スタクラフェスに相葉裕樹が参戦&ミ
ュージカルのセットリスト一部発表~
『レ・ミゼラブル』ナンバーてんこ盛

イープラス/朝日新聞社が主催する国内最大の全野外型クラシック音楽祭、『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019(通称:スタクラフェス)』(2019年9月28日(土)・29日(日)、横浜赤レンガ倉庫特設会場にて開催)における新たなセットリストが一部発表された。
ミュージカル『レ・ミゼラブル』に現在も出演中(9月17日の札幌公演で大千秋楽を迎える)の佐藤隆紀(LE VELVETS)、昆夏美伊礼彼方が出演することで話題の「クラシック紅白歌合戦 オペラからミュージカルへ」(28日、HARBOR STAGE)。ここで佐藤はミュージカル『レ・ミゼラブル』から「彼を帰して」、昆は同作品から「オン・マイ・オウン」、伊礼も同作品より「星よ」を、それぞれ歌う。さらには、北川辰彦(バスバリトン)、小林沙羅(ソプラノ)、西村悟(テノール)、エリアンナらとともに「民衆の歌」など、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の楽曲をハイライトで披露する。
佐藤隆紀(LE VELVETS)、昆夏美、伊礼彼方
一方、29日のHARBOR STAGE「This is ミュージカル」では、同じミュージカル界から元宝塚男役トップスター・朝夏まなとが初めてのフェス出演を果たす。そして、こちらにもミュージカル『レ・ミゼラブル』に現在出演中の相葉裕樹と、伊礼彼方が追加出演することが新たに決定した。伊礼はスタクラフェスに両日出演することとなり、LE VELVETSと共に珠玉のミュージカルナンバーを披露する予定。
相葉裕樹
クラシック音楽の祭典でありながらも決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風にあたりつつ、飲んだり食べたり、時には寝そべりながら、ピクニック感覚で音楽を気軽に楽しめる「スタクラフェス」。クラシックの名曲はもとより、ミュージカルや、アニメ音楽とオーケストラのコラボレーションまで、1日あたり100曲以上を楽しむことができるのも音楽好きには嬉しい。前年の圧倒的な好評を受けて、2019年は開催日程を二日間に拡大。会場内は着席可能なHARBOR STAGEと芝生に囲まれたGRASS STAGEの2ステージで構成される。
また、佐藤隆紀、昆夏美、伊礼彼方、相葉裕樹は7月24日放送の「2019FNSうたの夏まつり」にも『レ・ミゼラブル』カンパニーとして出演するので要チェックだ。
■相葉裕樹(9/29(日)「This is ミュージカル」出演予定 )プロフィール
千葉県出身。2004年映画デビュー。2005年ミュージカル「テニスの王子様」不二周助役で初舞台、2009
年「侍戦隊シンケンジャー」の池波流ノ介/シンケンブルー役で注目を集める。舞台、映画、テレビ出演の他、声の吹替えなど活動の場を広げ、アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」では主人公ヒタチ・イズル、「ローグ・ワン/STAR WARS STORY」(声の出演)、海外ドラマ「S.W.A.T.」ジム・ストリート役の日本語吹替を担当し好評を得ている。近年の主な舞台出演作に、『レ・ミゼラブル』、『タイタニック』、『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』、『HEADS UP!』等。また今年、芸能生活15周年を迎え、東京、大阪、上海にてファンイベントを開催。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着