<朝霧Jam‘19>、今年もまさに“Ja
m”な出演者の見どころ

10月12日(土)13日(日)に富士山麓 朝霧アリーナ ふもとっぱらにて開催される<朝霧Jam‘19>まで、あと約1か月に迫った。本稿では、出演アーティストの見どころをおさらいしたい。

昨年に続き、今年もフジロックの会場内で発表された出演者の第1弾ラインナップを目にし、朝霧への参加をその場で決意している人を多く見かけたのも頷ける。すでに第2弾まで出演者発表は済んでおり、くるりハナレグミHot Chipコーネリアスらを筆頭に、ライブに定評がある折坂悠太(合奏)やceroのステージは、未体験の方には特にチェックしてもらいたいアクトだ。VaVaやBIMといった新進アーティストには、この機会にぜひとも出会ってほしい。また、平日の朝7時からNHK Eテレで放送中の知的エンターテインメント番組「シャキーン!」に登場する架空のロックバンド、“ザ・ぶどうかんズ”(メンバーは片桐仁、やついいちろう、中村佳穂ら)は、これが初ライブということもあって目玉アクトの一つである。


▲くるり


▲ハナレグミ


▲Hot Chip


▲コーネリアス


▲折坂悠太


▲cero


▲VaVa


▲BIM


▲ザ・ぶどうかんズ

海外勢で特に気になっているのは、カナダのMen I Trust。朝霧Jamの洗練された澄んだ空気感との相性はきっと抜群、今からあの場で体感したくてたまらない。この直前に行う東京公演はすでにチケットが完売しており追加公演が実施されることからも、期待度は高い。同じくカナダから、ダニエル・シーザー、ケンドリック・ラマー、リアーナらの作品にも起用されるなど実力派は折り紙つきのジャズ・ヒップホップ・バンド、BADBADNOTGOODもはずせない。


▲Men I Trust


▲BADBADNOTGOOD

US勢では、“ポスト・ロバート・グラスパー筆頭株”との呼び声も高いKieferや、Chance the Rapperもそのデビュー・アルバムに参加し、しかもフリー・ダウンロードでリリースされて話題となったJamila Woodsは、この機会に観なきゃ損だと断言できる。


▲Kiefer


▲Jamila Woods

その一方で、マリで結成され主なメンバーはサハラ砂漠周辺で暮らす遊牧民というTamikrestは、2017年に<橋の下世界音楽祭>で初来日を果たして以来の来日公演となる。その雄姿、目の前で観たい! また、いま熱いアジアン・インディシーンからは、タイのSafeplanetが出演する。これほど今年のラインナップも実に多彩で、まさに“Jam”を体現しているが、さらに極め付けのように、世界中のDJ・アーティスト・リスナーに影響を与え続けてきたイギリスを代表するDJであるGilles Petersonの出演も決定している。


▲Tamikrest


▲Safeplanet


▲Gilles Peterson
世界中の音楽に触れることができる充実のステージと、目前には富士山という絶好のロケーションとの化学反応に病みつきになる人は多い。さらに言えば、出演者ラインナップが発表される前から、当然の恒例行事のように参加を決めているファンが多いのが朝霧Jamだ。音楽が鳴り止む夜間は、キャンプをしてゆっくりと時間を過ごす。遅ればせながら2017年度から参加した筆者にとっても、大げさな表現ではなく、年に数回、心の底から深呼吸できる大切な場所の一つになっている。
すでに駐車券は全種類完売しており人気っぷりを証明しているわけだが、交通手段に悩んでいる人には、首都圏・関西・中部(新宿、上野、さいたま、横浜、名古屋、京都、大阪)から出発し会場内に直行してくれるバスツアーが、体験者としてはとてもおすすめだ。往路のみ/復路のみという選択もできるので、それぞれの状況に応じて活用してほしい。バスツアー利用者専用の宅配便サービスも用意されており、また、とにかく便利なのがバスツアー利用者限定のレンタルテントプランである。女性のひとり参加もまったく問題ない。もし、慣れないテント設営がネックになって朝霧への参加をためらっている方に教えたいのがこのプランだ。テントは事前に会場内に設置されているため、返却も撤収もしなくていいので非常に気軽。ただ、レンタルテントプランは、第2回(最終)の受付期間が9月13日(金)17:00まで(当選発表は9月19日(木))となっているので、早めにお申し込みいただきたい。もしくは、電車+有料シャトルバスを利用する方法もあるし、朝霧に行きそうな知人に久しぶりに連絡をとって車に同乗させてもらう、というのもなんだか良いきっかけ作りになりそう。

どのようなかたちで参加したとしても、前述した豊かな自然と音楽に加えて、幸せになるフード&ドリンク、じっくり見て回りたいマーケット、思い出になるワークショップといったいろいろな楽しみが、参加者に充足の時間を約束してくれるはずだ。
文◎堺 涼子(BARKS)
<朝霧Jam'18>会場写真◎宇宙大使☆スター

■<ASAGIRI JAM ‘19>

2019年10月12日(土)13日(日)に富士山麓 朝霧アリーナ ふもとっぱら
開場・キャンプ開始:10月12日(土)10:00〜
開演:10月12日(土)14:00〜
終演:10月13日(日)20:00 予定
キャンプ終了:10月14日(月)11:00 ※指定キャンプサイトに限る

【<ASAGIRI JAM ‘19>出演アーティスト ※第2弾時点】
BADBADNOTGOOD
BIM
BOHEMIAN BETYARS
cero
CORNELIUS
GILLES PETERSON
ハナレグミ
HARVEY SUTHERLAND(SOLO LIVE SET)
HOT CHIP
HOTHOUSE FLOWERS
JAMILA WOODS
KIEFER
幾何学模様
MEN I TRUST
MONO NO AWARE
OGRE YOU ASSHOLE
折坂悠太(合奏)
PENGUIN CAFE
くるり
SAFEPLANET
TAMIKREST
THE ALEXX
T字路s
VaVa
ザ・ぶどうかんズ from シャキーン!

 ◆  ◆  ◆

【お問合せ】
朝霧 JAM オフィシャルサイト https://asagirijam.jp
SMASH 03-3444-6751
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着