クリープハイプ、ノンフィクション書
籍『バンド』発売決定

▲装丁ラフ画像(装丁:寄藤文平)

クリープハイプが現メンバーになってから10周年を記念し、“全ての仕事”に通底する難しさと秘訣に迫ったノンフィクション書籍『バンド』が10月20日に発売される。
メンバーが次々と脱退して尾崎世界観(Vo&G)の“一人バンド”となっていたクリープハイプに、小泉拓(Dr)、長谷川カオナシ(B)、小川幸慈(G)が正式に加わったのが2009年11月16日。

震災、インディーズアルバムの成功、失踪、メジャーデビュー、解散の危機、レーベル移籍、不当なバッシング、歌えない・演奏できない身体になるなど、次々に押し寄せる困難を4人はどのように乗り越えていったのか? 本書では、同じ出来事に対して4人が別々の場でじっくりと語り、彼らが本当の“バンド”になっていった過程を明らかにする。

なお10月10日に行なわれるワンマンライブの会場(東京・新木場STUDIO COAST)で、本書の先行販売が行なわれる予定だ。

「バンドは最小の会社組織のようで、会社そのものじゃない。家族より長い時間をすごしているけど、家族でもない」──尾崎世界観
書籍詳細

『バンド』
クリープハイプ(聞き手:木村俊介)
定価:1,900円+税
装丁:寄藤文平(文平銀座)
発売予定:2019年10月20日(日)
※初版限定特典として、クリープハイプメンバー4人全員のサイン入りポストカード(デザイン:寄藤文平)

■聞き手:木村俊介
インタビュアー。1977年、東京都生まれ。著書に『善き書店員』『インタビュー』(ミシマ社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『デザインの仕事』(寄藤文平/講談社)などがある。

[先行販売]
2019年10月10日(木)東京・新木場STUDIO COASTでのクリープハイプ・ライブ会場にて先行販売予定

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着