LAMP IN TERREN

LAMP IN TERREN

LAMP IN TERREN、
2度目の日比谷野音ワンマン
&新曲「ホワイトライクミー」
について語る

LAMP IN TERRENが二度目となる日比谷野音でのワンマンライブ「Moon Child」を7月28日に開催する。昨年、ボーカル松本大の喉のポリープ手術に伴う活動休止からの復活の舞台として、8月に初の野音に挑んだ彼ら。当時のライブについて、松本は「あのステージで自分は一度死んだ」と振り返るが、その後、12月に生まれ変わった自分たちをパッケージしたアルバム『The Naked Blues』を完成させたテレンが、今度こそ、本当に自分たちが表現したいライブを見せるために、再び野音に立つ。以下のインタビューでは、野音で演奏するための曲として、7月17日に配信リリースされた新曲「ホワイトライクミー」について紐解きながら、「いまを楽しむ」という真っ白な境地に立ったLAMP IN TERRENのモードを探った。

──ここ最近、かなり積極的にライブをやってますね。

中原健仁(Ba):そうですね。年明けはアルバム(『The Naked Blues』)のツアーがあったんですけど、それ以降、誘われたライブはできるだけ出るようにしてるんですよ。

──あえてそうしてるんですか?

大屋真太郎(Gu):去年の野音が終わって、どんどんライブが良くなってきたから、“もっとライブをしたい”って、みんなで話したよね?

松本 大(Vo&Gu):昔は自分たちの世界を完成させることにこだわってたんですよ。だからワンマンが多かったんですけど。いまは別に誰が相手でも、それに左右されない自分たちを見つけられたんじゃないかなっていうのがあるんです。

中原:単純に自信がついたよね。

松本:だから、自分たちを求めてくれる場所があるなら行きたいよねっていうことですね。

取材:秦 理絵

『LAMP IN TERREN
日比谷野音ワンマンライブ
「Moon Child」』

7月28日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場17:00 / 開演18:00

<チケット>
全自由・ブロック指定¥3,900(税込)
※全自由・ブロック指定は、指定されたブロック内でのみのご観覧となります。
※整理番号順のご入場となります。
※雨天決行

詳細ページ:http://bit.ly/2Sxub2i
LAMP IN TERREN

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着