久石譲による映画『二ノ国』オリジナ
ル・サウンドトラック発売

久石譲による映画『二ノ国』のオリジナル・サウンドトラックが、8月21日にリリースされる。
同映画は、製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(『レイトン』シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画)×音楽:久石譲(『千と千尋の神隠し』)が贈るアニメーション映画。映画化に至るまで10年もの歳月をかけ構想されたという青春ファンタジーで、“命の選択”という究極のテーマが描かれる。

高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公・ユウの声を演じるのは山崎賢人。ユウの親友の高校生・ハル役に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの彼女・コトナ役とエスタバニア王国の姫・アーシャ姫役を永野芽郁が演じ、宮野真守津田健次郎坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった豪華声優陣、ムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固める。

久石譲は、ゲーム『二ノ国』から音楽を担当しており、映画版でも音楽で作品を盛り上げる。映画『二ノ国』は8月23日公開。
▲久石譲/映画『二ノ国』オリジナル・サウンドトラック
■監督 百瀬義行 コメント

壮大なオーケストレーションの中に、登場人物が揺れ動く繊細な心を汲み取った久石さんの音楽は、映画に新しい彩りを添えてくださいました。


■製作総指揮/原案・脚本 日野晃博 コメント

久石譲さんの音楽は、二ノ国の世界観を形成する最重要の要素です。
今回の音楽も、原作のゲームからさらに飛躍し、映画独自の世界観をカタチづくることに成功しています。二ノ国にいるときと一ノ国にいるときの、音楽性の違いなどにも注目ポイントです。
今回の映画二ノ国でもそうですが、久石さんのつくられる、感情に寄り添った音楽の流れは、映画音楽の神髄と言えると思います。


久石譲/映画『二ノ国』オリジナル・サウンドトラック

2019年8月21日(水)発売
¥2,800(税抜)
UMCK-1637

映画『二ノ国』

2019年8月23日(金)公開
山﨑賢人 新田真剣佑 永野芽郁 
宮野真守 坂本真綾 梶裕貴 津田健次郎 
山寺宏一/伊武雅刀 ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主題歌:須田景凪「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
プロデューサー:小板橋司
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:西谷泰史
助監督・演出:森田宏幸
演出:大和田淳 松永昌弘 室谷靖 高橋ナオヒト 中田誠 美術監督:志和史織
色彩設計:谷本千絵
撮影監督:鯨井亮
音響監督:久保宗一郎
編集:野川仁
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画 (c)2019 映画「二ノ国」製作委員
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/
公式Twitter:@Ninokuni_movie #映画二ノ国

[あらすじ]
冷静沈着で車いすのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は高校生で幼なじみ。ある日、突然何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へと引き込まれる。そこは命が繋がった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりな二ノ国の姫、アーシャに惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった──。
コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。大切な人の命をかけた<究極の選択>が迫るとき、2人が下した決断とは──?

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着