【イベントレポ】OLDCODEX、灼熱の新
宿でペイントパフォーマンス@ユニカ
ビジョン

2019年8月4日(日)、数多くのアーティストの上映会が開催されていることで注目を集めている東京・西武新宿駅前のユニカビジョンで<OLDCODEXスペシャル上映会>が行われ、メンバーのペインター・YORKE.がサプライズ登場。大勢のファンを前にライブ・ペインティングを実施して、集まった人々に“Dive to the Future”のメッセージを送る感動的なイベントとなった。

ヴォーカルのTa_2とペインターのYORKE.という異色の組み合わせで、見るものの感性を刺激するライブが高い人気を誇るOLDCODEX。このイベントは、7月31日にリリースされた彼らの6thアルバム『LADDERLESS』の発売を記念して、厳選された過去のライブ映像とミュージック・ビデオの上映がノーカットフルバージョンで行われるというもの。上映に加えて当日会場となる西武新宿ぺぺ広場にて、この日この場所でしか見ることの出来ない、YORKE.のアート作品が展示されることが告知されていた。会場となるぺぺ広場には、普段のユニカビジョンの上映会同様に青い柵が設置されていることに加え、壁際にあるボードにはアルバム『LADDERLESS』のジャケットとアーティスト写真が。そして「OLDCODEX」の文字だけが描かれた白いキャンバスが置かれており、「これはもしや・・・?」という期待感を、集まった大勢のファンから感じ取ることができた。
上映会はスマホアプリ「VISION α(ビジョンアルファ)」と連動しており、あらかじめアプリをDLして視聴の準備をしておくことで、上映中にアプリを起動したスマホを画面にかざすだけでスマホから、上映中の映像にシンクロした高音質サウンドを聴くことができる。さらに、プレゼント企画も実施。同じくアプリ「VISION α」をダウンロードしたスマホをビジョンにかざすことで応募することができ、「OLDCODEX 直筆サイン色紙」が5名、「Amazon ギフト券1,000 円分」が50名に当たるとあって、多くの参加者がスマホで応募している様子が見られた。尚、上映会の模様はOLDCODEX公式Twitter及びYouTube Lantis Channelにて生配信された。
16時から上映会がスタートすると、ビジョンにはぺぺ広場に集まった観客が映し出され、ほどなくしてメンバーのTa_2とYORKE.の姿がビジョンに映し出された。まずは、「Heading to Over」のMVからスタート。ギターを中心にした疾走感のあるサウンドが、西日が差す新宿の街に広がっていく。「Growth Arrow」では、激しいサウンドと力強いヴォーカルによる楽曲が演奏シーンとペインティングによるMVで上映された。そして、ミディアムバラード「Follow the Graph」の自然の映像の中で歌われるMVに移行すると、ぺぺ広場の観客たちは静かに歌の世界に聴き入っていた。最新アルバムの曲ながら、すでに聴き込んでいるファンも多かったようで、一緒に口ずさんでいる人の姿も見られた。
続いてはライブ映像に移行。2018年に行われた<OLDCODEX Arena Tour 2018 “we’re Here!”>より、「Rage on」の演奏が始まると、ビジョンの映像の中、会場の観客は熱狂的な声を上げている。ぺぺ広場では、その様子を観ながら体を揺らして乗っている人もいて、先ほどとは違った熱気に包まれていた。Ta_2がサビをシャウトすると、YORKE.も前に出てスクリームを重ねる。その熱気は「WALK」へと続き、「ジャンプ!ジャンプ!」と煽られて、ぺぺ広場もアリーナの客席と一体になったように合唱したり手拍子を送ったりと、ライブさながらの盛り上がりとなった。ライブ映像は、ツアーで最後に披露された曲「smiling」へ。会場の観客は「Oi! Oi!」と2人の汗だくのパフォーマンスに応えて、ライヴ映像の上映は締めくくられた。
上映会が終了すると、ユニカビジョンの映像は、再びぺぺ広場へと移る。すると、テラスの上にはYORKE.がサプライズ登場!まさかの本人降臨に騒然となったペペ広場の観客の大歓声の中、テラスから階段で下に降りてくると、ステージに上がり、「Sight Over the Buttle」を合わせてライブペインティングを開始した。日曜日の夕方ということもあり、周囲には大勢の人々が行き交い、大変な混雑に。通り過ぎる人たちは“#いったい何が行われているのか?”と、興味深げにステージを見ていた。「My Background One」「Follow the Graph」と、曲に合わせて白いキャンバスにライヴペインティングしていくYORKE.の姿を見て、ペペ広場にはどんどん人が増えていく。皆、スマホを掲げてパファーマンスを撮影していた。ライブペインティングは、キャンバスが真っ赤に染められるところから、アルバムタイトルの『LADDERLESS』の文字、さらにその上からは水色で「Dive to the Future」の文字が描かれた。そこには、YORKE.、OLDCODEXからのアニメへの深い思いが込められたメッセージを感じることができた。時間にして15分ほどのパフォーマンス。YORKE.はボードの左上にサインを入れると、集まった多くの人々に手を振り、静かにステージを降りて行った。
イベントが終わっても、多くのファンがYORKE.のペイント作品を間近で見ようとステージ前は人だかりが出来ていた。そんなファンの中から、高校の友だち同士だという女性2人に、イベントの感想を訊いてみた。
“映像の方でMVとライブ映像が流れるのは知っていたんですけど、いつも定番の曲がライブ映像が流れて、その後にOLDCODEXの曲の中でも人気のある曲「smiling」が流れたんですけど、私はこの曲を歌う2人が好きなのですごく嬉しくて”と、まず映像に感激したそうだ。また、“本当に来るかな?って思っていたらステージに登場して新曲と共にペインティングをしてくれて、最後に(ボードに)サインも書いて行ってくれましたし、言葉にならないぐらい嬉しかったです”と、興奮した様子で語ってくれた。一方、勧められてハマったという友だちの方は、“私は新曲「Follow the Graph」のMVを今日の上映会で初めて観たんです。カッコイイとは聞いていたんですけど、こんなにも切ない曲なんだ!?って思いました”。彼女はYORKE.の大ファンだということで、“サプライズ登場したときは興奮が止まらなくて、ずっとキャーキャー言ってました(笑)”と、これまた驚きっぱなしだったようだ。渋谷タワレコで実施中のタワレコ×OLDCODEXコラボカフェに行った後に、ペペ広場にやってきて映像を見るだけのつもりが、まさかのサプライズに遭遇したのだとか。“ステージに置かれたキャンパスが白かったこと、ペイント用のアイテムが置かれていたこともあって、半分期待はしていたんですけど、まさか本当に来るとはね!?”と、顔を見合わせて嬉しそう。OLDCODEXのどんなところが好きなのか尋ねてみると、“やっぱり他のバンドと違うのは、YORKE.の存在ですね。普通のライブだと、ヴォーカルの歌と演奏で楽しみますけど、そこにYORKE.のペイントが加わることで、観る楽しみもあるところが良いですね。それとTa_2の歌声は声優をやっていることもあって、クリーンも出るしデスボイスも出せて幅広いし、2人とも強い武器があるところが魅力だと思います”とその魅力を教えてくれた。<OLDCODEX Tour 2019>のチケットもすでにゲットしたという2人は、握手会などのイベントも楽しみにしているそうだ。

