ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)、デジタルシングル「Jellyfish」のMV公開!!

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)、デジタルシングル「Jellyfish」のMV公開!!

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)、デ
ジタルシングル「Jellyfish」のMV公
開!!

最新デジタルシングル「Jellyfish」MV公開

人気・実力ともに確固たる地位を築きあげている、韓国発ロックバンドCNBLUE
そのリーダーであり、 ボーカル&ギターのジョン・ヨンファの最新デジタルシングル「Jellyfish」のミュージックビデオが8月2日公開された。
ジョン・ヨンファは現在、[FEEL THE FIVE “Y”]という、除隊までの兵役期間中に新曲5曲を発表するプロジェクトを進行中。
6月22日より全国公開されたフィルムコンサート 『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』上映後に、第4弾デジタルシングル「Jellyfish」発売をサプライズ発表し、劇場内を歓喜の声で沸かせた。
▷ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) 人気歌詞ランキング
ヨンファのシックな衣装も必見
公開された「Jellyfish」のミュージックビデオは、幻想的でスタイリッシュな楽曲の世界観を余すことなく表現。
グルーヴィなビートが特徴的なデジタルサウンドのトラックが心地よく、妖しくも美しい青く光る「Jellyfish=クラゲ」を始め、数々のCGが壮大な、ダークかつ浮遊感溢れる映像は観る者を釘付けにさせるに違いない。
そんな神秘的なロケーションに佇む、シックな衣装を身にまとったジョン・ヨンファの姿も必見だ。
若者の心境を描いた楽曲
ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) 最新デジタルシングル「Jellyfish」は、2019年8月2日より配信スタート。
若者が未来への不安を抱える心境、誰しもが感じる新しい一歩を踏み出す前の怖さ・葛藤を描いた曲となっており、公式サイトでは原曲の英語詞とその日本語訳も公開された。
YouTubeでは字幕機能を利用し、英語と日本語のほか、韓国語、中国語の翻訳も閲覧可能となっているため、こちらも注目だ。
また、ミュージックビデオのメイキング映像は、iTunes Storeにて楽曲とMusic Videoのバンドル購入特典として、ダウンロードが可能となるため、是非入手してほしい。
https://JungYongHwa.lnk.to/Jellyfish
『LINE MUSICで100回聴いて韓国グルメに行こう!』キャンペーン
なお8月2日配信スタートの「Jellyfish」と、8月28日(水)にリリースされるCNBLUEのフィルムライブDVDのリリースを記念し、ヨンファ新曲&CNBLUE FILM LIVE リリース記念『LINE MUSICで100回聴いて韓国グルメに行こう!』キャンペーンも開始。
LINE MUSICでキャンペーン該当曲を100回数以上再生して、ワーナーミュージック・ジャパンのツイッターアカウント(@warnermusic_jp)をフォローし、Twitterでスクリーンショットとキャンペーンハッシュタグ(第一弾「#100ヨンファJF」  / 第二弾「#100CNLIVE」)で投稿を行うと、抽選で韓国グルメも楽しめる全国共通食事券がゲットできるという内容だ。詳細はキャンペーンページをチェックしてほしい。 
また、上記キャンペーン開始に合わせてジョン・ヨンファとCNBLUEの入門編ともいえる、誰でも楽しめる彼らの人気曲を集めたプレイリスト「ジョン・ヨンファ 入門編」「CNBLUE 入門編」もLINE MUSICで公開。この機会にぜひたくさんの曲に触れてみよう。 
▲「Jellyfish」MUSIC VIDEO

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」