龍馬やみかんジュース蛇口、讃岐うどんなどといった四国を連想するカットもあり、私達にしか作ることの出来ない世界観を表現することが出来たのではないかなと思います。
このミュージックビデオで、四国の素晴らしさや、メンバーの柔らかい雰囲気が伝われば嬉しいです」
©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

概要

STU48 全メンバー 28名
※活動休止中・卒業発表の一部メンバーを除く

<3列目> L→R
谷口茉妃菜/森下舞羽/兵頭 葵/榊 美優/由良朱合/新谷野々花/信濃宙花/峯吉愛梨沙/三島遥香

<2列目> L→R
森 香穂/沖 侑果/大谷満理奈/石田みなみ/甲斐心愛/市岡愛弓/土路生優里/田中皓子/矢野帆夏/藤原あずさ

<1列目> L→R
福田朱里/門脇実優菜/岩田陽菜/今村美月/瀧野由美子/石田千穂/岡田奈々/中村 舞/磯貝花音

3rdシングル「大好きな人」商品情報
<Type A?D>
価格:各¥1,574+税/形態:CD+DVD
[初回限定盤] イベント参加券 or スペシャルイベント応募券  [通常盤] 生写真 1種 ランダム封入
<劇場盤>
価格:¥1,019+税/形態:CD Only ※キャラアニHPのみで購入可

 <Type A>
【初回限定盤】KIZM-90623/4
【通常盤】KIZM-623/4

CD
M-1 「大好きな人」
M-2 「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
M-3 「Which is Which?」(STUDIO)
M-4?6 M-1?3 off vocal ver.

DVD 
1.M-1 Music Video
2.M-2 Music Video

 <Type B>
【初回限定盤】KIZM-90625/6
【通常盤】KIZM-625/6
CD
M-1 「大好きな人」
M-2 「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
M-3 「恋は仮病中」(Charming Trip)
M-4?6 M-1?3 off vocal ver.

DVD 
1.M-1 Music Video
2.M-2 Music Video

 <Type C>
【初回限定盤】KIZM-90627/8
【通常盤】KIZM-627/8

CD
M-1 「大好きな人」
M-2 「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
M-3 「一杯の水」(瀬戸7)
M-4?6 M-1?3 off vocal ver.

DVD 
1.M-1 Music Video
2.M-2 Music Video

 <Type D>
【初回限定盤】KIZM-90629/30
【通常盤】KIZM-629/30

CD
M-1 「大好きな人」
M-2 「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
M-3 「好きになれただけで幸せだ」(せとまいく)
M-4?6 M-1?3 off vocal ver.

DVD 
1.M-1 Music Video
2.M-2 Music Video

<劇場盤>
NMAX-1334
価格:¥1,019+税

CD
M-1 「大好きな人」
M-2 「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
M-3 「青い檸檬」(STU48ボーカル選抜)
M-4?6 M-1?3 off vocal ver.

STU48 3rdシングル 歌唱メンバー ★センター
「大好きな人」選抜メンバー
石田千穂・石田みなみ・磯貝花音・市岡愛弓・今村美月・岩田陽菜・大谷満理奈・岡田奈々・甲斐心愛・門脇実優菜・榊 美優・新谷野々花・★瀧野由美子・田中皓子・谷口茉妃菜・土路生優里・兵頭 葵・福田朱里・藤原あずさ・三島遥香・峯吉愛梨沙・森 香穂・森下舞羽・矢野帆夏・沖 侑果・信濃宙花・中村 舞・由良朱合

「海の色を知ってるか?」(勝手に!四国観光大使)
榊 美優・谷口茉妃菜・兵頭 葵・福田朱里・森 香穂・★中村 舞・三島遥香(瀬戸7兼任)

「Which is which?」(STUDIO)
磯貝花音・★今村美月・大谷満理奈・門脇実優菜・峯吉愛梨沙・由良朱合

「恋は仮病中」(Charming Trip)
★石田千穂・石田みなみ・岩田陽菜・田中皓子・土路生優里・新谷野々花(せとまいく兼任)

「一杯の水」(瀬戸7)
甲斐心愛・★瀧野由美子・藤原あずさ・三島遥香・森下舞羽・信濃宙花

「好きになれただけで幸せだ」(せとまいく)
新谷野々花・★矢野帆夏・沖 侑果・甲斐心愛(瀬戸7兼任)・信濃宙花(瀬戸7兼任)・中村 舞(勝手に!四国観光大使兼任)

「青い檸檬」(STU48 ボーカル選抜)
岡田奈々・門脇実優菜・矢野帆夏
STU48_3rdSingle_劇場盤 ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_劇場盤 ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回A ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回A ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回B ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回B ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回C ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回C ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回D ©You, Be Cool! / KING RECORDS

STU48_3rdSingle_初回D ©You, Be Cool! / KING RECORDS

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着