荒川弘原作コミック、ミュージカル『
アルスラーン戦記』が開幕 アルスラ
ーン役・木津つばさら出演者のコメン
ト&舞台写真が到着

2019年9月5日(木)、大阪・東京全15公演にて上演されるミュージカル『アルスラーン戦記』が開幕し、舞台の様子と初日公演を終えたキャスト、そして演出家・伊勢直弘からのコメントが到着した。
本作は、「鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」などで知られる漫画家・荒川弘が手掛けるコミックス「アルスラーン戦記」( 「別冊少年マガジン」(講談社連載中)を原作としている舞台。物語は、架空の王国パルスを舞台に、王太子アルスラーンを始めとする英雄たちの戦いの軌跡を描いている。コミックスは1986年に刊行がスタートした田中芳樹の歴史ファンタジー小説を原作に、2013年8月号より「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載を開始し、既刊11巻でシリーズ累計650万部を突破。2015年4月にはMBS・TBS系全国28局ネットでTVアニメ第1期が放送され、2016年7月には第2期の放送もされるなど注目度の高い作品だ。
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
本公演のキャストは、アルスラーン役に木津つばさ(舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り 博多藤四郎役)、ダリューン役に加藤将(舞台『刀剣乱舞』大包平役、舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』ジークフリード・キルヒアイス役)ナルサス役に斉藤秀翼(舞台『黒子のバスケ』IGNITE-ZONE 氷室辰也役)ほか、豪華キャスト12名が出演している。
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
伊勢直弘(演出家):ミュージカル『アルスラーン戦記』は、それぞれの正義がぶつかり合う人間ドラマとなっています。ミュージカルという華やかなショーアップに頼らず、演劇を真面目につくってきたつもりですので、彼らの生き様を見届けていただけたらと思います。
木津つばさ(アルスラーン役):このミュージカルは全役者陣の熱量がすごいんです。それが合わさって、ひとつの大迫力の舞台をつくり上げています。是非劇場に足を運んで、その熱量を感じてほしいです。ネットで調べるの禁止です!(笑)
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
加藤将(ダリューン役):この作品はオープニングからアンサンブルの方の激しい殺陣シーンから始まるのですが、少ない人数で何万の兵の熱量を演じてくれている彼らの殺陣があってこそ、ミュージカル『アルスラーン戦記』という作品が成り立っていると思います。この物語はアルスラーンの成長の物語ですが、アルスラーンに影響されて成長していくダリューンやナルサスにも注目していただきたいです。絶対に楽しんでいただけるミュージカルになっていると思っています!
斉藤秀翼(ナルサス役):バラバラだった仲間達が「殿下のために!」と声を上げるシーンは僕自身が感動して涙が出そうになりました。「殿下のために命を捨てよう」そして「殿下のために生きよう」と考える仲間たちの生き様をみてほしいと思います。

(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ

熊谷魁人(エラム役):オープニングでの歌は迫力があり、作品にぐっと引き込まれるポイントだと思っています。まずは大阪公演を全力でがんばり、東京公演もいいミュージカルをお届けしますので、是非劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。
山田ジェームス武(ギーヴ役):ミュージカル『アルスラーン戦記』は観れば観る程、楽しいと思える大作になっています!劇場で頭から最後まで観ていただいて、一人一人の熱量を感じてもらえたらと思っています。小説・コミックス・アニメとは違う、ミュージカルならではの良さも感じてもらいたいです。「このシーンは歌で表現するとこんな感じなんだ!」や「ギーヴの詩は歌になるとこうなるんだ!」など新鮮な驚きがきっとあります! ヤシャスィーン!
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
立道梨緒奈(ファランギース役):ミュージカルならではのBGM・歌が凄くかっこいいので注目してもらいたいです。あとファランギースとギーヴの出会いのシーンは見どころのひとつ!お客さんに笑ってもらえたら嬉しいです。
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
岩戸千晴(アルフリード役):ナルサスと出会って、アルスラーン一行と合流したあとに、自分がどれだけ戦えるかというのを見せつけるシーンがあるのですが、そこでのアルフリードのアクションシーンは是非観ていただけたら嬉しいです!
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
村田洋二郎(キシュワード役):個人的にはミュージカル初挑戦なので、心を込めて歌いたいと思っています。この物語は、タイトルにもなっている通り、アルスラーンの物語なので、アルスラーンが成長していく姿を是非劇場でご覧いただきたいです。
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
内堀克利(カーラーン役):若いキャストさんたちのパワーに負けないように、おじさん凄い頑張ってます。カーラーンのイチオシシーンは、やはり裏切りの場面ですね。迫力あるカーラーンに是非注目していただきたいです。この作品を全力で盛り上げていきます。皆様、劇場でお待ちしております。
滝川広大(ザンデ役):ついに開幕しました。ミュージカルということでやはり歌や殺陣シーンが魅力な作品だと思っています。特にダリューンとザンデの殺陣シーンは迫力があるので是非観てもらいたいです! ダリューンに対しての父を殺された憎しみや、ヒルメスに対しての忠誠心など、全力で演じたいと思います!
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
佐久間祐人(バフマン):1ステージ1ステージを大切に、物語のキーマンであるバフマンを演じたいなと思っています。バフマンとヒルメスが再会するシーンは一つの見どころになっていると思いますので、是非ご注目ください。
伊万里有(ヒルメス):ヒルメスの注目ポイントは、仮面の下の火傷のメイクです。(笑)メイクさん、衣装さんがとにかく素晴らしくて刀などの小道具も細かく作りこまれているところも魅力です。最高のスタッフと最高のキャストと一緒に、この作品をつくり上げることが出来て嬉しく思っています!最後まで全力でヒルメスを演じます。
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ
(c)荒川弘・田中芳樹・講談社/エイベックスピクチャーズ

なお、キャストが稽古に大きな時間を割いた劇中曲は、2020年2月28日(金)に発売されるミュージカル『アルスラーン戦記』Blu-ray&DVDに全曲収録となる。
本公演は2019年9月5日(木)~9月8日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA、9月11日~9月16日(月・祝)東京・THEATRE1010にて全15公演を上演。チケットは大阪・東京の全公演で当日券の発売が決定している。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着