ASIAN KUNG-FU GENERATION『リライト』で消したいものは何なのか?

ASIAN KUNG-FU GENERATION『リライト』で消したいものは何なのか?

ASIAN KUNG-FU GENERATION『リライト
』で消したいものは何なのか?

音楽が人に与えるもの
アニメ「鋼の錬金術師」のオープニングとして起用され、サビの「リライトして」の部分には、一度聴いたら忘れられない中毒性がある。
そんな『リライト』の歌詞には、ミュージシャンの苦悩や葛藤が描かれている。

リライト
リライト 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION
https://utaten.com/lyric/ja00011641
音楽関係の仕事がしたいという人は、音楽が好きだからという理由がある人が多い。
しかし、ミュージシャンとなれば理由はそれだけではなくなってくる。音楽を届ける者として、自分が日頃から感じている想いを人に伝えたいといった、自己表現の1つとして音楽の道を志した人も少なくはないだろう。

いざ、ミュージシャンの夢を叶えた後に待っていることは、楽しさだけではない。夢は叶えるまでもが大変だが、叶えた後の方が遥かに大変だということが、この歌詞から読み取れる。
いつも自由に音楽を生み出せるかといったらそうではなく、生み出す過程での葛藤や苦悩もあるのだ。一見華やかに見えるミュージシャンの隠れた努力があるからこそ、世に送り出された音楽を聴いた私たちは、心を動かされるのだ。

「リライトして」と叫ぶ理由とは
リライト 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/ja00011641
リライト(rewrite)を和訳すると、文章を目的に合わせて書き直す、書き換えるといった意味合いになる。
   
テーマを掲げ、自分の想いを乗せたストーリーを創り上げ、一通り完成しても、納得のいかない箇所があれば書き直しを行う作詞。歌詞に合わせた曲を作り、レコーディングを行い、録り直し、楽器の音を重ね合わせていく作曲。
かなり大まかな流れの説明にはなってしまったが、1つの音楽を作り上げる為、このような工程の中で、特に書き直しや録り直しに着目し、その時の心情を中心に描かれた歌詞になっているのだ。
「リライトして」の叫びには、思うように音楽制作が進まない苛立ちを含みつつ、自分の中からアイデアを呼び起こし、妥協せずに最高の一曲を生み出したいという意欲も感じられる。

やっとの思いで完成した楽曲でも、時間を置いて聴いてみると“ここはこうした方がもっと良くなるんじゃないか”という箇所も出てくる。加えて、自己満足だけに終わらず、多くの人が聴くということを、常に頭におきながら創り上げる必要もあるから、音楽制作というものは一筋縄ではいかない。

作詞・作曲活動の中で、最初に浮かんだものを消して、より良いものに上書きするといった意味合いを含め、タイトルを「リライト」にしたのだろう。

TEXT 蓮実 あこ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着