名物はパンキャッチ!?盛り上がり必須のバンド「PAN」に迫る!

名物はパンキャッチ!?盛り上がり必須のバンド「PAN」に迫る!

名物はパンキャッチ!?盛り上がり必
須のバンド「PAN」に迫る!

PANって何者!?

「PAN」は、大阪出身の4人組バンド。1995年から活動を続けている、かなりキャリアの長いバンドです!
・・・と言われてもPANを知らない方はいまいちピンと来ませんよね。
そこで、同年に結成されたグループを挙げてみましょう。
同じロックバンドで言うと、BRAHMANグループ魂、ナンバーガール。なんと、アイドルでいえばV6やSPEEDが同級生!(笑)
これでどれだけ長く活動しているか、何となくお分かりいただけますよね。
そんなそこそこのキャリアをもつバンド「PAN」の魅力といえば、キャッチーで面白い楽曲。そして、気取らない全力のライブにあります!
特に面白いのが、フェスなど多くのバンドが集う場所でのライブ。自己紹介がてら、とにかくパンを投げまくるんです!
時には楽曲中に食パンを投げるなんてことも・・・(笑)
このPANの名物でもある“パンキャッチ”は、かなりインパクトがありますよね・・・!
また、彼らの面白さは楽曲やライブだけにとどまらないのがすごいところ。
というのも、彼らは自身の楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」を題材にした映画製作も行っているんです!しかも、かなりファンタジー。
そして、豪華キャスト。(笑)
詳細については別の項目でご紹介いたします!
PANといえばこの楽曲!
パンを投げるという前代未聞の(!?)ライブパフォーマンスも相まって、ライブはいつも大盛り上がり。
楽曲そのものもかなりノリがよく、聞くとハッピーになれちゃいます!
PANの代表曲をチェックしていきましょう!
今日だけ祭り
ライブ定番ソングのひとつ。かなり盛り上がる一曲です!
今日だけ祭り 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/yf17053118
ビールが美味しい、今日だけお祭り・・・なんてハッピーなサビなんでしょう!(笑)お酒好きにはたまりませんね^^
そうでなくても盛り上がれちゃう理由は、Aメロで歌われている残念あるある。
疲れていても山のように仕事があるサラリーマン・・・
家事に子育てに奮闘する主婦・・・
日々起こるめんどくさいことや辛いことに共感してくれてるから、サビで盛り上がっちゃうんですよね!祭りだー!飲め飲めー!・・・と、飲めなくても。(笑)
ライブはもちろん、飲み会の前に個人的に聞くのもおすすめ!一人で盛り上がりながら飲み会に迎えます。(笑)
今夜はバーベキュー
上記でご紹介した「今日だけ祭り」に負けず劣らずのハッピーソング。単純明快な歌詞に注目です。
今夜はバーベキュー 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/iz17052956
わかりやすいですね!(笑)繰り返される「今夜バーベキュー」から、今日をどれほど楽しみにしていたかが伝わってきます。
しかし、下記の部分ではいいことも言っているんですよ♪
今夜はバーベキュー 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/iz17052956
舞台はたかがバーベキューなんですが・・・でも、おっしゃる通り。最高の瞬間をしっかりと味わうこと、ちゃんとご飯を食べること。そして美味しものを食べて笑えれば、それだけで幸せなんです。
なんだか身近な幸せに感謝したくなる、ほっこりとした楽曲ですよね。(笑)
この「今夜はバーベキュー」か「今日だけ祭り」は、ライブでは必ずと言っていいほどどちらかが演奏されます。ライブの予定がある方は要チェックです!
ギョウザ食べチャイナ
まずは歌詞をご覧ください。
ギョウザ食べチャイナ 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/iz17052911
タイトルの時点で察した方もいらっしゃると思いますが、その通り。ギョウザに関する楽曲です。そして、必ずギョウザが食べたくなる楽曲でもあります。(笑)
フェスでこの曲を演奏すると、屋台のギョウザが飛ぶように売れるとボーカルの川さんも豪語しておりました。(笑)確かにインパクト抜群な上、ギョウザに関する描写が絶妙なんですよね・・・。
