ニック・メイスン、プログ・ゴッドに

英国のプログレッシヴ・ロック専門誌『Prog』が主催するアワーズ<プログレッシヴ・ミュージック・アワーズ 2019>が、木曜日(9月12日)ロンドンで開かれた。
8年目を迎えた今年、栄誉あるプログ・ゴッド・アワードは、ニック・メイスンへ贈られた。同アワードはこれまでリック・ウェイクマン、イアン・アンダーソン、ピーター・ガブリエル、トニー・バンクス、ジョン・アンダーソン、カール・パーマー、スティーヴ・ハウが受賞している。
ヴィジョナリー・アワードはアーサー・ブラウンに、故クリス・スクワイアの名を冠した巨匠アワードはジョン・ペトルーシ、功労賞はムーディ・ブルースのジョン・ロッジへ贈られた。

ペトルーシが在籍するドリーム・シアターは、インターナショナル・バンド・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

<プログレッシヴ・ミュージック・アワーズ2019>の受賞者/作品は以下のとおり。

●ヴィジョナリー
アーサー・ブラウン

●アルバム・カバー・オブ・ザ・イヤー
Daniel Tompkins 『Castles』

●ビデオ・オブ・ザ・イヤー
Cellar Darling 「Insomnia」

●クリス・スクワイア巨匠アワード
ジョン・ペトルーシ

●ライムライツ
Jo Quail

●リイッシュー・オブ・ザ・イヤー
マリリオン『Clutching At Straws Deluxe Edition』 

●功労賞
John Lodge

●イベント・オブ・ザ・イヤー
Ramblin’ Man Fair(フェスティバル)のProg In The Park Stage

●クラシック・アルバム
ホークウィンド『Warrior On The Edge Of Time』

●アルバム・オブ・ザ・イヤー
ビッグ・ビッグ・トレイン『Grand Tour』

●アウター・リミッツ
ジャック・ヒューズ

●インターナショナル・バンド・オブ・ザ・イヤー
ドリーム・シアター

●UKバンド・オブ・ザ・イヤー
Haken

●プログ・ゴッド
ニック・メイスン

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」