「大人になった経験が歌に生きている
」CHEMISTRY、ドラマ主題歌を含む両
A面シングルをリリース

CHEMISTRYが8月21日に両A面シングル『Angel/Still Walking』をリリース。「Angel」はドラマ『それぞれの断崖』主題歌として、シリアスな大人のドラマを盛り上げているので、聴いたことがある人も多いだろう。一方の「Still Walking」は、彼らの秋のツアーのサブタイトルにもその名が掲げられている一曲だ。この後には、再始動後初となるアルバムも控えるCHEMISTRYの二人に話を聞いた。

Photography_Shunsuke Imai
Text_Osamu Onuma

複雑な主人公の心境を、歌が代弁できた

――「Angel」は遠藤憲一さん主演のドラマ『それぞれの断崖』の主題歌になっています。ドラマの主題歌は10年ぶりだとか。

川畑要 : びっくりしましたよね。活動休止していた期間があったとはいえ、そんなに経っていたんだって。

堂珍嘉邦 : 期間が空いたにもかかわらずオファーしてもらえて、ありがたいなと思います。

――久しぶりのドラマ主題歌ということで、製作時にも気合いが入ったのではないでしょうか?

川畑要 : そうですね。『それぞれの断崖』は『牡丹と薔薇』などの昼ドラを作っていたチームが製作しているドラマで、登場人物が人生の岐路に立たされることも多いシリアスな内容。僕たちとしてもその濃いドラマに見合った楽曲を提供したいと思っていましたし、プロデューサーの松尾潔さんも、ドラマの制作陣と何度も歌詞をやりとりしていました。

堂珍嘉邦 : ドラマの製作チームの皆さんもすごくこだわりを持っていましたね。レコーディングを見に来てくれたり。

川畑要 : ただ、ドラマに寄せきっているわけではないのかなと。CHEMISTRYらしさをちゃんと残しながら、どんな風にドラマの世界に寄り添えるのかを考えて作っていきましたね。

堂珍嘉邦 : レコーディングの時には、まだドラマのあらすじしか知らされていなかったんですよ。同時進行で作っているし、自分たちなりの主観も交えながらレコーディングしていくことになる。

川畑要 : うん。だから良い意味でドラマを意識しすぎず作ることができましたね。自分としても、「Angel」をCHEMISTRYの世界観の作品として作り上げることに集中していました。結果として、良い相乗効果が生まれたと思っています。

堂珍嘉邦 : まさに相乗効果ですね。第1話を見ていて、エンディングで流れるのを聞いたんですが、主人公の気持ちを歌が代弁してくれているように感じました。別の自分が背中を支えてくれているというか……。複雑な心境の時って、そういう気持ちの揺らぎがあるじゃないですか。その曲の世界観が、ドラマとつながったと感じました。

自分がどれだけリアリティを持って歌え
るかが勝負

――サウンド面で特にこだわったところはありますか?

堂珍嘉邦 : ドラマの製作チームからは「ストリングスを生音にしたい」とオーダーがありました。僕たちとしても、それで大正解だったと思いました。

川畑要 : ストリングス、歌っていても気持ちいいんですよね。

――聴いていても耳に残ります。「Angel」は前半は低音が強めだけど、サビで歌のキーが上がって、そこにストリングスが響く。ドラマチックな展開だと感じました。

川畑要 : サビで盛り上がっていく感情に火を付けてくれますよね。歌のパワーが増したと思います。

――歌う時に意識していたことはあるのでしょうか。

川畑要 : サビの“Angel”の歌い方は、最初はもっとカタカナに近い発音だったんです。ただ、それだと大事な言葉なのに耳に残らないなと感じていました。レコーディングの中で今の英語的な発音に変えてみたら、歌っていても気持ちが良いし、曲にパワーも出る。世界観を強めることができたと思います。

堂珍嘉邦 : 歌い方というか、歌詞の意味を読み込んで、どこに自分の気持ちを乗せられるかは考えました。イントロのギターがかっこいいとか、ストリングスが良いとかサウンド面で良いところもたくさんあるけど、最終的には歌っていて共感できないと意味がないので。

――具体的には、歌詞のどの部分を意識したのでしょう?

堂珍嘉邦 : “守るべきものがある それだけで人は優しくなれる”などのサビの歌詞ですね。お行儀良く思われるかもしれない歌詞だからこそ、自分がどれだけリアリティを持てるかが勝負でした。サビの終わりには“まだ間に合う”という言葉も出てくる。その重さや、宙ぶらりんな気持ちをどう表現するかはすごく考えました。

――ストレートな強さのある歌詞に重みを持たせて歌えるのは、お二人が経験と年齢を重ねたことも大きいのかもしれませんね。

川畑要 : そうですね。歌のスキルだけを考えても、10年前ではこんな風には歌えなかったと思うし、『それぞれの断崖』という大人なドラマを見ても感じ方が違ったかも。二人とも40歳になって、仕事やプライベートで色んな経験をしてきたことが歌に生きていますね。

