【ライブレポート】HIKAKIN、Fische
r's、としみつ、夕闇らが”ナカマに
会いに行く”<U-FES. TOUR 2019 MU
SIC>スタート

日本最大級の動画クリエイターイベント「U-FES.」。その音楽編の初日となる<U-FES. TOUR 2019 Music 東京>が、8月7日(水)に新木場STUDIO COASTで開催された。本稿では昼公演の模様をレポートする。

◆U-FES TOUR 2019 MUSIC 画像

2015年に始まったUUUM(ウーム)主催のこのイベント。今年はさらに規模が拡大し、“「U-FES.」が全国のナカマに会いに行く”をスローガンに、“Music” “Games” “Girls” “Kids” “Variety”のジャンル別で実施、全国10都市をツアーとして回る。年をまたいで2020年3月まで続く<U-FES. TOUR 2019>の“Music”初回には、人気クリエイター8組が出演。そのパフォーマンスを画面越しではなく生で目撃しようと、会場には超満員の観客(お子さん連れの方も多い)が詰めかけ、開演前からグッズ販売コーナーも賑わいを見せていた。


▲ HIKAKIN&SEIKIN 画像

そして、いよいよ開演の時がやって来た。「ブンブンハロー、『U-FES. Music』! ARE YOU READY? OK, LET'S GO!」というHIKAKINのビートボックスを経て、HIKAKIN&SEIKINが揃ってステージに姿を現すと、場内は早くも歓喜の渦に! 兄弟ならではの息ぴったりな歌の掛け合いとダンスパフォーマンスで、TeddyLoid編曲のEDMチューンを披露し、2人が華やかに開幕の狼煙を上げれば、後続のクリエイターも負けじと闘志を燃やす。


▲ 夕闇に誘いし漆黒の天使達 画像

怒涛のファストチューン連打で過熱の一途を辿るライヴを展開したのは神奈川厚木発コミック系ラウドバンド、夕闇に誘いし漆黒の天使達。曲中で「全員でこの歌詞を読んでみようか!」と煽ってシュール極まりないフレーズを叫ばせたり、フリップ芸や寸劇、グルメネタもふんだんに織り交ぜたりと、破壊力抜群の面白カッコいいスクリーモサウンドで爆笑と熱狂を呼び込む。また、UUUMの中でじわじわ存在感が増してきたぁぃぁぃは、広いステージの上に1人で堂々と立ち、確固たる自分を持って、ヘドバンが似合う激ロックナンバーなどを披露。たとえ独りよがりと思われようが、歌いたいことを歌い、好きなように表現するその姿勢は美しく、一方で「みなさんが温かくてとても安心しました。でも、ザワつくってことは私の地声はあまり知らないってことですよね? すいませ〜ん、こんな感じです(笑)」と、キュートなMCでも観客とコミュニケーションが取れていた。


▲ ぁぃぁぃ 画像

▲ JENNI 画像

さらに、登場するなり「もっと拳を上げて!」とオーダーし、タオルを回すサマーチューン「夏音」でヒートアップさせたJENNIは、「今日暑いですよね? ここで1回みんなが休憩できる曲を」とオーディエンスを気遣い、ミディアムナンバーもしっとりと披露。ミラーボールが幻想的な空間を生み出す中、伸びやかな歌声を聴かせ、美しいコンテンポラリーダンスでも魅せてくれる。ロックスターっぽくマイクスタンドを携えて歌い始めた東海オンエアのとしみつは、「え!? Fischer'sを観に来たの? SEIKINさんHIKAKINさんを観に来たの? この時間だけは俺だけを観てちょうだーい!」と焚き付け、持ち前の愛されキャラを活かしながら大いに熱唱。1st EP『THE BEST』からの楽曲を次々に届け、コール&レスポンスも鮮やかに決め、渾身のシャウトで圧倒した。そして、ソロでの出演となったimiga。変幻自在のリズミカルなラップでソロアーティストとしての力量をアピールしつつ、MCでは「ぶっちゃけ、カイワレハンマー目当てでチケットを買ってくれたお客さんも少なからずいるでしょ?」と活動休止中のカイワレハンマーについて自ら触れる場面も。そんな彼の覚悟、あの曲に一人で果敢に挑む姿はエモすぎて、観ているこちらも思わずグッときてしまう。