ギョウザ食べチャイナ 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/iz17052911
これを聞いたら誰でもギョウザ食べたーい!ってなりますよね。
また、サビのキャッチーなメロディーも要注目。みんなが笑顔でギョウザを思い、メロディーに合わせ手を振る姿は感動すら覚えます。(笑)
ぜひ聞いてみてくださいね♪
映画「想像だけで素晴らしいんだ」
音楽活動だけでなく、映画まで作っちゃうアクティブなバンド「PAN」。
記念すべき一作目にあたるのが、自身の楽曲をモチーフとした映画「想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-」です。その詳細について見ていきましょう!
どんな映画なの?
主人公は、40歳を目前に控えた3人組。舞台は、織姫と彦星がズルしてでも愛し合うとされる「裏七夕」。思い描いていた未来とはかけ離れた現実を生きる3人が、「もう一度あの頃に戻りたい」という願いを叶えるため、「裏七夕」に動き出す・・・そんな青春映画です。
意外な登場人物がたくさん・・・!?
映画の主演は、元極楽とんぼの山本圭壱さん。これだけでも十分豪華な感じはしますが、実はバンド好きにはたまらない有名人がたくさん出演しています!
例えば、四星球。体育教師やヤンキー高校生役としてちょこっと出演しています。(笑)
SIX LOUNGEも「流行りのバンド」役として出演している他、忘れらんねえよの柴田隆浩さん、a flood of circleの佐々木亮介さんなど、よく見ると出演者はバンドマンばかり!
何人見つけられるか、ぜひ試してみてください^^
作中曲はもちろんPAN!映画の中で使われている楽曲は、PANのオリジナル。こちらも要チェックです!
想像だけで素晴らしいんだ
映画のモチーフになった楽曲。まだ見ぬ未来への期待や希望が歌われています。
先ほどご紹介した「今日だけ祭り」や「ギョウザ食べチャイナ」からは想像もできないほど素晴らしい楽曲ですよね!(笑)
想像を超えるような日が来る気がする・・・。漠然としていながらも確かな希望が、気持ちを前向きにしてくれます。
中でも特に気持ちを盛り上げてくれるのが、下記の部分。
想像だけで素晴らしいんだ 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/iz17052918
正解なんてないんだから、自分らしく自由に行け!という応援メッセージ。点数よりもセンスだと励ましてくれる点もいいですよね!
何か新たな門出に立った時に聴きたくなるような一曲です。
ザ・マジックアワー
こちらは映画の主題歌として使われている楽曲。がむしゃらなまでに夢に向かう気持ち・姿勢が清々しいですよね!
ザ・マジックアワー 歌詞 「PAN」
https://utaten.com/lyric/qk18020381
周りがなんと言おうと関係ない。誰にだって後悔はあるし、満たされることのない思いを抱えてる。それでも、全力で夢へと向かっていく・・・!
楽曲で歌われている夢は音楽に関することですが、そうでなくても心に響きますよね。映画の内容にもぴったりとハマっています♪
夢を諦めそうになった時や、夢を見失いそうになった時に聴きたい一曲です。PANファンでなくても必見☆
作中曲が非常に素晴らしいのは上記でご理解いただけたと思いますが・・・映画としても非常に素敵な作品です♪
作中曲と映画の作者が同一人物だからこそ、歌詞とストーリーが絶妙にマッチしています。もう、いちバンドが作ったとは思えないほどしっかりとした青春映画です!
単純にストーリーに浸るもよし、音楽を楽しむもよし、出演するバンドマンを探すもよし。様々な楽しみ方ができますので、PANのファンではないという方もぜひチェックしてみてください!
「想像を超える日」を目指して活動中!
以上、PANについてご紹介いたしました!キャリアの割に知名度の低いPANですが、彼らはユーモアに溢れる素晴らしいバンド。また、単純にコミックバンドじゃないと言う点も魅力的です。
面白い楽曲も多いのですが、「想像だけで素晴らしいんだ」や「ザ・マジックアワー」のように泣かせにくる曲も多いのがいいところ。ライブでも楽曲に緩急があるので飽きずに楽しめます♪
今回の記事でPANに興味を持ったという方、ぜひライブにも足を運んでみてくださいね!
そして名物”パンキャッチ”でパンをGETしてください!(笑)
TEXT ゆとりーな

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着