高橋優主催の野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES 2019」大盛況!

高橋優主催の野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES 2019」大盛況!

高橋優主催の野外音楽フェス「秋田C
ARAVAN MUSIC FES 2019」大盛況!


4年目となる高橋優主催のフェス「秋田 CARAVAN MUSIC FES 2019」が9月14日、9月15日に大仙市・サン・スポーツランド協和野球場で開催された。下記にて2日間に渡るフェスの模様をレポートする。
今年もこの季節がやって来た。秋田県内の13ある市を毎年キャラバンしていく高橋優による野外音楽フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2019』。4回目の開催地となったのは大仙市。日本三大花火に数えられる「大曲の花火」があることで有名だ。
【インタビュー】高橋 優「傷だらけの奴が自分を誇示している歌」アニメの主人公と自分を重ねた新譜
https://utaten.com/specialArticle/index/2662
トップバッターは大阪出身3人組ボーカルユニットのベリーグッドマン。こってり風味なコール&レスポンスやウソ英語MC(通訳付き)、ヒューマンビートボックスなど手数の多さと笑いのツボを正確に押し込むテクニックで会場を盛り上げていく。
代わってステージに登場したみはるは、光浦靖子の顔マネに声はDREAMS COME TRUE吉田美和というトリッキーなモノマネを披露。
【写真】高橋優 ライブ写真を全て見る
強い日差しで気温がグッと上昇するなか登場したのはクリープハイプ。あらゆるポップ・ミュージックのフレイバーをロックバンドというフォーマットで解釈した振り幅の広いサウンドは、様々なジャンルの音楽からお笑い芸人までが一堂に会するこの秋田キャラバンフェスにぴったりだ。それでいてきっちりロックフェスの文脈で魅せるあたりはさすがとしか言いようがない。
ふかわりょうは25年ぶりに「小心者克服講座」をターバンスタイルの高橋優とのコラボで披露。さらに「とんぶりの唄」で一度引っ込んだ高橋優がとんぶりの被り物&とんぶりを食べながら登場。ダンサーとして駆けつけたトミタ栞と3人で見事とんぶり兄弟になりきった。
ゴスペラーズによる美声ハーモニー
▲PHOTO:新保勇樹
本番前のリハーサルで、すでに会場の空気を一変させたのはゴスペラーズ。「れ」「い」「わ」にパート分けして会場全体でビューティフルハーモニーを響かせたのに続いて、「ひとり」を高橋優とコラボレーション。「人生で初めて」というアカペラに挑戦した高橋のリードからスタートした6人のハーモニーがどこまでも気持ちよかった。
目一杯西日が照りつける中元気に登場したのはCOWCOW。高橋優が用意した(かもしれない)ボックスからお題を引いて一発芸&あたりまえ体操でフィニッシュ。
秋田弁ファンク「Harazie!!」でド派手に始まった高橋優のライブ。どこの会場で見るよりも秋田キャラバンフェスでの一体感は半端ない。「福笑い」のイントロが鳴るやすかさず会場中からクラップが打ち鳴らされ、続く「泣ぐ子はいねが」のコール&レスポンスではお返しとばかりに秋田魂に火をつけるようなアジテーションを展開。
「秋田って場所はいろんな面でワースト1位っていう数字が出てたりするんでしょ。でも秋田が大好きでいい場所だって信じてるからみんな笑ってる。ただヘラヘラ笑ってるんじゃないよね。秋田の熱い魂を、決意して笑っている声を聞かせてくれ!」。
最後は残った出演者全員で「明日はきっといい日になる」を歌って1日目が終了した。
2日目は柳葉敏郎が降臨!
▲PHOTO:新保勇樹
チケットがソールドアウトとなった2日目、とびきりのサプライズが用意されていた。秋田キャラバンフェス影の管理官こと柳葉敏郎がついに降臨。二人が歌う秋田県民のアンセム「秋田県民歌」でスタート。
「秋田ーー!」の掛け声でライブをはじめたのはKANA-BOON。ダンサブルなビートのロックがあっという間に会場を飲み込んでいく。〝未来をどうにか変えていこう〟という「結晶星」のメッセージが秋田の空にこだまする。
ウクレレとDJの歌謡漫才で知られるきつねのイントロクイズは、サザエさんに見せかけてのfeat.JAY-Zなど、音楽性の高さとクイズとしての難易度で笑いと驚きをハイブリッドしたものだった。
秋田初上陸となった阿部真央のステージはとにかくエネルギッシュ。高橋優と「ロンリー」でコラボが実現した。女の子の切ない恋心を歌い上げる高橋優が新鮮だった。
ひとり女性シンガーフェスの様相で、松任谷由実椎名林檎などを歌い上げた荒牧陽子の脇を固めたのは地元の高校生二人。堂々としたパフォーマンスを披露してくれた。
スカパラが現れるや会場は一気にヒートアップ。フェスの楽しさや熱狂が増幅して伝わっていく。まさに「Paradise Has No Border」だ。
「秋田が生んだミスター・ソウル・ダイナマイト!」というGAMOの呼び込みで高橋優がステージに。スカパラと同じスカイブルーのスーツでキメて「太陽と心臓」を歌い上げた。
続いて、大切な仲間との関係を思って書いたという「メモリーバンド」を高橋のボーカルでセッション。家族でも友人でもない特別な絆で結ばれた仲間、それはこの場所に集まった出演者とオーディエンスにも言えるだろう。
450発の花火が上がる中、大団円
▲PHOTO:新保勇樹
ダース・ベイダーのテーマで登場したのは和田アキ子、のモノマネのMr.シャチホコ。アッコさんの振りでなんとスカパラの「リボン feat.桜井和寿Mr.Children)」を歌まねでフルコーラス披露し、その途中でスカパラメンバーとMr.シャチホコの奥さんで前日に出演していたみはるがステージに乱入するというサプライズが。これにはさすがにMr.シャチホコもびっくり。
ピアノのイントロから一転、疾走感のあるロックへなだれ込む「STARTING OVER」から「虹」へ。高橋優の最終日のライブが始まった。
MCを挟んで「アイアンハート」「産まれた理由」でグッドメロディを響かせ、「象」から「泣ぐ子はいねが」までの流れでスパートをかける。
「4年間やってきて思うのは、このフェスっていうのが明日からの日々のために存在するものであってほしいって願いがあるんです。日々の中で今自分はどこにいるんだろうって思う時があったりするかもしれない。でも秋田キャラバンフェスはずっと続くから。何があっても。皆さんの人生の中で、少なくとも秋田キャラバンフェスがある人生だったって思ってもらえるようにするから」。力強いメッセージとともに「プライド」が響いた。
オールラインナップによる「福笑い」の後、ここ大曲でしかあり得ないプレゼントが。薄闇に450発の花火が上がった。
MCでは12月から全国ツアー『高橋 優 LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」』を開催することも発表。28箇所33公演に及ぶツアーの開催をぜひ楽しみにしつつ、来年2020年デビュー10周年を迎える高橋優に引き続き注目して欲しい。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着