堂珍嘉邦 : “傷だらけだっていい”という歌い出しの歌詞がありますが、若い時の傷だらけと今の傷だらけでは印象が違いますよね。若い時はたとえば繊細で、そこまで大きなことではなくても傷ついていたかもしれないけど、今は人生をかけて傷ついたのかもしれない、とも考えられる。解釈はいろいろあるけど、年齢によって歌う時の気持ちの当て方が変わっていきます。今回は背伸びせずに歌えたと思いますね。

ツアーのサブタイトルにもなっている先
行楽曲「Still Walking」

――両A面のもう一曲は「Still Walking」。こちらは「Angel」とは違った爽やかなナンバーですね。

堂珍嘉邦 : 2曲とも重い曲にして「ケミって重いよね〜」と思われたくないので(笑)。この曲は9月25日にリリースするアルバムにも収録しています。ちなみにアルバムの曲順はライブを意識していて、ファンのみんなと楽しめる曲になるといいなと思っているので、たくさん聴いてからライブに来てほしいですね。

――10月からはじまるツアーのサブタイトルにもなっていますよね。「歩き続ける」というメッセージも再始動後初のアルバムにふさわしいですし、CHEMISTRYにとっても重要な曲だと感じました。

川畑要 : 「歩き続ける」「歌い続ける」といったテーマはこれまでも何度か歌ってきたものではあるんです。ただ、今回は重くならないように、言い聞かせているみたいにならないように、すごく肩の力を抜いて歌いました。ファンの方が笑顔になってくれればいいなと思っています。

――この2曲とは別に、鈴木雅之さんの「ガラス越しに消えた夏」のカバーもされています。どういった経緯でカバーしたのでしょう?

川畑要 : この曲は昔テレビでカバーさせていただいていて、ライブでも歌ったことがある曲です。鈴木雅之さんとは歌番組で共演したこともあって縁があるので、カバーしたら面白いんじゃないかと思いました。

――実際にレコーディングしてみていかがでしたか?

川畑要 : 単純に気持ちよかったですね。僕はソロでカバーアルバムも出しているし、カバーってすごく好きなんですよね。もちろんアーティストとしての責任もあるんだけど、本当に歌が好きで歌っている感覚に戻れるので。この曲もそんな気持ちで歌うことができました。

堂珍嘉邦 : 原曲の世界観を保ちながら2019年バージョンにしたような、今っぽいアレンジの質感に仕上がりました。そういう雰囲気の中で、リスペクトの気持ちをこめて歌うことができましたね。

「CHEMISTRYチルドレン」も多数関わっ
た、再始動後初のアルバム

――9月にはアルバム『CHEMISTRY』もリリースされますね。再始動後初のアルバムで、セルフタイトル。それだけで気合いを感じます。

堂珍嘉邦 : 今回の作家陣には「初めて買ったCDがCHEMISTRYでした!」みたいな、いわゆる「CHEMISTRYチルドレン」がたくさん関わってくれているんですよ。時間が経ったなあと思うけど、自分たちのことを好きでいてくれている人との制作はすごく楽しかったです。CHEMISTRYって名前のごとく、色んなことを取り入れながら、守るところは守って、攻めるところは攻めて。「R&B原点回帰」というテーマも掲げつつ、楽しみながら作れましたね。セルフタイトルも一生に一回しかできないことですし、それをこのタイミングでできてよかったです。

川畑要 : 再始動するにあたってまた二人で向き合って、松尾さんや、初期に関わってくれたメンバーも集まってくれて、そうして作ったアルバムなので。ちょっとファーストアルバム感もありますね。

堂珍嘉邦 : 再始動して最初のシングルだった「ユメノツヅキ」や、松尾さんが「これまでのプロデュース人生の中で理想にかなり近い一曲」と言ってくれた「もしも」など、シングルもたくさん収録されています。

――最後に、ファンの方にメッセージをお願いします。

川畑要 : 7年半ぶりのアルバムということで、僕らのことを知らない人、久しぶりの人もたくさんいると思います。だからこそ、どんな風に届くんだろうと思っているし、しっかり届けていかないとと思っています。今の僕たちの歌とサウンドがこの1枚に詰まっていると思うので、ぜひ楽しんで聴いてほしいですね。

堂珍嘉邦 : 作品も大事だけど、ライブが生命線だと思っています。セルフタイトルをつけたアルバムをひっさげてのツアーだし、今のCHEMISTRYを見に来てほしいなと思っています。

作品情報

CHEMISTRY 4th single
2019.08.21
『Angel / Still Walking』

AICL-3739 ¥1,500+税

[収録曲]
1. Angel
2. Still Walking
3. ガラス越しに消えた夏
4. Angel – Dohchin Vocal + Karaoke –
5. Angel – Kawabata Vocal + Karaoke –
6. Angel – Instrumental –
7. Still Walking – Instrumental –
8. ガラス越しに消えた夏 – Instrumental –


CHEMISTRY
オフィシャルサイト
Twitter
facebook

堂珍嘉邦 Twitter Instagram
川畑 要 Twitter Instagram

「大人になった経験が歌に生きている」CHEMISTRY、ドラマ主題歌を含む両A面シングルをリリースはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着