▲ imiga 画像


▲ としみつ(東海オンエア) 画像

水を得た魚のように活き活きと舞台を駆けめぐり、圧巻の盛り上がりを見せたのはこの日欠席のメンバー、ダーマがプリントされたお揃いのTシャツを着て挑んだFischer's。夏にぴったりの新曲「8月の坂」をはじめ、忘れかけていた純粋な気持ちを思い出させてくれるノスタルジックかつポジティヴなキラーチューンを畳みかけ、「K! O! K! E!、コケ!!」といったシルクロードの意味不明なコール&レスポンスほか、ンダホ、マサイ、モトキ、ぺけたん、ザカオがルール無用でしゃべり倒す親しみやすいトークでも楽しませる。もちろん、ラップやブレイクダンスのパートもあり! “出来そうで出来なさそう、くだらない事、好きなことをする…。”という彼らのコンセプトを見事に体現した煌びやかなパフォーマンスは極上の一体感を生み出し、会場の全員を笑顔にさせた。


▲ Fischer's 画像

今後もツアーは続くので、ネタバレはこのくらいにしておくけれど、見どころありすぎのステージに来場者は大満足だったに違いない。集まってくれたファンが心置きなく楽しめるように趣向を凝らした、単なるライヴイベントでは終わらない、音楽を軸としたエンターテイメントショー「U-FES. TOUR 2019 Music」ならではの世界観と演出の下、クリエイターたちは存分に輝きを放ちながら、夏らしい楽曲やアップナンバーをふんだんに届け、気づけばクリエイターとナカマの間には並々ならぬ連帯感が生まれていた。
まだまだ始まったばかりの「U-FES. TOUR 2019」。次回以降はさらなるスケールアップが予想され、“Music”では秋、冬、春にふさわしい新たな演出も観られるかもしれない。気鋭YouTuberたちの旨味をまるっと堪能できるチャンスでもあるので、各地で行なわれる色とりどりのイベントにぜひ足を運んでみてほしい。
取材・文:田山雄士
撮影:@_24young_

<U-FES. TOUR 2019 MUSIC>

・11月3日(日) Zepp Nagoya
【第1部】OPEN 13:00 / START 14:00
【第2部】OPEN 17:30 / START 18:30
出演:HIKAKIN / SEIKIN / Fischer's / としみつ(東海オンエア) / ぁぃぁぃ / JENNI / imiga / みのミュージック (ミノタウロス)

・2020年2月24日(月・祝) Zepp Osaka Bayside
【第1部】OPEN 13:00 / START 14:00
【第2部】OPEN 17:30 / START 18:30
出演:HIKAKIN / SEIKIN / Fischer's / としみつ(東海オンエア) / ぁぃぁぃ / JENNI / imiga / 夕闇に誘いし漆黒の天使達

・2020年3月1日(日) Zepp Sapporo
【第1部】OPEN 13:00 / START 14:00
【第2部】OPEN 17:30 / START 18:30
出演:HIKAKIN / SEIKIN / アバンティーズ / Fischer's / 北の打ち師達 / としみつ(東海オンエア) / 恭一郎 / ぁぃぁぃ / JENNI / imiga

・2020年3月7日(土) Zepp Fukuoka
【第1部】OPEN 13:00 / START 14:00
【第2部】OPEN 17:30 / START 18:30
出演:HIKAKIN / SEIKIN / アバンティーズ / Fischer's / みのミュージック (ミノタウロス) / としみつ(東海オンエア) / ぁぃぁぃ / JENNI / imiga

・2020年3月22日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)
【第1部】OPEN 13:00 / START 14:00
【第2部】OPEN 17:30 / START 18:30
出演:HIKAKIN / SEIKIN / アバンティーズ / Fischer's / みのミュージック (ミノタウロス) / としみつ(東海オンエア) / ぁぃぁぃ / JENNI / imiga / 夕闇に誘いし漆黒の天使達

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着