ユニカビジョンでは今後も様々な上映会が予定されている。上映日時や上映内容、アプリ連動企画の有無などイベントの詳細はユニカビジョンのWebサイトで確認してほしい。

2019年8月4日(日)西武新宿ぺぺ広場
「OLDCODEXスペシャル上映会」
1.Heading to Over(MV)
2.Growth Arrow(MV)
3.Follow the Graph(MV)
4.Rage on(OLDCODEX Arena Tour 2018 “we’re Here!”)
5.WALK(OLDCODEX Arena Tour 2018 “we’re Here!”)
6.smiling(OLDCODEX Arena Tour 2018 “we’re Here!”)
YORKE. ライブペインティング パフォーマンス楽曲
1.Sight Over the Buttle
2.My Background One
3.Follow the Graph

リリース情報

『LADDERLESS』
発売日:2019年7月31日(水)
【初回限定盤】
LACA-35785 / 3,500円(税抜価格)
CD
1.Parasite
2.One Side
3.Selector
4.Heading to Over
5.Sight Over The Battle
6.Clock
7.My Background One
8.Deeply Mind
9.Growth Arrow
10.falling down
11.Follow the Graph
DVD
1.Follow the Graph (Music Video)
2.Making of “Follow the Graph” Music Video
【通常盤】
1.Parasite
2.One Side
3.Selector
4.Heading to Over
5.Sight Over The Battle
6.Clock
7.My Background One
8.Deeply Mind
9.Growth Arrow
10.falling down
11.Follow the Graph

ライブ・イベント情報

<OLDCODEX “LADDERLESS” Tour 2019>
日程:10月17日(木)
会場:【東京】LIQUIDROOM ebisu

日程:10月20日(日)
会場:【宮城】仙台 Rensa

日程:10月26日(土)
会場:【福島】郡山HIPSHOT JAPAN

日程:10月27日(日)
会場:【新潟】新潟LOTS

日程:11月2日(土)
会場:【岐阜】岐阜 club-G

日程:11月3日(日)
会場:【静岡】静岡 LIVE ROXY SHIZUOKA

日程:11月9日(土)
会場:【熊本】熊本B.9 V1

日程:11月10日(日)
会場:【山口】山口 RISING HALL

日程:11月16日(土)
会場:【兵庫】神戸 Harbor Studio

日程:11月17日(日)
会場:【京都】京都 FANJ

日程:11月30日(土)
会場:【香川】高松 festhalle

日程:12月1日(日)
会場:【広島】広島 BLUE LIVE

日程:12月14日(土)
会場:【神奈川】横浜 BayHall

日程:12月15日(日)
会場:【神奈川】横浜 BayHall

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着